ゆうらり Happy Smile
弁護士からやっと連絡が…ボクの寿命と裁判の終わりはほぼ同時期?!

弁護士からやっと連絡が…ボクの寿命と裁判の終わりはほぼ同時期?!

胃がん闘病記-日記
2019/04/29 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #転移性肝がん #弁護士からの連絡 #満身創痍 #がん終末期 #裁判官和解案 #損害賠償請求訴訟 #胃がん再発ブログ #がん余命宣告
胃がんの再発で転移性肝がんの告知を受けてから6ヶ月が過ぎ去り、もう4月。春の桜が咲いた風景のイメージ画像

胃がんブログの管理人Mです。

本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命1年以内との宣告を受け、無治療のまま迎えた6ヶ月と5日目です。

昨夜、懸案となっていた弁護士さんから電話があり、裁判についての報告がありました。

スポンサードリンク

がんの進行で満身創痍のボクに弁護士「早く病院に…」

電話に出るとまず、弁護士さんは何回鳴らしてもすぐに出なかったボクの体調を心配された。

それは致し方ないことです。基本的に、普段はもう満身創痍で体がほとんど言うことをきかなくなっていて、ずっと寝たきり状態なのですから…

ボクがこのように伝えると、弁護士さんは「早く病院に…」と言いかけたものの、途中で止めました。ボクが少し前に説明したことで、今はまず何が先決なのかを理解しているようでした。

ボクの寿命と裁判の終わりはほぼ同時期か

4月25日の裁判は、ちゃんと出廷したとのこと。そして、今回の準備手続きで被告側はとうとう何も文書を提出して来なくなったことや、裁判官から和解の話しが出て、それについて被告側が何も異議を述べなかったことについても報告がありました。

和解か…。次回の裁判準備手続きは6月上旬。無事に進めば早くてあと2、3回で裁判が終わるのかなぁ。

しかし、今の状態を続けると、ボクの寿命は裁判の終わりとちょうど同じ時期になるのかも知れません(汗)

ちょっと体調が悪いので、今回はこの辺で…

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
胃がん闘病記-日記