ゆうらり Happy Smile
天皇陛下が退位、30年間の平成時代に幕「国民に心から感謝」

天皇陛下が退位、30年間の平成時代に幕「国民に心から感謝」

今日のエッセイ
2019/04/30
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#天皇陛下 #天皇 #今上天皇 #明仁天皇 #天皇陛下退位 #天皇陛下生前退位 #退位礼正殿の儀 #天皇陛下お言葉 #平成の終わり #天皇最後のお言葉
天皇陛下からわたしたちへのおことば

本日で平成の時代が終わりということですので、このブログにおける平成最後の記事は、天皇陛下(今上天皇 明仁さま)のことをつづって締めくくりたいと思います。

天皇陛下の生前退位にともなう「退位礼正殿の儀」が30日の夕刻、皇居・宮殿『松の間』において執り行われました。

ちなみに、「退位礼正殿の儀」とは、天皇陛下の退位を国民に広く知らせるために、天皇の国事行為として憲法が定めるもの。江戸時代後期の光格天皇以来、202年振りとなる退位にともなう憲政史上初の儀式となりました。

「退位礼正殿の儀」には、皇后さまや皇太子ご夫妻をはじめとする成年皇族15人全員のほか、閣僚、最高裁長官ら、294人が参列しました。

30年間にわたり「国民の象徴」として我々とともに歩んでこられた天皇陛下は、在位中としての最後のお言葉を述べられました。

国民の象徴としてのあるべき姿を追求し続けた天皇陛下はこの日限りで天皇の座を退位し、30年余りの「平成」が幕を閉じます。

そして、5月1日からは59歳の皇太子さまが新天皇に即位され、「令和」に改元。新時代の幕開けです。

スポンサードリンク

天皇陛下「最後のお言葉」全文

「退位礼正殿の儀」で、天皇陛下が述べられたお言葉の全文は次の通りです。

「今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここにわが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

平成のおわりに

天皇陛下による「最後のお言葉」でとても感慨深かったのが、新しい令和の時代に触れられたことでした。

これまでは、天皇が崩御されたあとに新しい元号が決まるわけですから、通常ですと陛下が新元号をお知りになることは不可能なわけです。

ボクは、体が元気な頃には、天皇陛下のお顔を拝見したくて毎年のように新年の一般参賀へ足を運んだものです。ずっと皇居の中に居られましたので、朝から午後まで何度も天皇陛下の新年のご挨拶を拝聴しました。

とりあえず、平成の時代はボクにとって試練の連続でしたが、何とか生きて見届けることが出来ました。

このブログにおける、平成の時代に書いたこれまでの記事数は、これが9,391記事目となりました。

明日からはじまる、新しい令和の時代。ボクは果たしてどのくらい歩むことが出来るのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ