唖然。まさかの再検査へ?!主治医「肝臓にがんの転移が見られるよ」

M

2019-05-04
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告
0 COMMENTS

前回の続き。診察室前の待合席でずいぶん長く待ちましたが、やっと順番がやってきました。胃がん術後6年半の定期検査で、いよいよ「運命の検査結果」です。

胃がん術後6年半目の定期検診で主治医の診察を待合席で時間待ちしている画像

ちなみに、診察待ちの時間は毎回のごとく長く待たされます。それは、血液検査の結果が出るのに約1時間半ほど必要だからです。

「運命の」と書いてますが、今回の検査については完全に油断していたのは事実です。しかし、不安がまったくないかといえばそうでもない。

胃がんの術後からずいぶんと長きにわたり定期検診を続けてきましたが、検査結果を聞くための待ち時間というのは毎回毎回、本当にイヤなものです。何か泥棒に入られる時のような、何とも言えない気持ちになるものです。

スポンサードリンク

診察の途中で主治医のセリフ「肝臓にがんの転移が見られるよ」に唖然!

扉をノックして診察室に入ったボクは、軽く挨拶を交わしたあとに持参した差し入れを手渡します。主治医からお礼を言われながら席へ着くと、間髪を入れずに主治医との会話がはじまりました。

そして、診察の途中で主治医がPCのエコー画像を開き、内容を確認したあとにいきなりこう言いました。

肝臓にがんの転移が見られるよ。もともと肝臓の数値は悪かったんだけどね。もっと詳しく検査をして確かめる必要があるよ。

胃がんの術後6年半にして聞き慣れない言葉を初めて耳にしたボクは唖然とし、言葉に詰まりました。

どうやら、間違いとか、がん以外の可能性はないらしい…。

絶体絶命のピンチ、手術不能でもうボクは助からないのか?!

絶体絶命のピンチです。

まるで、いつも誰かに語り慣れてるかの様子で主治医の話しは続きます。

肝臓ガンが確定したら、抗がん剤治療を始めなきゃあかんから話し合わないとなぁ。

「がんの再発」というと、ボクの中では『手術不能』というイメージしかない。抗がん剤ということはもう手術が出来ないということか…。

さらに「抗がん剤」と聞いたとき、以前に腫瘍内科の医師から言われたセリフを思い出しました。

次に会うときは死ぬときだと思って下さい。

▼関連記事

「ハッピーターン」胃がん全摘手術に臨んだ時の記憶[今日のエッセイ]

つづく目覚めの体調不良胃がんの全摘手術後5年7ヶ月9日目。朝の体重47.6Kg。前日に引き続き、ひどい体調不良。また、食事をできる気がまったくしなかった。一体ここ最近、どうしてしまったのだろう…。風呂に入り、ひたすら体を温めて改善に努めました。主食の量を控えることに/昼ごはん昼ごはんは主食量をいつもより減らすことに。炊き込みご飯をおにぎりにしてみた。きゅうりの漬け物、もやしの和スープと一緒に。糖質制限食には...

【がん再発の精密検査】約2週間後に再検査へ

主治医はエコー検査の画像をボクに見せたうえで説明を続けました。

ほら。肝臓のいたる所に白い影が見えるやろ。これはさすがに転移の疑いが高いから、さらに精密検査をやろう。まずは、造影剤のCT検査を予約いれるから。抗がん剤は胃ガンの時以来やってないやろ。CT画像を見ながらじっくりと話し合う必要があるな。

がん再発の精密検査スケジュールの予約票

もう1度、造影剤のCTで再検査ということになりました。再検査の予約は10月19日に入りました。病院側のスケジュールでこれが最短とのことです。

しかし、それまでの間は一体、どのような心持ちで過ごせば良いのだろうか?と、いたたまれない気持ちになりました。

頭が真っ白なままビタミン剤の筋肉注射を

胃がんの術後から半年ごとにおこなうビタミン剤の筋肉注射をしたあとの肩の写真

頭が真っ白なまま、最後の予定を。筋肉注射によるビタミンの補給です。いつもならかなり身構えてしまうところですが、「もう自分は終わりなんだからどうでもイイや」と思いながら臨んだように記憶しています。

血液検査の結果

▼こちらが今回おこなった血液検査の結果になります。

PDFファイルを閲覧

▼関連記事

がんの可能性に注意!血液検査の項目・数値まとめ

こんにちは。胃がんブログの管理人Mです。血液検査のことを書いたので、そろそろ次の話し「術後定期検査」に進めようかと思いました。しかし、検査のことを書くにあたり、せっかくなので、血液検査の注意すべき項目や数値についてまとめておこうかと。自分で調べるのが億劫だったり、医師に尋ねるのが面倒な方はぜひ参考にしてみて下さい。...

胃がん術後初の【鉄剤の処方】

主治医から、貧血がひどいはずだと言われました。たしかに、ここ最近は急に目まいがひどくなり出したことを闘病日記のほうにつづってきました。

主治医は血液検査の数値を見るなり、ボクにこう説明しました。

鉄がだいぶ減ってしまってるね。これは鉄剤を処方せなあかんレベルだから多めに出しておくな。

突然はじまったこれまでの目まいは、低血糖のせいだけじゃなかったんですね…。

貧血を指摘されたのはたしか、これが人生で2回目。最初は、胃がん発覚前にクリニックで血液検査を受けたときでした。

胃がんの術後はじめて処方された鉄剤の写真

胃がんの術後はじめて鉄剤を処方されました。

おわりに

前回の胃がん闘病日記でも触れましたが、なかなかどうして、この時のことを書くのがとてもつらい…。

▼関連記事

死ぬのがわかっていると癌を振り返るのがつらい…

胃がんブロガーのMです。最近、予告通りに書きはじめた「胃がん再発」のこと。これまでは、こちらの胃がん闘病日記のほうにリアルタイムで書いてきましたが、新しく項目(カテゴリ)を設けて書くとなると、当時はどうしてもそれが出来ませんでした。今度こそは、と思い、頑張ってはいるですが、どうしてもなかなか進みません(汗)その原因について自分なりに考えていたのですが、今になってやっと気付きました。きっと、気が進ま...

また、人間はイヤなことを忘れる習性があるためか、それとも自分自身が体調不良でもうろくしているためかはわかりませんが、何だか記憶のほうも曖昧になりつつあります。

ですから、この当時にリアルタイムで書いた闘病日記のほうもあわせ読みしていただけると幸いです。

▼関連記事

【胃ガン 肝臓転移】 再発を指摘されるまでの経過、定期検診 術後6年半

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。やっと、定期検診を受けたかかりつけの大学病院から帰宅しました。今日は(も?)朝から不運の連続で、まるで最初に胃がん宣告を受けた当時の心境に逆戻りしてしまいました。胃ガンの術後6年半も経過してから、まさかの肝臓がん転移。前回の記事で、告知を受けるまでの経緯をすっ飛ばしてしまったので…。一応、病院に到着してからのことを備忘録のつもりで書き記しておこうと思います。...

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
#胃がんブログ#胃がん闘病記録#闘病History#再発がん精密検査#がん術後定期検査#肝臓がん宣告#再発がん手術不能#転移性肝がん#胃がん再発ブログ#再発がん宣告

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする

未分類 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5777)
胃がんブログ (244)
よりぬき 胃がんブログ (16)
胃がん闘病記・日記 (5468)
胃がん手術後の食事記録 (6)
胃切除後の料理など (33)
がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (82)
ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (24)
がん のこと(ガン情報全般) (413)
がんブログ (229)
がんニュース (184)
胃がん 障害年金ブログ (71)
障害年金 - 準備編 (23)
障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (125)
Amazonセール (2)
📱kindleセール (122)
今日のエッセイ (52)
ニュース・芸能・話題 (594)
恋愛・人間関係 (20)
終活ブログ (10)
グルメ (43)
胃切除後の食事・レシピ (668)
ご飯・おかゆ・和食 (174)
おかず (138)
味噌汁・スープ (73)
カレー関係 (66)
パン・洋食 (63)
麺類 (113)
その他、簡単レシピなど (38)
ブログ (192)
FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (170)
趣味や将棋のこと (21)
ファッション (1)
司法書士 (26)
仕事・実務や登記のこと (1)
事件ファイル (25)
COLLECTION (28)
家電 (13)
ホーム&キッチン (4)
ビューティー&ケア (4)
QOLの改善&ヘルスケア (2)
お酒 (5)