国立がんセンターで医師に3つの質問【胃切除後症候群】について

M

2019-05-06
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告
0 COMMENTS

2018年10月3日に、大学病院で肝臓へのがん再発が発覚した2日後のこと。今度は、築地の国立がんセンターでの診察です。

行き先は、総合内科のなかにある糖尿病科。用件は、胃がんで胃を全摘してから悩まされている後遺症(胃切除後症候群)のうち、血糖値(ダンピング症候群、血糖値スパイク、低血糖など)を診察してもらうためです。経緯については前々回の記事をご参照ください。

▼関連記事

国立がんセンター中央病院の内科診察~再発がん発覚から2日後

胃がんブロガーのMです。前回は、6年半目の術後定期検診のことを書きました。主治医からまさかの「がん再発」を告知され、エコー超音波検査に油断していたボクは唖然としてしまったのです。さらに精密検査を、ということになり、造影剤を使うCT検査は10月19日に決まりました。それまでの16日間を一体、どのような心境で過ごせば良いのか…。いくら悩んでも、答えは見つかりませんでした。失意のなか、実はもうひとつこなさなければ...

がんの再発を知ったばかりということもあり、失意のどん底といった心境の只中におりました。胃がんの後遺症を心配している場合ではないはずですが、半年前に予約を入れた以上はスケジュールをこなさなければなりません。

また、がんの再発に関して内科医に質問してみたいこともあったので、がんセンターへ予定通りに足を運ぶこととしたのです。

今回は、内科医に診察を受けた内容のうち、胃切除後症候群(血糖値関係)の話しに絞って記事を書こうと思います。

スポンサードリンク

【医師に相談①】胃全摘後の「脱毛」は血糖値スパイクが原因?

2018年10月5日 国立がんセンター中央病院の診察スケジュール票

まず1つ目。がんセンターの内科医に相談したのは「脱毛」のことでした。最近はとくに抜け毛がひどく、ネットで調べてみたところ、どうやら血糖値スパイク(ダンピング症状)と関係がありそうです。

ボクの質問に対し、医師の回答は次のようなものでした。

①インターネットでそのように書く人がたまにいるが、まったく根拠のない話し。

【理由】もしこれが事実なら、胃全摘患者のすべてが脱毛することになってしまう。

② 脱毛は他の原因が考えられる。

→「胃の全摘」により、栄養が十分に吸収できていない可能性もあり得る。

結局、ネットに書かれた情報というものには信憑性がなく、脱毛と血糖値は関連性がないとのことでした。そうすると、原因はやっぱり胃の全摘にともなう栄養失調ということになるのでしょうか。ビタミンも欠乏するわけですし…。

▼関連記事

【医師に相談】胃全摘後の脱毛、原因は血糖値スパイク(ダンピング)?

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。前回の続きを。今回の記事からは、ボクが胃がん術後の後遺症でお世話になっているがんセンターの内科医(糖尿・血糖値の関係)に、用意して来た質問のことで相談した内容をつづっていきます。同じような胃切除後症候群で、血糖値スパイクや低血糖にお悩みの方の少しでもお役に立てれば幸いです。▼前回の記事胃全摘後遺症(血糖値)のため築地のがんセンターへ?!こんにちは。胃癌ブログの管理...

【医師に相談②】ひどい低血糖の原因は血糖値を抑える薬の効き目が強過ぎるため?

2つ目は、ボクが食後の血糖値上昇を止めるために服用する「セイブル薬」について。ひどい低血糖が起こるのは、薬の効き目が強過ぎるためではないのか?と医師に質問してみました。

すると、医師の回答は次のようになりました。

①セイブル薬の効能自体に血糖値を下げる作用はない。

②ひどい低血糖が起こる理由は、胃がんで胃を全摘したことによる影響や、栄養の吸収面での問題もある。

よって、少ない食事をするだけのために服用した場合でも、薬が効き過ぎるという心配は不要とのこと。

▼関連記事

【医師に相談】低血糖の原因、セイブル薬で血糖値を抑えているから?

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。前回の質問の続きを(長文になるため、記事を分けて書いてます)。▼前回の記事【医師に相談】胃全摘後の脱毛、原因は血糖値スパイク(ダンピング)?こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。前回の続きを。▼前回の記事がんセンターへの到着が少し遅れてしまった。付き添いのいる他の患者さんはもの凄く早く来ているので、たった数分の遅刻でも順番が入れ替わることに。その結果、待ち時間の方も...

【医師に相談③】では実際にひどい低血糖が起きた時はどう対処すれば良いのか?

3つ目は、2つ目との関連になりますが、実際に低血糖でつらい時はどうすれば良いのか?具体的な対処法を医師に質問してみました。

ちなみに、低血糖が起きたときの症状を羅列するとこんな感じになります。

  • 血の気が引いていく感覚が襲って来て頭が上がらなくなる
  • 頭が苦しい、力が入らなくなる
  • 目前の景色がかすんで見える
  • 今やっていることの状況が認識できなくなる
  • ボトッ、ボトッと冷や汗が落ち始める
  • 全身が汗でビショ濡れになる
  • 動機が激しくなる
  • 時間の経過と共に意識が遠のく(爆睡)

これに対する医師の回答は以下の通り。

①人間の血糖値は70以下に下がらないように作られているため、ボクのように20~30まで下がるのは、命に関わるほど危険な状態にある。

②通常だと、この状況ではすでに動けなくなっているはずなので、1人の力ではどうすることも出来ない。よって、何かのときのため、身内や職場の人にちゃんと伝えておく必要がある。

結論としては、ひどい低血糖を患うと1人の力ではどうすることも出来ないとのこと。だからといって、ボクのように誰からも助けを得られない場合はどうすれば良いのでしょうね…。

▼関連記事

【医師に相談】胃全摘後、低血糖でツライ時はどうすれば良いのか?

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。体調が悪くて、ちょっと横になったらくたばっていました。前々回、前回の続きを。▼前回の記事【医師に相談】低血糖の原因、セイブル薬で血糖値を抑えているから?こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。前回の質問の続きを(長文になるため、記事を分けて書いてます)。▼前回の記事今日は半年振りで、がんセンターでの診察日。胃ガン手術後に起こる後遺症(胃切除後症候群)の中で、ボクが...

おわりに/胃がんは早期発見が大切

結局、がんセンターの内科医に相談した結果はすべて胃がんで胃を全摘した物理的なことが原因らしいです。

人により胃切除後症候群の症状もさまざまで、軽い症状の患者さんもいれば、ボクのように重篤な患者も存在するわけです。

胃がんで胃を全摘することが、その後の生活を送るうえでQOL(生活の質)の低下を招き、いかにリスクをともなうのかを改めて痛感した次第です。

ですから、やっぱり胃がんは早期発見が大切です。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
#胃がんブログ#胃がん闘病記録#がんセンター総合内科#胃がん術後低血糖#胃がん術後後遺症#血糖値スパイク#胃切除後症候群#転移性肝がん#胃がん再発ブログ#国立がん研究センター中央病院

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする

未分類 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5777)
胃がんブログ (244)
よりぬき 胃がんブログ (16)
胃がん闘病記・日記 (5468)
胃がん手術後の食事記録 (6)
胃切除後の料理など (33)
がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (81)
ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (23)
がん のこと(ガン情報全般) (413)
がんブログ (229)
がんニュース (184)
胃がん 障害年金ブログ (71)
障害年金 - 準備編 (23)
障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (125)
Amazonセール (2)
📱kindleセール (122)
今日のエッセイ (52)
ニュース・芸能・話題 (594)
恋愛・人間関係 (20)
終活ブログ (10)
グルメ (43)
胃切除後の食事・レシピ (668)
ご飯・おかゆ・和食 (174)
おかず (138)
味噌汁・スープ (73)
カレー関係 (66)
パン・洋食 (63)
麺類 (113)
その他、簡単レシピなど (38)
ブログ (192)
FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (170)
趣味や将棋のこと (21)
ファッション (1)
司法書士 (26)
仕事・実務や登記のこと (1)
事件ファイル (25)
COLLECTION (28)
家電 (13)
ホーム&キッチン (4)
ビューティー&ケア (4)
QOLの改善&ヘルスケア (2)
お酒 (5)