胃がん手術後に発覚した「リンパ節転移」をいろいろと考察してみた

M

2019-05-13
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告
0 COMMENTS

2018年1月24日、主治医に「診断書」の作成をお願いするために足を運んだかかりつけの大学病院

前回の続きを。障害年金の関係で、胃がんの病状や転移の状況、術後の後遺症などについての説明書きをボクの主治医にお願いしたことがありました。実際に、「診断書」という形で作って頂いたのが、2018年1月24日のことでした。

ちなみに、なぜ「診断書」という題名になったのかといいますと、主治医の配慮によるものです。実質的には「意見書」にあたるわけですが、そのような題名で文章を作成すると作成料がバカ高くなるのだそう(汗)で、1番安い「診断書」という名目で文書を作ってくれました。ボクにとってはいつも優しい先生でした。

しかし、その内容を見ますと、次のような記述があり、ボクはとても驚いたのです。

「手術後の病理検査では、化学療法が著効を示しているが、リンパ節転移は1/67にみられた」

▼「診断書」をPDFで閲覧できます

PDFファイルを閲覧

この時はただ驚いただけで、「リンパ節転移したがんのうち、抗がん剤で66個は消失したけど、自分の体の中には未だに1個だけ転移した癌が残ってしまっているのか…。」と、一応のショックは受けたのだけれど、その後はとくに今後の動向について主治医に詳しく確かめることもせずにきてしまったのです。今となってはすっかり忘れていたほどです(汗)

当時はなぜそんな感じだったのか?それは、ボクが術後5年を経過してもずっと3ヶ月おきの定期検査を続けていたからかもしれません。主治医は、いつになっても検査の「3ヶ月おき」というスパンから解放してくれませんでした。

このときに「転移」ということを知ったボクは、「嗚呼…。だから3ヶ月おきに細かくがんの動向をチェックしているのだな…」と、変なところで納得。きっと、主治医を完全に頼りきっていたボクは、そのことで勝手に自己完結してしまったようです。

また、とくに改めて「宣告」ということがなかったのも、スルーをしてしまったことに関係しているのかもしれません。

そして、胃がんの再発として肝臓にがんの転移を告知されたのが10月24日。ちょうど9ヶ月後のことでした。

このブログを書いていくにあたり、「診断書」について疑問点などをいろいろと自分なりに考察してみました。今回は、その所感をつづっていきたいと思います。

▼2018年1月24日に書いた「診断書」のブログ記事

新たな 胃がん の 診断書 に「再発」の記載が - 今日のエッセイ

 目次 1.胃がん術後の経過観察、検査日2.検査中の珍事3.主治医の診察4.親切な主治医の取り計らいにジーンとくる5.新たな診断書にがんの「再発」の記載が!?胃がん術後の経過観察、検査日胃がんの術後5年9ヶ月19日目。今日は、術後経過観察における3ヶ月おきの検査日です。一昨日の大雪で、どうなることかと心配でしたが、今朝は無事に晴れて良かったです。凍結路で何度か転びそうになりつつも、大学病院に到着です。検査中の珍...

スポンサードリンク

【疑問点①】胃がんの手術で切除し切れずに残った癌が「リンパ節転移」という形で発覚したのはいつなのか?

まず気になったのは、術後の病理検査(たぶん定期検査のことだと思う)で胃がんのリンパ節転移がみられたということ。一体、いつの検査で発覚したのでしょうか?

これについては何となく思い当たるフシがあるような…。

それは、術後3年3か月目あたりの定期検診で突然、再検査を言い渡されたこと。胃がんの術後初となる上部消化管の内視鏡検査に加え、人生初の全大腸内視鏡検査をおこなうことになったのです。

なぜ再検査をするのか?詳しい理由を教えてもらうことは出来ませんでしたが、主治医の顔色が何となく動揺しているような、曇っているような印象を受けた記憶があります。

▼関連記事

胃がん 再検査に

期待が外れて…初めて引っ掛かってしまいました( ̄O ̄;)何と、急ぎで大腸がんと食道がんの再検査これから仕事が忙しくなるため、来月上旬に延ばしてもらいましたが(・_・;何だか急に気が滅入ってしまいました(*_*)再検査用の薬と食べ物を受け取ったので、とりあえず会社に向かいます(*_*)大丈夫か…オレ(・_・;love....

胃がん 取ったのはがんだったの!?

高速をぶっ飛ばし、何とかがんセンターに到着したものの、随分と遅れてしまった(・_・;順番で何時間も待つのだろうな~(−_−#)と、覚悟の上で待合室の椅子に座りかけたら、何故か名前を呼ばれ( ̄O ̄;)まだ心の準備が出来てないので、逆に慌ててしまいました( ̄O ̄;)結果は…。「今回、上手く切り取れて良かったね。君の場合、胃に同じ感じで出来た時、検査せずに放置してたから進行して取り返しがつかなくなったんだよ。良かった良か...

大腸の内視鏡検査で腫瘍が見つかり、その場で切除されました。主治医はこれについて「良かった良かった」と何度も繰り返したのがとても印象的でした。

少なくとも、術後3年3ヶ月の段階ではリンパ節への転移が見つかっていたんだと思います。そして、その後も3ヶ月おきの定期検診がずっと続きました。

そして、術後5年を間近に控えた定期検診では、この検査スケジュールを術後10年目まで続けると言われました。

胃がん 5年が10年に

朝から色々とバタバタした1日でしたが、今日も何とか遅くまで頑張りました。そうすれば、今朝のニュースで、すべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が発表されましたね。その関連なのかは分かりませんが、今日の診察で「術後5年目までは今のペースで検査をしていく予定だったけど、君の場合は10年目まで継続する様にしていくから」とDr.に言われましたまあ、有難いといえば有難いのですが、気が遠くなる様な道のりへこた...

通常であれば、がんは5年で完治ということですから不思議に思ったわけですが、今から考えれば当然のことでした。なぜなら、ボクの体には癌が残っていたのですから…。

【疑問点②】なぜ主治医は「術後のがん転移」のことをボクに話さなかったのか?

しかし、なぜ主治医はこれまでの間、ボクに術後のがん転移のことを話してくれなかったのでしょうか?!

実は、これについても思い当たるフシがあるのです。

胃がん術後の定期健診は、ずっと親族の「付き添い」が条件になっていました。ところが、術後7ヶ月目あたりから、付き添いに際して身内が見返りとして金員を要求するようになり、それをキッカケに付き添いを拒否するようになりました。

▼関連記事

胃全摘後7ヶ月目の食事 - がんセンター付き添いで身内の兄が発狂

こんにちは。胃癌ブログ管理人Mです。12月9日(日)はボクが胃の全摘手術をしてから2440日目。6年8ヶ月4日目になります。体調がかなり深刻で昨日はブログ更新が出来ませんでした。申し訳ありません。今回は「胃がん手術後の食事記録」として、胃全摘後7ヶ月目の食事をつづります。前回に引き続き、まだこの当時はブログを始めておらず、当時記録した手帳を参考にしています。手帳の記載を拾いながら1ヶ月まとめの記事を書くのは今...

その後の定期検診についてはやむを得ず、自分が雇用している従業員にお願いしてずっと付き添いをしてもらったのです。

しかし、術後3年目あたりからだったでしょうか?詳しい時期は覚えてないのですが、主治医からよく「お兄さんは連れて来れないの?」と聞かれるようになります。

ボクは、主治医に聞かれるたびに、身内が見返りを求めるようになった事情を説明したうえで、やむを得ず第三者に付き添ってもらっていると話しました。

これらの経緯を考えると、「術後のがん転移」のことをなぜ主治医がボクに話さなかったのか?その理由がわかるような気がします。

まず、ボクがちゃんと主治医に説明を求めなかったのが1番悪いですよね(汗)お医者さんだって忙しいのですから、ちゃんとしたことを質問しなければ答えが返って来ないのは当たり前です。

次に、主治医が「お兄さんは連れて来れないの?」といつも聞いてきたことも重要だったのかもしれません。なぜなら、過去に直接、胃がんの宣告を受けたことで、ボクにはどんな話しでも本人に直接教えてくれるものだ、という過信があったのです。

今考えてみると、本人に胃がん宣告をしたのは当然のことです。これから治すための治療をしていこうというのですから…。

ところが、術後の「がん転移」という話しになると、事情が異なってくるのだと思います。体に癌が残っていて、それがいつ広がっていくかわからないから覚悟しろなどと本人に向かって直接言えるわけがないんです(汗)

きっと、このようなシリアスな問題は、身内や家族に話すべきなのでしょう。そう考えると、身内が早い段階から見返りを求めるようなことをしなければ、ボクのがんは早めに知らされていたのかもしれません。

【疑問点③】肝臓に見つかった癌をなぜ「転移性肝がん」として「転移」であることを即答できたのか?

肝臓に見つかったがんに関して、主治医は「胃がんの転移によるもの」だと即答しました。

上に書いた経緯を考えれば当たり前のことです。しかし、ボクは思ったのです。「無から有は生まれないはず。胃を全摘したのに、なぜ胃がんの転移なのだろう?」と。これについては完全にあの「診断書」のことを忘れてしまっているわけなんですね(^_^;)

そもそも、ボクは術後の早い段階から肝機能に異常が見られました。

▼関連記事

胃がん 再発の心配を。。。

今日もたくさん患者がいる関係上随分待たされたが、やっと名前が呼ばれた診察室に入り、いつも通りドンペリの差し入れをDr.に渡すとたいそう喜んで頂いたあんまり嬉しそうにされると、つられてこちらも嬉しくなるこのまま検査結果も笑いながら聞いて終わるかと思いきや…「肝機能障害が治療が必要な位に更に悪化してるよ。」ギクッ今、仕事で起こっている状況などを詳しく説明したら、無理するといつ倒れるか危ないのでストレスや疲...

主治医はずっと、体に残っているがんの動きを観察しながら肝機能の数値をチェックしていたわけですから、肝臓に見つかった癌が胃がんの転移・再発によるものだと即答できるのもおのずと納得できるのです。

おわりに

これまでにこのブログで書いてきたことをもっといろいろと調べれば、何か新たな発見があるかもわかりません。

しかし、ブログの記事数のほうも今回の記事で9,458回目の更新となります。実は自分自身、あまりに膨大な記事の量を目の前にして、うまく検索できてない、というのが本当のところです(汗)

すべてのことをちゃんと覚えていられると良いのですが、いろんなことがあり過ぎまして…

もしも読者さんのなかで検索上手な方がいらっしゃいましたら、ブログに設置してある「検索フォーム」で、何か調べてわかったら教えていただけると助かるのですが…

あなたにおすすめ
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
シェア!

 シェア
#胃がんブログ#胃がん闘病記録#再発がんの告知#医師の意見書#がんの診断書#胃がんリンパ節転移#がんリンパ節転移#転移性肝がん#胃がん再発ブログ#胃がん手術後の転移
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする

未分類 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5777)
胃がんブログ (244)
よりぬき 胃がんブログ (16)
胃がん闘病記・日記 (5468)
胃がん手術後の食事記録 (6)
胃切除後の料理など (33)
がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (81)
ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (23)
がん のこと(ガン情報全般) (413)
がんブログ (229)
がんニュース (184)
胃がん 障害年金ブログ (71)
障害年金 - 準備編 (23)
障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (125)
Amazonセール (2)
📱kindleセール (122)
今日のエッセイ (52)
ニュース・芸能・話題 (594)
恋愛・人間関係 (20)
終活ブログ (10)
グルメ (43)
胃切除後の食事・レシピ (668)
ご飯・おかゆ・和食 (174)
おかず (138)
味噌汁・スープ (73)
カレー関係 (66)
パン・洋食 (63)
麺類 (113)
その他、簡単レシピなど (38)
ブログ (192)
FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (170)
趣味や将棋のこと (21)
ファッション (1)
司法書士 (26)
仕事・実務や登記のこと (1)
事件ファイル (25)
COLLECTION (28)
家電 (13)
ホーム&キッチン (4)
ビューティー&ケア (4)
QOLの改善&ヘルスケア (2)
お酒 (5)