ゆうらり Happy Smile
嗚呼、早くラクになりたい。前向きにせよ、後ろ向きにせよ…

嗚呼、早くラクになりたい。前向きにせよ、後ろ向きにせよ…

胃がん闘病記-日記
2019/05/15 0
M
M
#胃がんブログ #胃がん闘病日記 #転移性肝がん #胃がん再発ブログ #がん終末期ブログ #がん余命宣告 #がんの再発 #がんの進行 #がんの死因 #弁護士の業務懈怠

がんの再発に苦しんでいる人間にとって、1番辛いのは、「宙ぶらりん」な状態にあることだと思います。

こんにちは。胃がんブロガーのMです。

本日をもって、原発巣(胃がん)の転移・再発した「転移性肝がん」で余命1年以内との告知をされてから、無治療のまま6ヶ月と3週間を迎えることとなりました。

スポンサードリンク

冒頭につづった「宙ぶらりん」というのは、治すためのがん治療をおこなわず、悪戯に月日ばかりが過ぎ去っていく状況のことを指します。

こんなことが起こりうるのは、数ある病気のなかでも、「がん」という病ならではだと思います。がんは、心臓麻痺や脳梗塞などとは違い、放置したところですぐに即死する病ではないんです。

ヒタヒタと細胞を増殖させていき、体の中を蝕み続けるがん。神経の通ってないところで悪さをされると自覚症状もわからず、気付いたときにはすでに手遅れとなっています。

おまけに、死ぬときは、体力の衰弱によるものが多く、直接的な死因が「がん」とはならないことがミソ。本当に陰湿な病気だと思います。

とにかく今思うことは、前向きにせよ、そうでないにせよ、甲乙はっきりとした状況のなかに身を置きたい、というのが正直なところです。

昨日は、いよいよ恐れていたできごとが始まったことでショックが大きく、思わずふて寝してしまった…。

それなのに、結局、弁護士さんからは昨日も音沙汰がなく、状況はますます悪化するばかり。

自分は何のために生きているのだろう。嗚呼…早く何らかの形でラクになりたい。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
胃がん闘病記-日記