ゆうらり Happy Smile
【がんの進行】で加速する死へのステージ

【がんの進行】で加速する死へのステージ

胃がん闘病記-日記
2019/05/16 0
M
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #転移性肝がん #がん終末期ブログ #がん衰弱死 #胃がん再発ブログ #がん闘病ブログ #がんの進行 #余命宣告 #胃がん発覚前

「夢」のイメージ画像

胃がんブロガーのMです。昨日は意識が朦朧としてしまって、もう駄目なのかと思いました。「気が遠くなる」と表現すべきなのか。胃を全摘してから、同じような症状はこれまで何度も経験済みですが、今までとは少し様子が違うようです。

胃がんの手術後は、胃切除後症候群というものが集中力に影響をおよぼすようになりました。長い時間にわたって作業をしていると、突然「気が遠くなる」症状が襲ってくるのです。こうなると、今の自分が何をしてるのかさえ認識できなくなります。

ダンピング症状や、低血糖状態が原因の場合は、糖分を補給するようにしますが、これらとは症状が異なる場合も多々ありました。

「気が遠くなる」症状が起こった場合は、頭を一度リセットするのが唯一ともいえる改善策のようです。2、3時間ほど睡眠をとることで意識が戻りやすくなります。

しかし、現在のボクに襲ってくる症状は、これとはまた少し様子が異なるようです。糖分を補給しても、睡眠をとっても改善される気配がまったく感じられないのです。

全身の力が抜け、気が遠のいていくと、さすがに「死」というものを意識せざるを得ません。昨夜は、「もう駄目かもしれない」と観念しながら眠りにつきました。

スポンサードリンク

ひどい生汗と「胃がん発覚1年前」の悪夢

昨夜は、ここ最近ずっと続いている、首筋から背中、心臓にかけてのひどい生汗で苦しみながら寝込んでいました。

さらに、苦しさに我慢していたせいか、悪夢でうなされていたようです。

ちなみに、ボクが見る悪夢は、いつも数通りの内容と決まっていて、ランダムに繰り返し再現されます。

今回は、胃がん発覚のちょうど1年前が舞台でした。

ショッキングな出来事の象徴として悪夢にあらわれるCM曲

胃がん宣告を受ける約1年前に、ボクにとって人生のウイークポイントともいえる悲しい出来事が起こりました。

本当に、立ち直れないほどの精神的ショックで失意のなか、まもなくクリスマスが訪れようとしていました。その頃に、テレビでよく流れていたCMがあります。

Can't Wait 'Til Christmas - 宇多田ヒカル

このCMには、クリスマスをモチーフにした宇多田ヒカルさんの名曲が使われています。しかし、ボクのお気に入りでもあるこの曲が、CMとともに悪夢としてあらわれるのです。

おそらく、当時のショッキングな出来事とたまたま重なってしまったことが原因なのかもしれませんね…。

がんの進行とともに衰弱した体力、加速する死へのステージ

いつものことですが、目が覚めると、汗で全身がびしょ濡れになっていました。

そして、「気が遠くなる」症状のほうは元のままで、改善しませんでした。

深夜から朝方にかけ、ずっと苦しみました。もしかすると、がんの進行とともに衰弱した体力が悪影響をおよぼしているのかもしれません。

もしも、これが常態化するのなら、おそらくボクの死へのステージはさらに加速していることになるのでしょう。

がんの闘病ブログは病気になってから唯一続けてきたライフワーク

そんな中、やっとの思いで何とかこの記事を書きました。しかし、体調のほうはかなり追い込まれており、ブログを書くのもだんだん厳しくなってきています。

今は、ひとつの記事を書き上げるだけの集中力すら保てません。完成するまでの間に、2、3度ほど寝込んでしまいます。

もうそろそろ、ブログを書くのは無理かな?と思います。しかし、病気になってから唯一これまで続けてきたライフワークでもあります。

ですから、本当に駄目になって死んでしまうギリギリまで好きなことを書き続けたい、というのが本当のところです。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
胃がん闘病記-日記