/*! pace 1.0.0 */ comments trackbacks you may also like

【医師の話し】抗がん剤、癒着…患者の個人差で異なる胃がん手術の難しさとは⁈ - 僕の経験談より

2019年10月09日
胃がんブログ
-
#胃がんブログ #抗がん剤 #癒着 #がん細胞 #手術の既往 #胃がん再発ブログ #胃がん闘病記 #胃がん再発 #胃がん転移 #転移性肝がん

キミの手術は本当に大変だったよ

医師が僕に語った胃がん手術の難しさとは⁈


手術不能”の進行胃がんを罹患した僕に医師から診断された正式な病名は「多発性高度リンパ節転移胃癌」でした。

胃がんの標準治療がおこなえなかった僕は、たまたま同じ時期に開始された臨床試験に参加しました。

それから術前化学療法抗がん剤治療)を経た僕は運良く手術までこぎつけることができ、 2012年4月に国立がんセンター中央病院でおこなわれた根治手術では、幸いにも胃がんを切除することに成功したのです。

しかし、胃がんの手術後に医師から「手術の難しさ」について聞かされた話しは、今でも僕の脳裏に焼き付いています。

今回は、患者の“個人差”によって大きく異なるがん手術の難しさについて主治医から教えてもらった話しなど、経験談をご紹介します。

同じ癌でも患者には大きな個人差!難しさが異なる手術のリスク要因とは⁈

外科手術

医師の外科手術は、同じ病気でも患者によって手術の難易度が異なるそうです。もともと患者の立場からすれば「手術は難しいもの」という認識がありますが、外科医にとって手術が難しくなるリスク要因についてはどんなものがあるのか?について、手術の難しさは何で決まる?同じ病気でも大きな個人差という記事で興味深い内容がつづられています。

一度手術を受けたことがある方のおなかを開くと、前回の手術で触った部分を中心に、広く「癒着」を起こしています。「癒着」とは、腸管同士がべったり張り付いたり、内臓脂肪とおなかの壁がくっついたりした状態のことです。

 これが原因で、おなかを開けるだけでも一苦労、ということもあります。場合によっては、癒着を剥がすだけで1~2時間かかることもあります。

 また、癒着を剥がす過程で腸管に細かな傷が付いて壁が弱くなり、術後しばらくしてから穴が開いたりするリスク(せん孔)もあります。

 ある意味、皮膚の表面のけがにガーゼを貼ったままにしていると傷にガーゼがべったりくっついてしまい、剥がすと表面のかさぶたまで剥がれて痛い思いをする、という状況に似ています。手術後は、おなかの中が元どおりに治る過程で、こうした癒着はどうしても起こるのです。

手術の難度やリスクに影響を与える因子として、「肥満」とともに「手術の既往」が挙げられていました。

「手術の既往」というと、がんの場合はまず、再発した時の手術が思い浮かびます。この場合は、がん細胞がさまざまな場所に散らばっていることも多いため、手術も困難を極めるものとされますよね。他には、一度がんの切除手術をおこなったことで衰弱した患者の体力的な面も考えられるところです。

今回の記事には、さらに「癒着」という原因が取り上げられていて、とても興味深く感じました。

抗がん剤治療で癒着したがん細胞と胃がん手術の難しさ

「手術の既往」とは異なりますが、『癒着』との関連であることを思い出しました。

ボクは、2011年11月に胃がん宣告を受けましたが、がんと診断された時にはかなり進行している状態で、「多発性高度リンパ節転移胃がん」という、手術不能な段階に差し掛かっていたのです。

しかし、たまたま同じ病期にある胃がん患者が対象の臨床試験がおこなわれていて、それに参加することが出来たのはまさに幸運でした。

臨床試験では、術前化学療法として3つの抗がん剤ドセタキセルシスプラチンTS-1)を組み合わせる治療により、手術適応に近づける目的でがん細胞を小さくする試みがおこなわれました。

抗がん剤 ティーエスワン

その後、3クールの術前抗がん剤治療を経たあとに、主治医は手術を英断。2012年4月5日、「胃全摘脾摘リンパ節郭清手術」が施されたのです。

▼関連記事

【胃がん 根治手術】一瞬で終わった胃の全摘出と我が人生38年間

2012年4月5日は、胃がんになった私の「根治手術」がおこなわれた日です。前日の4日、東京・築地の「がんセンター」に入院。翌朝8時過ぎ、車椅子に腰掛けた私は、看護師さんに押されながら手術室へ向かいました。▼ 前回の記事胃がんの全摘手術直前、母親の言葉に心が乱れるこんにちは。胃がんブログの管理人Mです。今回からはいよいよ、胃がん根治手術の当日に話しを進めます。私にとっては人生最大の出来事である「胃の全摘」とい...

主治医から聞いた「抗がん剤治療で癒着したがん細胞と胃がん手術の難しさ」の話し

手術は奇跡的な大成功となりましたが、術後に主治医から言われたことが今でも印象に残っています。

キミの手術は本当に大変だったよ。
抗がん剤でコンクリートのように固まって癒着したがん細胞が何層にも連なっていてな。
それを一枚一枚丁寧に時間をかけて剥がしていく訳やけど、それにもの凄く時間がかかるんだよ。

医療ドラマなどを観ると、手術のシーンでは主人公の外科医による天才的ともいえる神技の演出ばかりが目立ちますが、実はコツコツと地道な作業が含まれているんですよね。だからといって、がん細胞を取り除くわけですから慎重に事を運ばなきゃならない。

ボクの手術は約10時間ほどかかったそうです。主治医の話しを聞いたボクは、いかに手術が大変だったかを知り、助けていただいたことへの感謝をいつまでも忘れません。


※この記事は2019年6月6日に投稿した内容をリライトのうえ再投稿したものです。

\チェック/

【ランキングに挑戦中】

いつも応援クリック↓
ありがとうございます

にほんブログ村

関連記事
M
この記事を書いた人: M
ブロガー/FC2公式おすすめブログ認定/企業家/投資家/Fashion研究家/不動産コンサルタント/会社経営/将棋六段/おうちごはん男子部/料理を悪戦苦闘修行中/ヘッドスパとスイーツをこよなく愛する46歳/人生なんて気持ち次第‼︎きっと何くるないさ〜(´ー`)
FC2ブログオフィシャルおすすめブログ認定バナー日本ブログ村 プロフィール

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (34)
┣  AVANT:癌の余命宣告~共存 (23)
┗  セントラルドグマ:父親の胃癌 (11)
胃がん-Stomach_cancer (5948)
┣  胃がんブログ (285)
┣  よりぬき胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記-日記 (5586)
┣  酒場放浪記 (10)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がんHistory-闘病記録 (85)
┣  ステージ3B-多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (27)
がんのこと-ガン情報全般-cancer (518)
┣  がんブログ (292)
┗  がんニュース (226)
胃がん障害年金ブログ (71)
┣  障害年金-準備編 (23)
┣  障害年金-審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金-審査請求-不服申立 (26)
┗  障害年金-再審査請求 (10)
Amazon (142)
┣  Amazonセール (2)
┗  Kindleセール (139)
おもしろグッズ (11)
今日のエッセイ (114)
ニュース-芸能-話題 (785)
┗  転職-キャリアアップ (21)
占い-心理テスト (6)
恋愛-人間関係 (30)
終活ブログ (12)
グルメ (105)
┣  低糖質レシピ (26)
┗  お酒の飲み方 (2)
胃切除後の食事レシピ (670)
┣  ご飯-おかゆ-和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁-スープ (74)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン-洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他-簡単レシピなど (39)
ブログ (244)
┣  FC2ブログ-便利ワザ-アイテム-HTML-SEO対策など (187)
┣  FC2ブログ日記-カスタマイズの所感など (10)
┣  GoogleAdsense-アドセンス (8)
┣  趣味や将棋のこと (31)
┗  ファッション (8)
iPhoneの使い方-アプリなど (32)
司法書士 (26)
┣  仕事-実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (28)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (5)
┣  ビューティー&ヘルスケア (5)
┣  QOL改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)