ゆうらり Happy Smile
麻酔医は本当に人を見ただけで体重を言い当てられるのか?

麻酔医は本当に人を見ただけで体重を言い当てられるのか?

今日のエッセイ
2019/06/09
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#麻酔医 #麻酔医と麻酔科医の使い分け #麻酔医は人を見ただけで体重がわかる #医龍4 #荒瀬麻酔医 #メディカル

麻酔医は人を見ただけで本当に体重を当てられるのか?

ボクは医療ドラマ医龍』が好きで、全シリーズを飽きるくらい何度も観ているのというのに、再放送される度につい「もう一度」となってしまいます。昨日も『医龍4-Team Medical Dragon-』の一挙放送に思わず見入ってしまう自分がいました。

医龍4-Team Medical Dragon-

『医龍』を観ていると、異色のキャラクターとして気になるのが「麻酔のスペシャリスト」と言われる荒瀬麻酔医のこと。

荒瀬は人を見ると瞬時に体重が分かるようです。相手を呼ぶ際に「よう、◯◯キロ!」と体重を名前代わりに使うセリフが有名ですよね。

しかし実際のところどうなんでしょうか?麻酔医は皆、人を見ただけで体重を当てることが出来るのでしょうか?それとも、ドラマの単なる演出に過ぎないのか?気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

「麻酔医」と「麻酔科医」使い分けの違い

ちなみに、「麻酔医」と「麻酔科医」では使い分けに違いがあるそうです。

麻酔医は、何科の医師であっても「麻酔を担当している医師」を指す。

一方で、麻酔科医は、麻酔を専門とする医師のこと。

そして、麻酔科医であれば特に優秀でなくても人を見ただけで体重がわかるみたいです。

体重のほか身長まで言い当てる麻酔科医は実際に存在した

麻酔科医は、緊急事態の時や、緊急手術などで体重を調べることが不可能な場合、患者の見た感じからある程度の推測をおこなうとのこと。

それでも、おおよそプラスマイナス2kg以内の誤差で体重を言い当てる麻酔科医が実際に存在しているようです。

さらに、体重を言い当てられる麻酔科医は、もうひとつの重要な要素とされる身長についてもプラスマイナス5cm以内の誤差で推測できるというのですから驚きました。

麻酔科医が体重を推測できるのは「経験の蓄積」によるものだった

気になるのは、麻酔科医がなぜ人を見たたけで体重を言い当てられるのか?ということ。何か特別なトレーニングでもおこなっているのでしょうか。

残念ながら、そのようなトレーニングは存在しないようです。

麻酔科医は特別なトレーニングをしなくても、たくさんの患者を観察していくなかで自然と経験的に推測できるようになるのだといいます。

麻酔科医として必須の技術というわけではなかったんですね。

まとめ

「人を見ただけで体重を推測する」という能力は、麻酔科医に固有の技術というわけでなく、経験則によるものだとわかりました。しかし、緊急事態の時には特に麻酔科医に要求される能力なのかも知れませんね。

もしかすると、このような能力は練習すれば誰にでも可能なのかもしれません。もともと人間にはこのような五感を超越した感覚というものが存在するようです。

coffee

余談になりますが、ボクはコーヒーを飲む際に角砂糖を5個も入れています。角砂糖はいつも袋から手で鷲掴みしますが、ずっと同じことを続けているうちに毎回かならず角砂糖5個をひと摑みできるようになりました(笑)

荒瀬麻酔医みたいな能力は、フィクションではなかったんですね。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ