ゆうらり Happy Smile
国際政治学者の三浦瑠麗、自伝で“性的被害”を告白!14歳の帰り道にさらわれた過去とは?!

国際政治学者の三浦瑠麗、自伝で“性的被害”を告白!14歳の帰り道にさらわれた過去とは?!

今日のエッセイ
2019/06/12
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#三浦瑠麗 #三浦るり #三浦瑠麗本 #三浦るり本 #三浦瑠麗自伝 #三浦るり自伝 #三浦瑠麗性的被害 #国際政治学者 #三浦瑠麗ブログ #朝まで生テレビ!

国際政治学者の三浦瑠麗が自伝を発表、衝撃の過去を告白!

テレビ朝日系列の討論深夜長寿番組『朝まで生テレビ!』で初めて国際政治学者三浦瑠麗みうら るり)さんを知ってからというもの、ボクは三浦さんの明瞭でエネルギッシュな語り口にすっかり魅力され、ファンになった内の1人です。

彼女のブログ山猫日記』のほうも度々チェックしているのだけれど、三浦さんはいつもどのような活動をしてるのか?気になって時折ネット検索をすることがあります。

すると今回たまたまネット上で三浦さんのことが話題になっているのを知りました。何と、三浦瑠麗さんが自伝の中で過去の性的被害を告白しているというのです。一体、彼女の過去には何が起こったのでしょうか?!

三浦瑠璃 自伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』

内容としては、三浦さんが新たに自伝を出版したとのことです。しかし、三浦さんは自伝のなかで過去に受けた「性暴力」の被害に遭ったことや、「長女の死産」の経験を赤裸々に告白しているというのですから、まさに衝撃的でした。

スポンサードリンク

三浦さんが自伝『孤独の意味も、女であることの味わいも』のなかでつづった「性的被害」の内容

国際政治学者三浦瑠麗さんの『孤独の意味も、女であることの味わいも』は、彼女にとって初となる自伝です。

三浦さんが自伝のなかでつづったとされる、つらい過去の経験については、14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わないという記事の抜粋から知ることが出来ました。

三浦さんがまだ中学3年生(14歳)の頃。小説を読みながら帰宅していた途中で後ろから近寄ってきた車の男たちに声をかけられたといいます。

あとはあまり覚えていない。覚えているのは痛みと、死ぬのだろうな、という非常にリアルな感覚だけだ。私の頸に手をかけたそのうちの一人ののっぺりとした眼つきが醜くて気持ち悪く、せめてもっと楽な死に方をさせてもらいたかった。少なくとも一人は知っている顔だったと思う。

殺風景な新幹線の高架下で、ほらよ、と放り出されて、私はバッグとスカーフを胸に抱えて家までよろよろと歩いた。自分がどんなにぼろぼろでも、いつも通りの田舎の風景は微塵も私の心に寄り添ってはくれなかった。

きちんと閉まった正面の門を避けて庭の戸口から入り、母が茅ヶ崎の庭から持ってきて植えたあんずの木の下で、隠れるように外水栓の水で顔と手を洗った。制服を脱ぎ捨てたのち、手負いの狼のように私は炬燵の中で唸った。下腹部の痛みが尋常ではなかった。手でさわると血がついた。
(「初めての経験」より抜粋)

三浦さん「性的被害について書いた本ではない」

三浦さんはなぜ今回の自伝に自らの性的被害を明かしたのでしょうか?自身はあくまで「性的被害をテーマにした本ではない」とし、書く作業のなかで出てきた「体験のひとつ」に過ぎないといいます。

自伝を書くにあたり、編集者からは「目立って叩かれやすい三浦瑠麗が、どうやって嫌がらせや生きづらさを克服してきたのかを書いてほしい」オーダーがあったそうです。

三浦さん自身の経験として、自立を求めることや自分を愛せるようになること、他人を愛することにより、つらい過去はかなり緩和していったとを自伝を通して届けたかったとしています。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ