ゆうらり Happy Smile
胃がん後遺症の貧血・目まい…血糖値スパイク悪化で現在のHbA1cは?

胃がん後遺症の貧血・目まい…血糖値スパイク悪化で現在のHbA1cは?

胃がん闘病記-日記
2019/06/27 0
M
M
#胃がんブログ #ヘモグロビンA1c #胃がん闘病記 #転移性肝がんブログ #胃全摘血糖値異常 #胃切除後症候群 #がん終末期ブログ #血糖値スパイク #ダンピング症候群 #糖質制限

cake

癌の貧血・目まいの3つ目の原因は、胃がんの後遺症。いわゆる「胃切除後症候群」と呼ばれるうちのひとつで、『ダンピング症状』によるもの。ダンピング症候群については、このブログのあらゆるところで記事にしています。関心がおありの方は、検索フォームで「ダンピング」と入れて検索していただけると幸いです。

検索フォームで「ダンピング」と検索

スポンサードリンク

血糖値スパイクの悪化による目まい、すでにヘモグロビンa1cが基準値を超えているかも?

ダンピング症候群とは、いわゆる「血糖値スパイク」のこと。ボクの場合、胃がんの後遺症の中では特に重篤な血糖値異常の症状を抱えているのです。

ボクは、食事で糖質を摂取すると下記の症状が連続して起こります。

  • 急かつ高血糖
  • 重症低血糖

さらに、食事をしなくても、低血糖が断続的に起こることで目まいの症状が慢性化してしまっているのです。

血糖値の治療国立がんセンターで行なってきましたが、いつもヘモグロビンa1cHbA1c)が基準値ギリギリの危ないところまで差しかかっていました。

がんセンターの治療についても、余命宣告がされて以降は頓挫している次第です。もしかすると、現在はヘモグロビンa1cがとっくに基準値を超えてしまっているのかも知れません。

怖いのは、糖尿病の併発。もしかすると、すでに併発してしまった可能性もありますが(汗)

とにかく、血糖値についても病院で治療を始めないことにはどうにも改善できないわけです。

おわりに

弁護士に体調不良の事を伝えたメール内容

昨日は、弁護士さんから送られてきたメールに返信して、一刻も早くがん治療が行なえるように催促しました。

▼関連記事

余命宣告で残り4ヶ月の寿命、がん治療は「努力目標」ではないのに…

がんの余命宣告で、ボクの寿命も残り4ヶ月となりました。ボクにとって、がんの治療は決して「努力目標」ではないのです。「努力したけどダメでした」では済まされない。どんな手段を使ってでも必ずがんの治療を始める必要がある。それがボクにとっては「生きるための条件」なのだから…。...

しかし、何ら返事や音沙汰が得られなかった。

ボクの余命は残り4ヶ月弱。弁護士さんには、何度も何十回も何百回も催促してお願いしているというのに、あれよあれよという間に月日ばかりが悪戯に経過。

結局、こんな無為無策な調子で死に追いやられてしまうのだろうか…

そして、そろそろ弁護士さんのことをいろいろと暴露せねばならぬ時期に差しかかっているのであろうか?!

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

« 前へ
次へ »
3/3

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
胃がん闘病記-日記