あなたの興味を広げる話題を。

死の訪れまでノンストップの予感。この調子だと本当に命まで奪われる?

2019年06月28日
胃がん闘病記・日記 0

精神的ストレスを抱えた人

胃がんブログゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。胃がん再発の「転移性肝がん」で『1年』という余命宣告を受けてから、本日で8ヶ月と4日目余命が残り4ヶ月を切ったというのに、状況は今までと何も変化がないという危険な時間を過ごしています。

体調についても、昨日の胃がん闘病記に書いたとおり。癌の貧血と目まいが加速していて、まったく力の入らない状態に苦しんでいる次第です。

【癌の貧血・目まいの原因】は三重苦だった…

胃がんブログ『ゆうらり Happy Smile』の管理人Mです。癌の闘病生活で一番つらいのは、やっぱり貧血。何しろ、目まいがひどいと何も出来ませんから…。本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」で『1年』という余命宣告を受けてから8ヶ月と3日目。寿命が4ヶ月を切ったのを境に、貧血や目まいのほうも急速な悪化が進む様相を見せています。目まいで動けない時に、寝そべっていろいろと回想していました。すると、そうすれば、自分の目ま...

一刻を争う緊急事態にあるなか、肝心の弁護士さんからは何ら音沙汰がなし。というより、2016年6月に起きた事件法的処理をお願いしてからずっとこんな調子が続いていて、どうして良いものだか…。

本当にもう、このまま「」へとノンストップで進んでしまいそうで、心が折れそうです(汗)
いい加減、精神的ストレスのほうも限界ギリギリにまで達していて、ただでさえ3年前からずっと大切な人生を無駄に過ごしているというのに、寿命の残り数ヶ月にまで追い込まれても、依然としてこの有り様…。

一体、この怒りをどこにぶつければ良いというのでしょうか?!

スポンサードリンク

思えば2016年6月。弁護士さんがちゃんと依頼した仕事をしてくれていれば、今頃は裁判のほうもとっくに終わっていたはず。
ボク自身も、6年半が経ってから胃がんの再発など起きなかったかも知れないのです。仮に再発したとしても、普通に治療を始めて助かっていたはず。そのために定期検査をこまめに続けていたわけですから…。

ところが、裁判を始めたのは何と2018年1月。それまでの1年半、何度催促しても今と変わらない動きだったのです。いや、その時はもっとひどかった。だって、途中で「仕事をしてると言ってましたが、実は嘘をついていました。本当はまだ何もしていません。」という内容のメールをボクに送り付けてきたわけですから…。

メール画像を閲覧

この弁護士さんが嘘を付いたせいで、その間の事件の被害が拡大。ボクのお金が1千万円以上も吹っ飛んでいきました。

ボクは、弁護士さんから送られてきたメールを証拠として、所属先である千葉弁護士会相談しました。
弁護士会のほうも「これはひどい」と言い、ボクに懲戒請求をしたらどうか?と勧めてきました。
しかし、事件が放ったらかしにされた状況ではそんなことをしている余裕はありません。なぜなら、とにかく一刻も早く事件の処理を進めないと1ヶ月に百数十万円もの損害が生じてしまうからです。

それに、弁護士を切り替えるチャンスもありませんでした。弁護士さんからは、ちゃんと仕事をしていると騙されていたからです。
だからといって、1千万円もの被害が出た状況ではすでに弁護士を変えることも出来ません。
仮にここで変えてしまうと、1千万円の損失がただの水の泡となるうえ、ボクを騙した弁護士さんに何ら責任追及できぬまま解放してしまうことにもなりかねないからです。

よって、弁護士会と打ち合わせした結果、これまでに生じた損害も含めて回収できるようにするには、まずこの弁護士に最後まで仕事をさせるべきだ、ということになりました。

そこで、千葉弁護士会からボクの依頼した代理人弁護士2名に対し注意勧告をしてもらいました。翌朝になると、弁護士から謝罪の電話がありました。そして、それから半年後にやっと裁判を起こしたのです。

まるまる1年半を無駄にしてやっと始めた裁判ですが、すでにボクの生活はボロボロになっていました。

裁判は通常1年と言われているのだけれど、1年半が経過してもまだ終わらない。その理由についても、依頼時の状況と同様なのです。ミスが多くて毎回の期日が何度も無駄になっているうえ、被告である相手側を追い詰める策も何ら用意していない。
法律を運用するのは人間です。それを弁護士の誰もが同じことをしていたら、甲乙がつきません。たとえ決められた法律の中でも、それをいかに戦略を練って柔軟に対応するかが重要なのです。

おまけに、こちら側には何ら落ち度や帰責性がないうえ、証拠もすべて揃っている。それなのに、ちゃんと有効活用しないものだから相手側から悪戯に裁判を引き延ばされているのです。

以前、ファミマの社長が「医者と弁護士を間違えてはいけない」と言ってましたが、まさにその通り。しかし、間違えていたかどうかは実際に依頼してからでないとわからない現実が存在しています。
おまけに、ボクの場合は嘘をつかれていたのですから、間違っていたかどうかを判断することも出来ませんでした…。

また嘘か。ファミマ社長の言葉が身にしみる「弁護士さんは間違っちゃいけない」

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから5ヶ月20日目です。最近は、日付が変わる頃に胃がん闘病日記を更新する習慣となっていたのですが、ちょっと偏頭痛がひどくて、新規になかなか記事が書けずにいました(汗)偏頭痛のほうは横になっても全然治ってくれなくて、重症低血糖のせいかな?と思って甘いコーヒーを飲んでみても改善されず…。風邪でもなさそう...

このままだと、人生と一財産を奪われたばかりか、大切な命まで奪われそうな危険が迫って来ました。だから今回は、敢えてこのような実情を告白することにしたのです。

昨夜の遅い時間になって、やっと1日ぶりに弁護士さんからメールが届きました。内容を見ると案の定、ボクに身の危険を感じさせるものでした。

6月27日に送られてきた弁護士からのメール

もうダメだ。このままだと確実に殺される…。そう思ったボクは、次のような内容で返信メールを送りました。

6月27日に送られてきた弁護士からのメールに対する返信内容

ボクには1日も無駄に過ごす猶予が残されていません。この後、弁護士さんがどのような反応を示すのか。また報告したいと思います。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

スポンサードリンク
関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません
未分類 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5853)
┣  胃がんブログ (247)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5541)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (33)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (83)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (25)
がん のこと(ガン情報全般) (442)
┣  がんブログ (246)
┗  がんニュース (196)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (132)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (129)
おもしろグッズ (9)
今日のエッセイ (73)
ニュース・芸能・話題 (665)
恋愛・人間関係 (20)
終活ブログ (10)
グルメ (45)
胃切除後の食事・レシピ (670)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (73)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (113)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (207)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (172)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (26)
┗  ファッション (1)
iPhone の使い方・アプリなど (27)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (26)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (4)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)