ゆうらり Happy Smile
警察のマナーと対応が悪い現実「2度と電話してくるな!」(ページ3/3)

警察のマナーと対応が悪い現実「2度と電話してくるな!」(ページ3/3)

胃がん闘病記-日記
2019/07/04
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
警察 警察対応悪い 警察マナー悪い 警察態度悪い 胃がんブログ 胃がん闘病記 胃がん再発ブログ 転移性肝がん 身内の兄 がん余命宣告

マナーと対応が悪い警察

「なぜ弁護士が身内に説得交渉をしているのか、その理由を答えてもらえますか?」というボクの答えは簡単だ。

それは、これから再発したがんの治療を始めるには身内の協力が必須と言われているから。警察とも、このことは何度も話しているのだから分かって当然のこと。

それなのに、今回の警察官は「う~ん」と考えこんでしまった。まさか!といった話しだ。これじゃあ全然会話が成り立たないじゃないか!!

警察が電話をして来るとき、名前を名乗らないのは相変わらずだが、電話で話す内容くらい把握しておくのが最低限のマナーだ。今回、警察の対応が悪いのにはホトホトがっかりとさせられた。

まさか、警察に対してボクがこんなことを問いただすなんて思いもしなかったのだろう。しかし、なぜそうまでして中途半端な電話をしてきたのだろう?

スポンサードリンク

いろいろと会話のなかで探りを入れてみたところ、警察側の本心はボクのがんを心配をしているわけじゃなさそうだ。

どうやら、警察が聞きたいのは、ボクが身内に対する告発をおこなうために書類をいつになったら持参するのか?というところに目的があるらしかった。

たしかに、当初はそういう話しをしていた。しかし、今は体調不良のこともあってまったく動くことも出来ないのだ。

たしか、本来の階級や役職とは違い、警察の内輪同士で「専務」と呼ばれている上司がいた。おそらく、その上司から連絡して様子を伺ってみろと命令された部下が慌てて電話をかけてきたのかも知れない。

ボクは言いました。「もう2度と電話してくるな!」と。

日本という国を守る警察の、対応やマナーが悪いという現実。こんな適当な仕事ぶりは、とても民間企業なんかじゃ通用しません。まるで、遊んでいるのと同じなわけですから…

しかし、この程度の仕事意識で給料を貰えるのだから、やっぱり公務員という職業は人気があるのも頷けるような気がした出来事だった。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

« 前へ
次へ »
3/3
あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記