あなたの興味を広げる話題を。

癌の進行するボクの体調は?弁護士から裁判が合議審になると言われ唖然!その理由を説明します!

2019年07月18日
胃がん闘病記・日記

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。昨夜の遅くに、弁護士さんから電話がありました。今日の裁判に向けて打合せをしたのだけれど、両方ともビックリするネタを持っていたもんだから、話しを聞いてお互いに驚いた次第です。

まずボクは、前回の記事でも書いたとおり吐血したことを伝えました。すると、弁護士さんは「エーッ!?」と…。癌のことには素人同然の弁護士さんですが、さすがに事の重大さを感じ取った様子が窺えました。

合議審で行なわれる裁判のイメージ画像

反対に、弁護士さんからは今おこなっている裁判の形式について突然、合議審に変更すると裁判所から連絡があったことを告げられたのです。これにはボクも「エーッ!?」となった次第です。

ちなみに本日は、胃がんの再発により「転移性肝がん」と診断されてから8ヶ月24日目。

また、「最長1年」という余命宣告も同時に受けておりますので、暦通りに考えると、ボクの寿命は残すところあと3ヶ月と6日になります。

現在、係争中の裁判は単独審

まずは裁判について。今までは、裁判官が1人の単独審で行なわれてきました。最初は、「裁判所から事件の内容を軽く見られたのかな?」とイヤな気がしたものです。

saiban_futouhanketsu

裁判官がたった1人の独断で甲乙をつけることになるわけです。おまけに、担当の裁判官はボクよりも随分と下の年齢に見えます。担当した裁判官の偏見で、不当な判決が下される可能性もありました。

それを見込んでか、被告側はのらりくらりと主張をコロコロ変えながら延々と裁判の引き延ばしを図っているのです。

ボクの体調のことや、今の生活については、裁判の中でも話しています。よって、相手側は粘っていれば、いずれボクが死ぬことも目論見の内にあるのだと思われます。

「合議審」の裁判がボクにとって有益な理由

ところが、弁護士さんからは、急に3人による裁判官の「合議審」へと裁判形式が変更になることを知らされました。

これは一体どういうことなのか?単刀直入に言って、ボクにとっては得なのか?損なのか?ということが気になるわけです。ボクはこの辺について弁護士さんに詳しく尋ねてみたのです。

そもそも、合議審になるキッカケは何だったのか?どうやらそれは、音声データを文字起こしした録音反訳書など、強力な証拠を提出したことで裁判官がこちら側の主張を全面的に認めようとする動きだと…。

がん治療、残る障害はたった1人のみ。裁判は周りの全面協力で正義を貫徹!本当の恐ろしさは別のところにあった…

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。最近、怠りがちな近況報告を。今度の裁判に提出する準備書面をチェックしていました。本日は、原発巣の胃癌が再発して転移性肝がんの告知をされてから8ヶ月と20日目。また、癌の告知と一緒に最長1年との余命宣告を受けているため、ボクの寿命は残り3ヶ月10日となります。体調のほうは相変わらず。悪化と衰弱が進んでますが、症状についてはあまりにも多くの問題を抱えていて、何を書けばいい...

今回の巨額な損害賠償請求など、大きな判決を下すには裁判官を3人にする必要があり、そのための準備を裁判所で話し合ったのではないかということらしいです。

たしかに、違う考えを持つ裁判官が3人になることにより、下される判決は社会的に見ても妥当なものへと収斂されるはず。

ボクは、単純に「夜逃げ」という卑劣な行為をされた被害者に過ぎないわけです。ゆえに、何ら否のないボクにとって合議審が有利なのは当然なわけです。

懸念されるのは癌の進行するボクの体調

しかし、懸念されるのは、裁判がさらに長くなるのではないか?ということ。2018年1月に訴訟を起こしてから、すでに1年半も経過してるのです。

ただ、長くなるかどうかは分かりません。証拠はすべて完璧に出し尽くしているわけだし、すぐに判決へ進む可能性だってあり得ます。

したがって、問題なのはボクの体調だけです。吐血するまでに癌の進行した現状ではいつ死んでしまうかさえも分かりません。これについては弁護士さんも非常に心配していました。

8年前の胃癌の悪夢が…再発がん発覚後はじめての吐血。死を予兆する1つのサイン?

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。癌の再発が発覚してから初めての吐血らしき事態に遭遇しました(汗)振り返れば、胃がんの発覚する前にも一度だけ同じようなことがありました。ちょうど8年前だったか。仕事の飲み会でテキーラの一気飲み大会がありまして…。レモンもかじらずにテキーラを30杯くらい一気飲みしたんです。さすがに意識を失いかけたボクはトイレで眠り込んでしまいました(汗)その後、後輩に起こされてから急...

そのうえで、弁護士さんは他人になりすましてボクのブログに嫌がらせのメールを送ってきた身内の兄についての話しを始めます。

送られたメールの中には「弁護士は体裁だけ」と誹謗中傷する内容を書いているくせに、連絡しても相変わらず逃げ回っている身内の兄の卑劣な行為に対してとても憤慨しているといい、今後はもっと厳しく対処していくとボクに語りました。

身内の兄が他人に偽ったつもりでブログに送って来たメール

ボクが死んでしまったら裁判はどうなるの?

おそらく、このままだとボクは裁判中に死んでしまう可能性が高いことになります。そうなると、裁判はどうなってしまうのでしょうか?

たとえボクが死んでしまっても、裁判は最後まで続くそうです。仮にボクが裁判に負けてしまった場合、身内の兄は賠償責任について相続放棄をする腹づもりなのでしょう。

しかし、被告側の弁護士は相当なワルで、かつやり手です。ちなみに、このブログの存在も知っていて、チェックもされています。

万が一、ボクが死んでしまった場合には、故意に死なせたことをネタにして、責任を免れようとする身内の兄を逃がさないことでしょう。

ボクの弁護士が、身内の兄に対して「のちのち後悔することになりますよ」と告げているのには、この辺の意味合いも含まれているのです。

とりあえず、今日の裁判。状況を見守ることにしたいと思います。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

関連記事
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5885)
┣  胃がんブログ (256)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5556)
┣  酒場放浪記 (6)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (84)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (26)
がん のこと(ガン情報全般) (455)
┣  がんブログ (254)
┗  がんニュース (201)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (135)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (132)
おもしろグッズ (10)
今日のエッセイ (91)
ニュース・芸能・話題 (711)
┗  転職・キャリアアップ (3)
恋愛・人間関係 (21)
終活ブログ (10)
グルメ (60)
┣  低糖質レシピ (4)
┗  お酒の飲み方 (1)
胃切除後の食事・レシピ (669)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (73)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (211)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (173)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (27)
┗  ファッション (3)
iPhone の使い方・アプリなど (30)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (26)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (4)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)