ゆうらり Happy Smile
仕事の効率が上がる、疲れない「最強の座り方」 とは?最低限知っておくべき3つのこと

仕事の効率が上がる、疲れない「最強の座り方」 とは?最低限知っておくべき3つのこと

今日のエッセイ
2019/07/19
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#座り方 #座り方姿勢 #座り方イラスト #座り方種類 #正しい座り方 #疲れない座り方 #仕事の効率が上がる座り方 #座り方椅子 #デスクワーク #仕事

デスクワーク

仕事のデスクワークで、姿勢の悪い格好で椅子に座っている人を見かけることがあります。机と椅子の高さが妙にアンバランスなのも気にせず、そんな座り方で長時間の作業をしていて疲れないのかな?と心配になったりするものです。

仕事の効率を上げる正しい座り方ってどうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

仕事のパフォーマンスが向上!疲れない「最強の座り方」ポイント3つ

正しい椅子の座り方について、とても参考になりそうな話しが仕事のパフォーマンスがあがる「最強の座り方」 という記事で紹介されています。

仕事のパフォーマンスがあがる「最強の座り方」 - zakzak

1、目線の中心にモニターを合わせる

 モニターが低く、目線が下がっている人がほとんど。この状態が続くと、どんどん猫背になっていきます。猫背は全ての不調の元凶といっても過言ではありません。

 この姿勢から脱するために、まずはモニターの高さを上げモニターの高さを上げましょう。そのためには、専用の底上げの台、分厚い本を数冊重ねる、思い切って外付けアームを取り付けるのが手です。

 これなら姿勢が正しい位置におさまりやすくなります。少し手間はかかりますが、効果絶大なのでぜひ試してみてください。

 2、キーボードを手前に置く

 書類や資料を手前に置き、キーボードをデスクの奥のほうに置いていませんか? これでは前かがみになり、胸がどんどん内側に閉じてしまいます。キーボードはできるだけ手前に置いて、常に胸を開くように意識しましょう。ひじが90度になるのがポイントです。

 3、坐骨を立てる

 坐骨とは骨盤のいちばん下にある2つの骨で、座ったときにお尻の下に手を入れるとゴリゴリと触れる部分。ここがちゃんと立つように座ります。

日本人は1日の仕事する時間だけでなく、デスクワークに関しても座り時間が世界でトップクラスなのだそうです。

座り方ひとつで仕事の効率が上がるのなら、ぜひとも実践してみたいものですね!

▼関連記事

【エヴァ×イトーキ】内緒にしたい…高機能チェア『EVANGELION CHAIR』新発売!初号機、2号機、綾波、ネルフの4モデルは最高のリラクゼーションです

高機能タスクチェア「EVANGELION CHAIR」が発表されました。事務用品・各種設備などを扱うイトーキ(本社:東京・中央区)が、あの『エヴァンゲリオン』とコラボレーションした商品を開発。現在、EVANGELION STOREとイトーキ公式オンラインショップで販売中です。エヴァンゲリオンとイトーキがコラボして、EVANGELION CHAIR誕生! 4種類のデザインで発売!という記事にもなっています。エヴァンゲリオンとオフィス家具・学習家具メ...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
今日のエッセイ