ゆうらり Happy Smile
胃がん再発、転移性肝がん告知から8ヶ月27日目。弁護士との“温度差”や吐血後の体調など

胃がん再発、転移性肝がん告知から8ヶ月27日目。弁護士との“温度差”や吐血後の体調など

胃がん闘病記-日記
2019/07/21
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん再発ブログ #胃がん闘病記 #転移性肝がんブログ #胃がん再発 #胃がん転移ブログ #がん終末期ブログ #裁判ブログ #がん吐血余命 #日本ブログ村

スマートフォン パソコン

胃癌ブログゆうらり』の管理人Mです。闘病記の更新が1日空いてしまいました(汗)すみません。他の話題は横になりながらでも書けるのですが、自分の体調のことになると、どうしても手が止まってしまうのです。

実は、あれからずっと不快な頭痛が今も続いていて苦しんでいます。それをブログで「頭が痛いです」と書いたところで一体どうなるのだ?書けば書くほど精神的ストレスが蓄積するような、そうでないような…。

8年前の胃癌の悪夢が…再発がん発覚後はじめての吐血。死を予兆する1つのサイン?

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。癌の再発が発覚してから初めての吐血らしき事態に遭遇しました(汗)振り返れば、胃がんの発覚する前にも一度だけ同じようなことがありました。ちょうど8年前だったか。仕事の飲み会でテキーラの一気飲み大会がありまして…。レモンもかじらずにテキーラを30杯くらい一気飲みしたんです。さすがに意識を失いかけたボクはトイレで眠り込んでしまいました(汗)その後、後輩に起こされてから急...

そんなことを考えているうちに、1日が過ぎ去ってしまったというのが本当のところです。

文章の難易度でいうと、ニュース記事のように著作権などを気にせず自由なことが書けるぶん、闘病日記のほうがスイスイと書きやすいはずなんですけどね…。

ちなみに本日は、胃がん再発で「転移性肝がん」と診断されてから8ヶ月27日目

また、「最長1年」という余命宣告も同時に受けておりますので、暦通りに考えると、ボクの寿命は残すところあと3ヶ月と3日になります。

スポンサードリンク

今回おこなわれた裁判について弁護士からの報告

金曜日の夜遅く、22時頃に弁護士さんから電話がありました。裁判が行われてから初めての連絡だったのだけれど、なぜこんなに遅くなったのかについてはとくに触れずにいました。

しかし、話しを聞いていて、報告が遅れたことに何ら理由のないことを知って唖然(汗)

ちなみに、裁判のほうは無事に強力な証拠を提出。被告側には事前に内容を伝えてあるのにもかかわらず、何も反論をしてこなかったそうです。

また、前回の記事で書いた「裁判官の合議審」については、今回から3人体制に変わっていたとのこと。今までは、若い30代の裁判官1人で心許無かったのだけれど、今までの裁判官のほか、50代のベテラン裁判官とさらに若い20代の裁判官が新たに加わったそうです。

癌の進行するボクの体調は?弁護士から裁判が合議審になると言われ唖然!その理由を説明します!

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。昨夜の遅くに、弁護士さんから電話がありました。今日の裁判に向けて打合せをしたのだけれど、両方ともビックリするネタを持っていたもんだから、話しを聞いてお互いに驚いた次第です。まずボクは、前回の記事でも書いたとおり吐血したことを伝えました。すると、弁護士さんは「エーッ!?」と…。癌のことには素人同然の弁護士さんですが、さすがに事の重大さを感じ取った様子が窺えました。...

今回の裁判は、たったこれだけ。次回は、被告側の反論を待つことになります。1回の裁判につき、やることは片方の1個だけ。こんなことが延々と続くわけですから、被害者や正しい側がますます追い込まれ、苦しむことになるわけです。何とかならないものでしょうか?

いつまで経っても噛み合わない弁護士との“温度差”

簡単な話しなのに、なぜもっと早く報告してこないのだろうか?とにかく、この話しを聞いていて、頭と体がしんどくなった(汗)

どうも、今更ながらにして思うのだけど、この弁護士さんとはいつまで経っても“温度差”が噛み合わない。

癌の進行で、余命の残りわずかなボクの体調についてとても心配しているはずなのに、こちらの事情をわかっていながら、弁護士さんはなおも時間を無駄にしている…。

今のボクは、“1日”というものがどんだけ貴重なものか、何度も何度も説明しているんですけどね(汗)忘れてしまうのでしょうか?

ということで、1日も早くボクのがん治療が始められるよう、弁護士さんには今一度お願いして、電話を終えました。念のため、電話の後にメールも送って念を押しておいた次第です。

また嘘か。ファミマ社長の言葉が身にしみる「弁護士さんは間違っちゃいけない」

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから5ヶ月20日目です。最近は、日付が変わる頃に胃がん闘病日記を更新する習慣となっていたのですが、ちょっと偏頭痛がひどくて、新規になかなか記事が書けずにいました(汗)偏頭痛のほうは横になっても全然治ってくれなくて、重症低血糖のせいかな?と思って甘いコーヒーを飲んでみても改善されず…。風邪でもなさそう...

なお、裁判やこの弁護士さんに関心がおありの方はプロフィール欄をご一読下さい。

吐血してもなおがん治療が出来ない今は体に負担をかけないように、動かさないように…

本当なら、ボク自身が実際に動いてしまうのが一番早いのかも知れないけど、警察からは弁護士に動いてもらいなさいとなっているし、吐血した現状もある。

がんの治療が出来ない今は、なるべく体に負担をかけないように、動かさないようにして、ヘタに体調を悪化させないように努めています。

しかし、吐血してからというもの、さらに食事が難しくなった。というより、食事するのが怖くなった。1日1食がやっとの有り様。これでは体力のほうもますます衰弱するばかりです。

こうやってブログを書いていられるのもあと何日なのだろう…。そんなことを思いながらブログを書き続けています。

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

P.S. 読者の方から、「ブログ村」へのリンクを復活してもらえないか?とのご要望が数多く寄せられていることについて。

ボクのブログを読んでから、ブログ村もチェックされてる方がいらっしゃるんですね(汗)ボクとしては、ブログランキングサイトはやめたつもりなので(^_^;)

いちおう、目立たない程度に、どこかリンクを貼ることを検討してみたいと思います。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記