ゆうらり Happy Smile
“スキルス胃がん”の宮迫博之にがん患者・医療業界から悲痛な叫び!「何やってくれた!」

“スキルス胃がん”の宮迫博之にがん患者・医療業界から悲痛な叫び!「何やってくれた!」

胃がんブログ
2019/07/22
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#宮迫博之 #宮迫博之がん #宮迫博之会見 #宮迫博之胃がん #宮迫博之闇営業 #宮迫博之スキルス胃がん #宮迫博之謝罪会見 #宮迫博之会見動画 #宮迫博之ニュース #宮迫博之まとめ

“闇営業問題”で吉本興業から契約解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之が20日に謝罪会見を行ないました。

宮迫博之

宮迫に対しては、お笑い業界をはじめ、テレビやマスコミ業界、映画業界など多方面から批判の声が寄せられています。

中でも、深刻に悲痛な叫びをあげているとされるのが、スキルス胃がん経験者としての宮迫博之に対するがん患者がん経験者を含む“医療業界”からの声なのだといいます。

スポンサードリンク

「何やってくれた!」宮迫博之にがん患者から悲痛な叫び

がん患者やがん経験者を含む医療業界から宮迫博之に対する批判や悲痛な叫びがあげられていることは、宮迫博之“引退”にがん患者から「何やってくれた!」と悲痛な叫び!という記事にもなっています。

「宮迫は12年12月にスキルス胃がんにより胃の3分の2を摘出し、その後に芸能界への完全復帰を果たした“がんサバイバー”。復帰後はがん保険のCMにも出演するなど、がん治療の啓発において象徴的な役割を果たしていました。寛解の目安とされる術後5年を目前にした17年8月には不貞疑惑を報じられたものの、この時はまだ『女性にうつつを抜かすほど元気になった』と、無理やり擁護することもできました。しかし闇営業の一件が報じられ、それが術後2年に過ぎない14年末だったことが分かると、さすがに関係者からも『いったいどういうことなんだ!?』との批判が続出したのです」

そもそも胃がん術後の人間が「闇営業」や「ギャラ飲み」などハードな仕事をこなせるの?という疑惑

医療業界からの批判や悲痛な叫びというのは納得できるのだけど、それ以前の問題として「胃がん術後の人間が『闇営業』や『ギャラ飲み』などハードな仕事をこなせるの?」という疑惑があります。

「闇営業」が行われたのが術後2年に過ぎない14年末で、さらにお酒を一緒に飲んで小遣いをもらう「ギャラ飲み」をしたのは術後4年目の16年なんです。

宮迫が胃がん術後に復帰したテレビ放送で揚げ物などヘビーな食べ物を何ら違和感なく試食していたのがとても気になりました。

同じく胃がんを経験した渡辺謙さんも、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の番組企画『食わず嫌い王決定戦』に出演したことがありましたが、食べ物を口にする前にはたくさん水を飲んだりしていたので、試食を無理矢理してる感がありありに映りました。

>>とんねるずのみなさんのおかげでした 食わず嫌い団体戦SP 9月22日-16・09・22

胃がん経験者の立場からみる宮迫の術後

“胃がんの経験者”であるボクの立場から言わせてもらうと、術後2年くらいですと食事はおろか、体調のほうもかなり不安定な状態にある時期です。

突然の目まいや低血糖が襲ってきたりして、予定していたことが出来なくなる事態もたびたび起きました。ですから、重要な仕事でない限りはなるべく約束の時間に余裕を持たせたり、何かの時のためにあらかじめ代役を準備したりしたものです。

術後1年に満たない頃、取引先の忘年会に接待で参加したことがありましたが、胃の切除でアルコールが早く回る体になってしまったボクは階段で突然、目まいが起こり転倒。額に怪我をした経験があります。

術後2年くらいですと、術後1年あたりと予後の体調は変わらないです。また、術後4年目でも、アルコールとともにツマミを食べればダンピング症状という“胃切除後症候群”に伴う血糖値スパイクが襲ってきます。

相手が自分の体調を分かってない状況での「ギャラ飲み」は、胃がんによる胃切者としてはかなり難しいのでは?と思うのです。たとえ、それが胃がんの早期発見だったとしてもです。

まとめ

おまけに、宮迫は再発率が非常に高い「スキルス胃がん」だと言っているわけですから、なおさら疑念は大きくなるばかりと言わざるを得ません。「本当に胃がんだったのかな?」と…。

しかし、これについてはマスコミも言及することが難しいものと思われます。なぜなら、このようなことは胃がんを経験して初めて理解できることなのですから…。

胃がんにでもならない限り、健常者がいくら頑張ってみても理解できない部分は非常に多く存在するのです。まさか、宮迫はそれが分かっていて胃がんのことに何らかの偽りを行なっていなければ良いのですが…。

▼関連記事

【新情報】松本人志、宮迫問題で乳首相撲を解決策に提示 22日に吉本社長会見へ

前回の記事でダウンタウン・松本人志さん(55)が公式Twitterに「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」とツイートしたことについての続報です。松本さんは21日、フジテレビ『ワイドナショー』に生出演したなかで、20日に行われた「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」田村亮(47)が行なった謝罪会見について言及。「乳首相撲をやることですべて解決する」と解決策について提案したうえで、吉本興業の岡...

【宮迫博之 謝罪会見まとめ】 宮迫、芸能界引退は否定 吉本興業の圧力を主張のここがいやだ

反社会的勢力の宴席パーティーでの“闇営業”とそれに対する“金銭受領”が発覚。吉本興業から契約解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)がTwitterで予告したとおり、吉本から謹慎処分を受けている「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)とともに20日、東京都内で謝罪会見をおこないました。田村は会見の場で“契約解除”を希望しました。2人が公の場に登場するのは久しぶりのこと。謝罪会見に姿を現した両名は目の下に大きなク...

【闇営業騒動】過去の胃がん告白もウソ?!宮迫博之にバッシングの嵐

カラテカ・入江慎也が吉本興業から解雇されたことを発端として騒動にまで発展し、これがきっかけで吉本芸人による反社会勢力への「闇営業」の実態が浮き彫りにされました。闇営業騒動にいまだ鎮静化の動きは見られず、それどころか、ますますエスカレートする様相を呈しています。そして、バッシングの矢面に立たされているのが、入江の仲介で振り込め詐欺グループの忘年会パーティーに出席したことを認め、謝罪した「雨上がり決死...

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がんブログ