ゆうらり Happy Smile
進行肝がんの新治療法「レンバチニブ」という薬で完治する人も!ボクが命の希望をつなぐことも可能か?!

進行肝がんの新治療法「レンバチニブ」という薬で完治する人も!ボクが命の希望をつなぐことも可能か?!

胃がん闘病記-日記
2019/08/01
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃癌ブログゆうらり #胃がん闘病記 #胃がん再発ブログ #転移性肝がんブログ #進行肝癌 #肝癌進行 #レンバチニブとは #分子標的薬とは #抗がん剤分子標的薬違い

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。

進行中の「肝臓がん」は、治療が難しいのだそうです。現在、自分自身が患っている肝がんについては何も調べていないのだけれど、たまたま目にしたネットニュースで、進行性の肝がんが「完治」する人も…近大が新たな治療法を開発という記事がありました。

スポンサードリンク

「レンバチニブ」を使う新たな肝がん治療法で完治した人も!?

近畿大学の研究グループによって、新たな肝がん治療法の開発が発表されたようです。以下はこの記事の引用になります。

進行中の「肝臓がん」には、がんに栄養を運ぶ血管を塞ぐ治療を選択するのが一般的ですが、効果が上がっていないことが課題となっています。

そこで、研究グループはがんを縮小・壊死させる効果があり、通常さらに症状が進んだ際に使う「レンバチニブ」という薬を先に投与した方が、効果が高まるのではないかと考え、検証しました。

その結果、「レンバチニブ」を先に投与して、血管を塞ぐ治療を行った方が、患者の生存期間がおよそ1.8倍延びたほか、完治した人もいたということです。

延命どころか、完治した人もいるというのですからすごい話しですよね、「レンバチニブ」っていう薬。

レンバチニブとはどんながん治療薬?

固形がんは手術で切除しなければ完治しない、抗がん剤ですべてのがん細胞を死滅させることは出来ないとされています。

レンバチニブで完治したということは、この薬のみで、手術をせずに癌が死滅ってことなのでしょうか?

もしかして、術前に投与した後に手術をしたということ?何だかよく分かりませんね。気になったので「レンバチニブ」とはどんな薬なのか調べてみました。

レンバチニブは、エーザイが開発したマルチキナーゼ阻害薬であり、様々ながんの治療に用いられ得る。VEGFR2キナーゼおよびVEGFR3キナーゼを阻害する。商品名レンビマ。開発コードE7080。 放射性ヨウ素による治療に抵抗性の甲状腺癌の治療薬として希少疾病用医薬品に指定されている。

引用:ウィキペディア

レンバチニブは根治切除不能な甲状腺癌のために開発された治療薬なのでしょうか?ウィキペディアの説明では難しくてよく理解できず(汗)そこで、もう少し調べてみると、こんな説明に行きあたりました。

レンバチニブ療法:ソラフェニブと同様の治療効果を有し、2018年に保険承認された、内服薬による全身化学療法で、ソラフェニブと同様、手術やラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法の対象とならない多発がんや肝臓外への転移がある場合に対象となります。1日1回の服薬を継続します。レンバチニブもソラフェニブと同様の、血管新生を阻害する分子標的薬で、高血圧や浮腫、出血、手・足の粘膜障害などの副作用に対する注意が必要です

引用:肝臓がんの内科治療、治験・臨床試験|肝臓がん|がん研有明病院

こちらには「分子標的薬」とありますが、抗がん剤との違いとして、こちらの記事が参考になります。

化学療法は、抗がん剤を用いてがん細胞を殺傷する治療ですが、がん細胞だけでなく、正常な細胞にも影響が及びやすく、副作用が大きい傾向があります。

分子標的薬は、がん細胞に多く見られたり、がんの増殖に関係したりする分子(タンパク質など)に標的を定めて開発された薬剤です。

引用:がん薬物療法とは(抗がん剤、分子標的薬など) - がんを学ぶ

これまでに書かれたことを自分なりにまとめると、レンバチニブとは、もともと甲状腺がんに適応があった分子標的薬で、切除不能な肝がんに対しても適応追加されたということです。

おわりに/ボクは「レンバチニブ」に命の希望をつなぐことが出来るのか?

冒頭のニュース記事によると、研究発表した近畿大学医学部・工藤正俊主任教授が「本当に悪いところが1つもない治療法。欠点がない治療法」とコメントしています。

ちなみに本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断されてから9ヶ月と8日目。

同時に「最長1年」というがんの余命宣告も受けているため、暦から逆算すると、ボクの寿命は残すところあと『2ヶ月と23日』ということになります。

今回たまたま目にした肝がん治療法ですが、おそらく癌の再発から9ヶ月も治療を放置していることで手術不能になっているであろうと思われるボクにとって、これは何かの暗示なのか?と感じました。

まだ、ボクの癌の進行具合が肝臓に留まってくれていれば「レンバチニブ」に命の希望をつなぐことも出来そうですね!

あくまで、がんの治療が始められたら、という仮定の話しになるのですが…

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

▼関連記事

がんの貧血に苦しむなか、身内の兄への意見聴取との事後報告が…

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断されてから9ヶ月と6日目。同時に、「最長1年」というがんの余命宣告も受けているため、暦から逆算すると、ボクの寿命は残すところあと『2ヶ月と24日』ということになります。兎に角、「がんの進行=貧血」と思わされるくらいに目まいがひどく、なかなか頭すら上げていられない生活を余儀なくされています。昨日も、そんな感じで大切な1日が終わろ...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記