ゆうらり Happy Smile
もしも癌になったら医師に聞いておくべきポイントは?最低限知っておくべき8つのこと

もしも癌になったら医師に聞いておくべきポイントは?最低限知っておくべき8つのこと

がんブログ
2019/08/02
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#がん医師 #癌医師 #癌医師に聞くこと #がん告知 #癌告知されたらやること #がん治療 #がんと診断されたら #癌になったら #癌ブログ #胃癌ブログゆうらり

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。

ある日にもしも突然「がん宣告」をされたら、あなたは医師に何を聞いておくべきか、わかりますか?

これまで癌はおろか、病気ひとつしたことがない健康自慢な人にとって「がん宣告」という、これほどショックを受ける瞬間は今まで経験したことがないかも知れません。

実際のボクもそうでした。40年近くも癌や大病とは無縁な人生を歩んできたところで突然の胃がん宣告。

医師から突然のがん宣告

がんを告げられた瞬間は、何をどうすれば良いのかさっぱりわからず、途方に暮れてしまった、というのが本当のところです。

スポンサードリンク

癌の告知をされたら治療を決める前に医師に聞いておくべきこと

癌の告知をされたら、治療を決める前に医師に何を聞いておくべきでしょうか?

これについては冒頭で書いたとおり、癌になる前から知っておいたほうが有益です。いろいろと調べてみたところ、もしもがんになったら…医師に聞いておくべきポイントとは?という、参考になる記事がありました。

この記事によると、「医師に確認しておくべきポイント」は次の8項目。なお、乳がんの場合を例に書かれています。

  1. 診断の内容は?
  2. その診断はどんな検査結果からわかるの?
  3. 現在の標準的な治療はどんなもの?
  4. 医師がすすめる治療法は?
  5. 治療法の選択肢はほかにある?
  6. 治療のメリット、デメリットは?
  7. 治療を決めるまでどのくらい時間的猶予がある?
  8. 長期的な治療の見通しは?

治療を決めるまで、どのくらいの時間的猶予があるのか?を確かめたうえで、自分にとって最善のがん治療を選択することになります。

通常の場合、がん告知の際はこちらから聞かなくても1~4までは医師から説明があるものと思われます。よって、とくに確認しておきたいのは5~8ということになりますね。

治療法の選択肢はほかにある?

医師がすすめる治療以外に、どんな治療が考えられるかを聞きましょう。

乳がんの病期(ステージ)によっては、選択肢の幅が狭まることもありますが、たとえば「乳房温存手術をすると、その後の治療はどうなるのか?」、逆に「切除術だとその後の治療はどうか?」などです。

治療のメリット、デメリットは?

医師がすすめる治療法と、ほかの治療法と比べてメリット、デメリットを比較検討しましょう。

それぞれの治療法にどのような効果があり、どのようなデメリット(副作用)があるかを聞きます。そうすることで、治療を選択する手がかりになり、何が大切か見えてきます。

治療を決めるまでどのくらい時間的猶予がある?

乳がん治療では、急がなければならない状態のことは、ほとんどありません。

手術は、どのくらい先まで待てるのかを聞いてみれば、時間的猶予(余裕)がわかります。たいてい告知から3~4か月は問題ありません。

がん治療の場合は、あとで後悔しないように、できるだけ情報を集めて、治療を決定することが大事。早く手術日を決めようとするのは、病院側の都合である場合も少なくありません。

長期的な治療の見通しは?

乳がんの治療はほとんどの場合、手術で終了ではありません。術後に、放射線治療、ホルモン療法、化学療法(抗がん剤、分子標的治療)、乳房再建などのいずれか、あるいは全部を組み合わせて行うことがほとんどです。

目前の手術のことだけでなく、術後の見通しや治療期間についても聞いておきましょう。


Advertisement

おわりに

「癌の診断を受けた病院=治療を行なう病院」とは限りません。癌の診断結果を元に、治療や手術実績の高い病院探しを始める場合もあるかと思います。また、セカンドオピニオンを受けるのも大切です。

しかし、それぞれの病院で、最低限のことはちゃんと医師に確認しておかないと、果たしてどの病院でのがん治療が自分にとって有効なのか比較のしようがありませんよね。

ボクの場合は残念ながら、胃がんの発見が遅かったことも関係して、治療の選択肢がほとんどありませんでした。

しかし、最初に胃がんの告知を受けた病院でそのまま治療を始めていたならば、今まで長く生きることは出来なかったかも知れないのです。

その意味においても、癌の告知をされたら治療を決める前に医師に何を聞いておくべきか?は自分の命の行く末を左右するほど重要なキーポイントです。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんブログ