ゆうらり Happy Smile
集英社スマホアプリ『TanZak(タンザク)』人気漫画の小説版がLINE風チャット形式で読めると話題!

集英社スマホアプリ『TanZak(タンザク)』人気漫画の小説版がLINE風チャット形式で読めると話題!

iPhoneの使い方-アプリなど
2019/08/02
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#tanzaku #タンザク #ベストセラー小説アプリ #小説アプリ #小説アプリ無料 #小説アプリおすすめ #スマホアプリ #スマホアプリおすすめ #チャットノベル

集英社が6月から“チャット形式”で小説を読むスマートフォン向けアプリ『TanZakタンザク)』の配信を始めましたが、小説をLINEのような形で読めるということで、若者を中心に大変な話題となっているそうです。

TanZak トップ画面

ちなみに、キャラクターの会話が横書きの短文で表示されるこの形式は「チャットノベル」と呼ばれ、海外でも利用者を増やしている分野だといいます。

従来のスタイルを覆す「小説の新しい読み方」として、今後も熱い視線が注がれていきそうです。

スポンサードリンク

このアプリで読める作品は、『銀魂』をはじめ「週刊少年ジャンプ」に掲載された人気漫画の小説版など、約80作品3500話以上にものぼります。また、『なんて素敵にジャパネスク』など往年のベストセラーも読めるほか、オリジナル新作など、いずれもプロの作家による作品が多数ラインナップされています。

TanZak 作品ラインナップ画面

特徴的なのが、小説を1話ごとに読ませるという「話読み」なところ。漫画では広まりつつある仕組みですが、小説ではとても珍しい形式ですよね。

TanZak チャットノベル形式の画面

また、キャラクターのセリフが「吹き出し」のような形で表示されているため、誰が何を言っているのかが分かりやすいです。それに加え、会話の間には画像やスタンプなどが入っているので、読んでいて飽きない仕組みになっています。

1話当たりの文字数は、だいたい3分程度で読める1200~2000字。すきま時間に読めるスマホの特性を生かしてますね。

冒頭の話は無料で公開されていて、続きはアプリ内の通貨「コイン」に課金することで読めます。ただし、時間の経過とともにコインは付与されていくため、使い方によっては毎日無料で読むことも可能です。

なお、想定する利用者層は、以前は紙の小説を読んでいたが、スマホの登場により読む機会が減った人を対象としているそうです。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
iPhoneの使い方-アプリなど