ゆうらり Happy Smile
【転職】35歳以上の転職はなぜ難しいのか?面接で落ちる人の共通点…(ニュースまとめ2019/8/7)

【転職】35歳以上の転職はなぜ難しいのか?面接で落ちる人の共通点…(ニュースまとめ2019/8/7)

仕事-転職-キャリアアップ
2019/08/07
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#35歳以上_転職 #35歳以上_転職_女性 #35歳以上_転職サイト #35歳以上_転職_厳しい #35歳以上_転職ニュース #35歳以上_正社員_転職 #転職活動_35歳以上 #転職ニュースまとめ #転職ブログ #キャリアアップ

転職

日本では昔から「転職は35歳まで」と言われてきました。少子化・高齢化社会にともなう人手不足が問題視されるようになってからでも依然として「35歳の壁」は高いようです。

35歳以上の転職はなぜ難しいのでしょうか?もしかすると、企業側に興味を持ってもらえないのは準備不足が原因で、これまで培ってきたスキルを十分に生かすことが出来ていないのかも知れません。

また、仮に書類選考を通過しても一次面接で落とされる人も多いのだとか。面接こそ、これまでの経験を生かせる格好の場だと思うのですが…これについては、35歳以上の転職、面接で落ちる人の共通点という記事にもなっています。

見事、書類選考を通過したとしましょう。さぁ、いよいよ面接です。面接に案内されるのは、採用基準の最低ラインはクリアしていて、企業側がその人物のキャリアや能力に興味を持っているからです。自信を持って面接に臨んでいいのですが、せっかく書類選考に通過したにも関わらず、あっさりと一次面接で採用見送りになる人がいます。初対面の人とでも感じよく話をすることができる。キャリアも十分。しっかりと企業研究もしている。それなのに、なぜか次の面接には呼ばれない……。一体なぜなのでしょうか。その原因は、ビジネスパーソンとしてのコミュケーションスキルの低さと準備不足にあるのではないかと僕は考えます。

現在は、面接の形式も多様化してきているようです。しっかりと事前準備をしたうえで柔軟な対応が求められているわけなんですね。

35才を超えると転職は途端に難しくなるというのが今までの常識でした。しかし、アベノミクスや人材不足時代の突入により、企業は「中堅社員」の獲得に必死になっています。本書は、著者の1万人を超える転職支援の経験から、30代40代が確実に転職するための実用的なノウハウを解説します。転職活動の準備から、求人情報の探し方、採用される履歴書や職務経歴書の書き方、面接トークの事例まで、あなたの転職活動をフルサポートします!

引用:Amazonより

スポンサードリンク

35歳以上の転職先、絶対見ておくべき点は

まず、企業情報を自分だけの力でつかむというのは、無理だと思ったほうがいいでしょう。上場企業なら『四季報』などで業績を調べることはできますが、『四季報』に載っている情報がすべてではない。そもそも未上場企業の情報は『四季報』などに掲載されていないケースがほとんどで、決算公告を怠っている企業も多いため、実情を知ることは難しいはずです。不確定な情報探しに労力を費やすのは、はっきり言って時間の無駄。だからこそ私は、企業情報収集は詳しい人に任せるのが一番だと思っています。その方法は主に3つ。1つ目は情報通の知人と親しくしておくこと。2つ目は転職クチコミサイトを利用すること。そして、3つ目はわれわれのような転職エージェントのプロを頼ることです。

35歳以上の転職先、絶対見ておくべき点は | PRESIDENT WOMAN

今はインターネットを通じてあらゆる情報が簡単に手に入るので、ある程度名前の知られた企業であれば大体のことは自分でリサーチできるはずです。とはいえ、創業から間もないベンチャーなどの場合は情報が限られて…

転職希望者の約8割がハラスメント被害を経験 対応方法1位は「退職した」、2位「我慢して自然消滅した」

ハラスメント被害の経験がある人にどのように解決したのか複数回答で聞くと、最も多かったのは「退職した」(42.9%)だった。2位には「我慢して自然消滅した」と「今も解決していない」が28.1%で並んだ。

ハラスメント被害者の多くが根本的な解決に至らず、泣き寝入りしたか、現在進行形で苦しんでいることがわかる。公的機関や弁護士といった専門知識をもつ人に相談したという人は、いずれも5%以下だった。


Advertisement

求職者のSNSチェックを代行するサービスが登場 1件2万円、採用リスクの高い人材を事前把握

HRRTは7月、企業の人事が行うSNSチェックを代行するサービス「MiKiWaMe」の提供をスタートした。

初期費用無料、1件2万円で依頼することができる。チェックの対象にはTwitterやFacebook、Instagram、だけでなくSnapchatやYouTubeも入っている。

ウェブ風評被害対策専門チームがSNSをチェック

ウェブの風評被害対策を専門に行っているチームが、これまでの知見を駆使してチェックするため、候補者の犯罪歴やトラブル歴など、自社では調べられなかった領域まで見ることができるとしている。弁護士が監修し、コンプライアンスを遵守した上で業務を遂行するという。

面接1回で内定が出たときに考えるべきポイント

転職活動といえば、1社について2~4回も面接を重ね、やっと内定を得られる印象をお持ちの方は多いはず。しかし最近、面接1回だけで即内定が出るケースが増えています。

早い段階で内定が得られることは、転職者にとって嬉しいことでしょう。しかしその半面、「このまま内定を受諾して良いのか?」「人手不足のブラック企業なのではないか?」など不安を持つかもしれません。そこで、面接1回で内定が出た場合、考えるべきポイントをお伝えしましょう。


Advertisement

▼あわせて読みたい

徹底的に“女の子を応援する”女子のためのプログラミング入門本が発売(ニュースまとめ 2019/8/2)

女の子たちよ、世界を変えろ。未来を広げるかもしれない1冊の本の話。――ソフトウェアエンジニアとして働く中で、鳥井さんご自身も「女の子を応援する」必要は感じますか?そうですね、まだまだ男性主体の業界ではあると思います。世の中はどんどん、プログラミングによって作られたツールで動くようになってきているのに、作る現場に女性がいないとそれだけ女性からの視点が抜け落ちてしまう、という要素はまずありますよね。私が...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
仕事-転職-キャリアアップ