ゆうらり Happy Smile
【体験談】妊娠中にがん発覚…「幸せに産んだ人」たちの知恵と方法は?

【体験談】妊娠中にがん発覚…「幸せに産んだ人」たちの知恵と方法は?

がんニュース
2019/08/10
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#女性のガン #女性の癌 #女性のがん #妊娠中の癌 #妊娠中のがん #妊娠中のがん治療 #妊娠中のがん治療ガイドライン #乳がんブログ #全身がん放射線治療 #がんニュースまとめ

女性の場合は、男性に比べると30歳代から50歳代前半のがん罹患率がやや上回っており、それに関しては「女性特有のがん」が多く発症する時期ともなぞられるようです。

子宮頸がんは30歳代後半~40歳代に多く発症することが知られるほか、女性の罹患率ナンバーワンの乳がんは30歳代~40歳代後半までにピークを迎えるとされます。

akachan

そして現在では「晩婚化」が影響して女性の初産も遅れる傾向にあり、このことが原因で妊娠中にがんが発覚する人の割合も徐々に増えてきています。

これについては、妊娠中にがん発覚…! それでも「幸せに産んだ人」たちの知恵と方法という記事にもなっており、ここで書かれている体験談が参考になると思います。

怜子さんは、その当時のことを振り返って、淡々とこう話してくれた。

「その大学病院で診察を受ける時に、『妊娠しているんですけど、妊娠を継続できますか?大丈夫ですか?』って最初に聞いたんです。そしたら『大丈夫でしょう』って。本当にほっとしました。

がんの大きさは、4cmくらいでステージはⅡA期だったと思います。転院後すぐに治療が始まって、乳房温存手術を受けた後、通院で抗がん剤治療をしました。抗がん剤治療の副作用で、髪の毛は2週間程度で抜けましたが、妊娠中はあまり副作用が出ないらしく、便秘と胸焼けくらいですかね。ただ、妊娠してから、ジャンクフードしか受け付けない体質になっちゃったみたいで(苦笑)。

とくに家庭料理みたいのがダメになりました。夫が料理してくれたりしたんですけど、それも食べられなくて、食べてたのはカップラーメンとかばかりです」

スポンサードリンク

室井佑月 乳がん手術「スンズローが結婚した!」と術後に驚きツイート

 ステージ1の乳がんであることを公表した、作家でタレントの室井佑月(49)が9日、右乳房の一部摘出手術を受けた。

 手術後の9日夜、ツイッターを連続投稿。「今はまだ病院よ。今朝、手術だったの」と報告。

室井佑月 乳がん手術「スンズローが結婚した!」と術後に驚きツイート/デイリースポーツ online

 ステージ1の乳がんであることを公表した、作家でタレントの室井佑月(49)が9日、右乳房の一部摘出手術を受けた。 手術後の9日夜、ツイッターを連続投稿。「今はまだ病院よ。今朝、手術だったの」と報告。ベッドの上で投稿しているようで、「さ、これからホラー小説を読むか、ホラー映画を観ます」「あたしが忙しくてあたふたしている時に、スンズローが結婚した! べつに知り合いとかいうんじゃないけど」と7日に滝川クリステルとの結婚を発表し、8日に入籍した自民党の小泉進次郎衆院議員の電撃婚に驚いたことをつづるなど、“らしい”投稿を続けている。

堀ちえみ がんと判明し「薬を全部ゴミ箱に投げ捨てた」

 2月4日にがんを告知され、同22日に舌の6割を切除し、太股の皮膚を移植して舌を再建する手術も受けた堀。手術を終えて一時帰宅した時には、がんとは分からずに通院していた当時の歯科で出された、口内炎の薬や、リウマチ科で出されたたくさんの薬を目にし、「それを見て耐えきれず、全部ゴミ箱に投げ捨てました」とやり場のない思いをぶつけたことを明かした。

 がんとの闘いは「痛み・悲しみ・絶望感・苦しみ・切なさ・無力感…」と試練の連続で、「転移や再発の怖さに独りで泣いた事も、幾度とありました」と打ち明けた。

堀ちえみ がんと判明し「薬を全部ゴミ箱に投げ捨てた」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2月に舌がん、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが9日、ブログを更新 - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)

樹木希林と加藤治子が通った…鹿児島の「がん放射線治療」病院とは

「UMSはがん治療専門のクリニックです。行っているのは放射線治療の一種で、植松医師は『四次元ピンポイント照射』と呼んでいます。

元々、がんの病巣に縦、横、斜めの角度から放射線を当てる『三次元照射』という手法があります。ところが患者さんの呼吸などの体の動きによって、腫瘍の位置も変化するのです。それを加味したうえで、放射線を当てるというのが、四次元ピンポイント照射なのです。

UMSに来院するのは、ほとんどが大学病院などでサジを投げられたような重度のがん患者さんです。口コミやネットでUMSの存在を知り、鹿児島までやってくるそうです」

樹木希林と加藤治子が通った…鹿児島の「がん放射線治療」病院とは(週刊現代) @gendai_biz

片や「全身がん」、片や「余命5ヵ月」。そう診断されても、笑い合い、前を向いて生き続けた二人の女性がいた。稀代の大女優たちの知られざる交遊から「いかに病と生きていくか」が見えてくる。

あわせて読みたい

健康食品ってなに?がんの治療に効果はあるのか。健康食品販売 社長ら逮捕ニュースから

健康食品は健康を維持するもので、病気の予防/治療では用いませんし、効果もありません。

つまり、今回の件では健康食品に関わらず、「がん細胞が自滅する」といった治療効果をうたうような表記をしてはいけません。よって今回シンゲンメディカル社の社長、専務を含む4名が逮捕されました。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース