ゆうらり Happy Smile
【なぜ?】カルビー「じゃがりこ」ファンサイトの会員になるためには試験合格が条件?!

【なぜ?】カルビー「じゃがりこ」ファンサイトの会員になるためには試験合格が条件?!

今日のエッセイ
2019/08/19
M
M
#じゃがりこ #じゃがりこ面接 #じゃがりこ画像 #じゃがりこ値段 #じゃがり校 #じゃがり校合格率 #じゃがり校ログイン #じゃがり校入試 #じゃがり校とは #じゃがり校入学試験問題

大阪土産 じゃがりこ たこ焼き味 ソースマヨ風味 洋菓子 スイーツ スナック

カルビーの人気スナック『じゃがりこ』のファンサイトは会員制になっています。しかも、会員になるには「入学試験」に合格しなければいけないのです。

普段から「じゃがりこ」が好きでよく食べているというのに、試験に落ちると会員になれないどころかサイトを覗くことも出来ない…。

なぜカルビーはじゃがりこファンの消費者に入学試験を課すのでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも企業が商品のコミュニティサイトをWeb上に設ける理由は?

Webサイトを閲覧する人

そもそも、企業が「じゃがりこ」のような人気商品やブランドのコミュニティ・サイトをWeb上に設ける理由はどのような目的があるのでしょうか?

当初は、インターネットの普及にともない、大規模な情報発信の場を構築することが目的でした。それによって、企業がマスメディアに匹敵する情報発信力を手にする可能性が期待されていたのだといいます。

スマホとSNSの利用が拡大、コミュニティ・サイトの存在意義が問われる時代に

スマートフォン

ところがその後、スマートフォンとSNSの利用が広がったことでコミュニティ・サイトの存在意義が問われることとなりました。

なぜなら、企業としてはコミュニティ・サイトをわざわざ作らなくてもSNSを活用することで多くの消費者とダイレクトにつながることができる時代になったからです。

カルビーのじゃがりこファンサイト『じゃがり校』はユーザー参加型の新製品開発の場として運営

だからと言って、未だにコミュニティ・サイトの運営を続ける企業は少なくありません。ただし、現在のコミュニティ・サイトでは今までとは違った役割を担うようになってきています。

今回の記事で取り上げたカルビーのじゃがりこファンサイト『じゃがり校』は、多数に向けた情報発信型のメディアとは違い、ユーザー参加型の新製品やプロモーション開発の場として活用されているのだそうです。

会員の入れ替え制度もある!「じゃがり校」の概要

あつまれ!とびだせ!じゃがり校 カルビー株式会社

じゃがりこのファンサイト『あつまれ!とびだせ!じゃがり校』は、お菓子メーカーのカルビーが運営するブランドコミュニティ・サイトです。開設は2007年ですから、約12年も運営を継続しているわけですね。

特徴的なのは、①入会にハードルを設けていることと②会員の入れ替え制度があることです。

さらに「じゃがり校」は学校の世界観を取り入れているのも特徴的なところ。サイトの会員となる新入生の募集は年1回とされており、入学試験のパスによって選抜された人だけが学生になれます。

学生としての期間は3年間で、それが終わると卒業を迎えます。学生の間は、企業とのやり取りや会員同士での密なコミュニケーションが可能なサイトとなっています。

「じゃがり校」に入学すればあなたも新商品開発に携われる!

「じゃがり校」では、カルビーの担当者が会員と一緒に商品開発に取り組みます。入学した学生たちは、じゃがりこの新商品の開発に授業の一環として参加する形となるのです。

その結果、じゃがりこでは2014年発売の『アスパラベーコン味』や2015年発売の『モッツァレラチーズトマト味』、2018年発売の『はちみつバター味』などの新商品開発につながり、その年の代表的なヒット商品が生まれるキッカケにもなりました。

今年6月24日に発売された期間限定商品『じゃがりこ チーズタッカルビ味』も「じゃがり校」発の新商品とされています。

じゃがりこファンのあなたもぜひ一度「じゃがり校」の入学試験にチャレンジしてみては?

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ