ゆうらり Happy Smile
癌になってからの「転職先」の探し方、そもそも転職はすべきなのか?(ページ1/3)

癌になってからの「転職先」の探し方、そもそも転職はすべきなのか?(ページ1/3)

仕事-転職-キャリアアップ
2019/08/21
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#癌転職 #がん転職 #癌患者転職 #がん転職面接 #転職病歴がん #がん転職言うタイミング既往歴 #がん仕事両立 #がん仕事復帰 #履歴書健康状態癌

調査データによると、癌を患った後に仕事を辞めて勤務先が変わった人、いわゆる「転職」したがん患者さんは約半数に上るのだそうです。

転職すべきかどうか癌になって人生の経路で悩む人

スポンサードリンク

癌を罹患した転職者が多い理由とは?

癌になって就職活動で悩む人

また、癌になった後もしっかりと受け入れる体制が整っている会社は、1000人以上の大手の会社が多いという結果も出ています。

癌を罹患した社員への対応はここ数年で変わりつつあると言われています。しかし、癌を罹患した人の転職する割合が多いというこのデータは、その理由として企業における理解や対応が未だに整っていない現状を指し示しているのだと言うことも出来るのです。

がん患者のほうに「仕事を辞めなきゃ」と考える人が多い現状も…

癌になったことが足かせとなるサラリーマン

ただしその一方で、過去にがん患者がいた会社などではその対応のノウハウがあることから、入院治療から通院治療に早期のうちに切り替わるようなことも知っていて、本人とのコミュニケーションを密にとっている現状があることも事実。

そのようなケースの場合には、体調がやや不安定でも、会社がそれにある程度理解を示してくれれば働き続けられるはずなのですが、むしろがん患者さんのほうに仕事を辞めなきゃと考える人が多いのだとか…。


Advertisement

どういう時に「転職」の決断を下すべきなのか?

癌になった社員を解雇しようとする企業

企業は「癌に罹患」したことだけを理由に社員を解雇することは出来ません。

しかし、実際は「辞めてほしい」と言われることもあり、がん患者向けの電話相談ではそういった相談が後を絶たないのだといいます。

企業側も心情としては続けさせてあげたいと思っても、癌を患ったことがきっかけで雇用形態や適用される社員制度、経営状況、職務内容といったものが本人の身体症状や働き方の希望に合わないケースは存在してしまうのです。

どうしても働き方の折り合いがつけられない場合は、転職ということも視野に置くことになるのでしょう。

実際のところ、どういう時に「転職」の決断を下すべきなのでしょうか?しかし、それは「最後の手段」に取っておくべきなのかも知れません。

なぜかと言えば、残念ながら現状では「がん経験者」、「がん治療中」という理由で不採用という判断を下す企業が少なくないことは紛れもない事実だからです。

また、せっかく転職したにもかかわらず、結果的に前の会社よりも条件が悪くなってしまったという人も多いと言われています。

内容紹介
がん患者が直面する経済的不安をどう解消すべきか。誰も教えてくれなかった、「お金・暮らし・仕事・気持ち」の備え方、乗り越え方。

★★★★★ がんと向き合う勇気と知恵が湧く
2019年2月27日
形式: 単行本Amazonで購入
重いテーマですが軽タッチでわかりやすく、多くの役立つ情報や知恵が載っていたので興味深く読みました。
がん告知されると、精神的なダメージは大きく、その後の治療、暮らし、家族、仕事、そしてお金の問題など、
将来への不安や悩みは尽きないと思います。
そんな不安への心の持ちようや暮らしとどう向き合っていくかを、作者自身や家族の経験、多くの体験者への
ヒアリングなどによる実例、医療関係者や支援団体への直撃取材、社会保障制度や各種支援制度の紹介等を交えて、
アドバイスしてくれています。最新情報も盛りだくさんです。
がんと向き合う勇気と知恵が湧いてくると思います。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています

引用:Amazonより

« 前へ
次へ »
1/3

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
仕事-転職-キャリアアップ