ゆうらり Happy Smile
【速報】GSOMIAとは?韓国が日本に軍事情報協定の更新せず破棄を通告

【速報】GSOMIAとは?韓国が日本に軍事情報協定の更新せず破棄を通告

News-政治-経済-事件系
2019/08/22
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M

ソウル聯合ニュースによると、韓国大統領府青瓦台は22日、日本との軍事情報に関する包括的保全協定GSOMIAジーソミア)を更新せず破棄することを決めたと発表しました。この協定の更新期限は今月24日となっており、どちらかが破棄を通告しない限りは1年間自動延長されることになっています。

なお、GSOMIAを巡っては、安全保障問題などを理由に日本政府が対韓輸出規制の強化に踏み切ったことから、韓国与党の一部などから破棄すべきとの声が上がっていました。

韓国の国旗

スポンサードリンク

韓国が破棄を発表した日本との軍事情報協定(GSOMIA)とは?

このたび韓国が更新拒絶と破棄を発表した日本との軍事情報協定、いわゆるGSOMIAジーソミア)とは一体どのような協定だったのでしょうか?

ざっくりとした説明になりますが、軍事情報に関する包括的保全協定、いわゆる GSOMIAジーソミア)とは、用語から説明しますと、英語表記 General Security of Military Information Agreement の略称。

内容としては、同盟国など親しい関係にある2国間や複数国の間で秘密の軍事情報を提供し合う際に、第三国への漏洩を防ぐため、さまざまなことを取り決めをする目的で結ぶ協定のことです。

日本はこれまでにアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、韓国は32カ国とこの協定を締結してきました。

軍事情報協定は、軍事技術のみならず戦術データや暗号情報、高度のシステム統合技術などが含まれ、有事の際の共同作戦に必要な情報が網羅されています。さらに、秘密情報活動で得られた情報も含まれるのだとか。

日本と韓国は、2016年11月23日に日韓秘密軍事情報保護協定に署名したのが最初となります。その後は1年毎に自動更新されることとなっており、協定破棄には更新3ヶ月前の通告が必要となっていました。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
News-政治-経済-事件系