あなたの興味を広げる話題を。

新潟県 中子の桜©Koichi_Hayakawa(Licensed under CC BY 4.0

千葉県弁護士会も2度の注意勧告、時期が来たので弁護士着手金詐欺を語ります

2019年08月24日
胃がん闘病記・日記

前ページの続きを。昨日は自分の体調がどうしようもなくなり、さすがに「死」というものを観念せざるを得ませんでした。

胃がん再発で余命2ヶ月まで追い込まれてようやく気付いた全ての原因

人について熱く語る熱血教師

ちなみに本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断されてからちょうど10ヶ月目。

同時に「最長1年」というがんの余命宣告も受けているため、暦から逆算すると、寿命は残すところあと『2ヶ月』ジャストにまで追い込まれたことになります。

キリの良い?ところでこの記事を書こうと思ったのは何かの巡り合わせなのでしょうか…。実は昨日あんなことがあったので僕自身ひと晩かけて考えたんです。

癌の余命宣告を受けてから10ヶ月間も治療を始められず、放置することになった「そもそもの原因」というものを…。

それは、ここ最近の「ある動き」を窺っていたところ、僕自身ようやく明確な結論付けに達することが出来た次第です。

「夜逃げ事件」をキッカケに出会った弁護士が諸悪の根源だった

2016年6月、突然の「夜逃げ事件」を起こされた僕は法的な責任追及をおこなうため、当時の顧問弁護士から紹介を受けた弁護士2名に事件の処理を依頼しました。

しかし、この弁護士らと出会ったことは、その後の僕の人生が滅茶苦茶になるキッカケとなったのです。そう、現在の僕がこんな苦しみを強いられるに至った諸悪の根源は、弁護士がそもそも全ての原因なのです。

依頼を受けた弁護士は最初の約1年間、事件の処理を放ったらかしにしました。こちらから事件処理の進捗状況を尋ねると「順調に進んでいる」と答えていたものの、途中から「すべて嘘だった」とメールで自ら白状してきたのです。

受任した弁護士から送られてきた業務懈怠の証拠メール

これに唖然とした僕は、さまざまな所に相談をおこないました(下の画像はその一例)。

弁護士の業務懈怠について相談した、ある弁護士からの回答メール

千葉県弁護士会が弁護士に注意勧告。しかし裁判を起こした時は生活が困窮する羽目に…

千葉県弁護士会 法律問題でお困りの際はご相談ください

最終的に身内の兄へも相談しました。そのうえで僕は弁護士らの管轄である千葉県弁護士会に苦情を申し入れたのです。付き添ってくれた兄に車で送り迎えしてもらい、弁護士会に対しこれまでの経緯が分かる証拠を全て提示したうえで弁護士の業務懈怠を説明しました。

弁護士会は、この2名の弁護士についてまだ年齢も若くて未熟としたうえで「あまりに酷い」と回答。懲戒請求をおこなうかと尋ねられました。

しかし、僕にとって一番大切なのは「夜逃げ事件」をいかにして解決に導くかということ。弁護士が事件を放ったらかしにしたせいでこの時までに2,000万円ほどの被害が発生していた事情もありました。弁護士に騙されたことで弁護士を切り替える機会すら失ってしまったのです。

結局、千葉県弁護士会と打合せした末に導き出された結論は「この弁護士らに最後まで仕事をさせること」でした。弁護士会はすぐに弁護士らに注意勧告をおこないました。

ただし、そうは言っても、このような弁護士をまともに動かすのは並大抵ではありませんでした。この当時は身内の兄も協力してくれ、弁護士に執拗な催促までしてくれましたが結局、裁判を起こすまでに半年も無駄な時間が過ぎ去りました。

結果的に、事件の処理を依頼してから裁判を起こすまで1年半もの間、弁護士は被害を食い止めようともしなかったのです。それによって、自分の貯金を切り崩しながら損害の補填に充てていた僕の生活は次第に困窮していく羽目になったことは言うまでもありません。

▼関連記事

【弁護士の選び方】千葉県で決して依頼してはいけない弁護士とは?(ページ2/3)

前のページに書いたとおり、一刻も早くがん治療が受けられるようボクのために動いてくれた友達ですが、ボクの「弁護士から一度も連絡が来てない」という言葉を聞いて『まさか!』と思ったことでしょう。そのだらしなさにはとても驚愕していました。その意味において、この弁護士。千葉県弁護士会の所属ですが、千葉県内で決して依頼してはいけない危険な弁護士と言えるのかも知れません。...

裁判を始めるも弁護士の不手際が続き1年半。その間に身内の兄との仲違いや胃がん再発まで…

裁判を起こしたのが2018年1月。それから1年半以上もかかっているのはなぜか?これも弁護士に原因があるのです。

事件の内容はそれほど難しいものではありません。会社から泥棒をはたらいた人間に対してお金を返せ、被害を出したことについての損害を償えと言ってるだけなんですから…。

ところが弁護士は何度も何度も書類を再提出。一回の再提出で1ヶ月が無駄になるのです。おまけに、何も計画を立てずに「小手先の芸」みたいな適当ぶり。それを相手側に悟られ、裁判の引き延ばしを図られるといった酷態を演じる有り様となっています。

身内の兄と仲違いすることになったのも、この弁護士がそもそもの原因なのです。こんな状況が続き、僕の生活がますます困窮していくと共に兄が疎遠になっていきました。

そして、昨年10月に胃がん再発。僕はますます窮地に追い込まれていくのです。

弁護士に身内へのがん治療の協力交渉をお願いするも10ヶ月が経過。千葉県弁護士会も2度目の注意勧告

僕に癌の再発を告知した主治医は、身内の協力を得て一刻も早く治療を始めるように言いました。しかし、その時に兄は僕からの連絡を予め着信拒否していることが分かりました。

そこでやむを得ず、兄のことを知っている弁護士にお願いして、裁判とは別の事として間に入ってもらうことになったのです。こんな事になったのは弁護士のせいでもありますからね。弁護士は僕の代わりに、一刻も早く治療を始められるよう身内へ説得の交渉を始めました。

しかし、それから10ヶ月が経過。まさかといった感じですよね。これには僕が一番驚いているのですから…。まさか、命に関わることはちゃんと一生懸命になってやってくれると信じていたんです。

ところが蓋を開けてみると、無意味無策なことの繰り返しで、事件の処理とやり方がまったく同じでした。そもそも何かやってくれているのかも分からない有り様で、寿命がとうとう2ヶ月の状況にまで追い込まれ、ピンチの状態…。

それで最近、千葉県弁護士会から2度目の注意勧告をしてもらったんですけどね…。

▼関連記事

千葉県弁護士会から弁護士に対し「2回目の注意勧告」がされました…(ページ2/3)

以前に、弁護士と知り合いが同伴のもとで身内の自宅に訪問したことを記事に書きました。再発した癌の余命宣告でずっと長いあいだ治療を始められず、一刻の猶予も許されないボクの体調を心配して説得に動いてくれた訳ですが、そのことを事後報告されたボクは、このブログ上で報告したのです。この件について事後報告してくれたのは知り合いでした。実は、弁護士からはその後、一度も連絡がありませんでした。信じられない話ですが…...

おわりに/僕は弁護士着手金詐欺に遭っています

実は、いつも弁護士には「いついつまでに」と期限を定めてお願いをしています。しかし、当然ながら、期限を守った試しがないのは言うまでもありません。

今回も、8月26日までに何とか話しを付けてくれと予めお願いしてあったんです。ところが、以前に記事で書いた頃からまったく連絡をよこさなくなった。信じられますか?!

▼関連記事

「エーッ?!」がん治療のために動いてくれた友達が驚愕【昨日の報告】(ページ1/3)

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。闘病記の更新が遅れてしまいました。すみません。ちなみに本日は胃がん再発の「転移性肝がん」と診断されてから9ヶ月と2週間。同時に「最長1年」というがんの余命宣告も受けているため、暦から逆算するとボクの寿命は残すところあと『2ヶ月と17日』ということになります。体調が悪すぎて、コツコツと書きためていた記事の更新しかできない状況でした。闘病記の更新となると、リアルタイムに...

そんな経緯を辿って、冒頭のほうに書いた通りここ最近、弁護士の「ある動き」を窺っていたのです。そして僕自身、ようやく明確な結論付けに達しました。

やっぱり僕は「弁護士詐欺に遭っていたんだ」と…。

今更ながらですが、どうしても僕には「人を信用したい」という気持ちが強くて、こんな状況に追い込まれても人を信じる気持ちは最後まで捨てずに行こうと思っていたんです。

普通にメールを送っても、弁護士からは何の返答や連絡が来なくなりました。ところが、「弁護士会」や「弁護士会の〇〇さん」という記載が入っていると必ず返信や電話をかけてくることが分かりました。

そもそも、依頼者のメールや連絡を無視するなど失礼な話しですが、こんなやり取りの様子をずっと観察して僕はもう結論を下すことにしました。「ずっと弁護士からは詐欺で騙されてきたんだな」と。今後はこれを前提に弁護士とは接していこうと…。

しかし、前のページに書いたとおり、自分はもう手遅れかと感じるほどにまで体調が悪化してしまいました。弁護士にはまんまとやられてしまった形で、このまま衰弱死を待つより仕方がないのかも知れません。

そんな気持ちもあって今回あらためて記事に書いた次第です。この弁護士の名前を明記することは法に抵触する可能性があるため差し控えますが、どうしてもお知りになりたい方は僕のブログを隅々までくまなく見渡して頂くことで分かるほか、僕にメールを頂ければ教えることも可能です。

また、読者さま一人一人のお力が今の僕にとって唯一の救いです。実は、以前に役所にメールして下さった読者さまの件も今進めているところです。ありがとうございますm(__)m

▼関連記事

警察、消防など溢れんばかりの数が押し寄せて大パニックになった!!

胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣(胃癌)が再発した転移性肝がんで余命宣告を受け、治療を放置してから5ヶ月18日目です。今回は、ご親切な読者の方へのお願いです。実は昨日、大パニックが起きました!!...

ですが、僕にはもう時間があまり残されていません。一人でも多くの方が協力して頂けることを望んでおります。

僕の望みは、一刻も早く身内の協力を得て、つらい再発がんの治療に挑むことです。

そのために弁護士や弁護士会へちゃんと動くように電話1本でも構いません。その他、この弁護士の代わりに動いて下さるという弁護士さんでも構いません。報道機関にタレ込むなど、どんな形でも皆さまのご協力を是非ともお待ちしております。

こうやっている間に、僕のような被害者が新たに生まれないことを祈って終わりにしたいと思います。

良い休日をお過ごし下さいませ。

love.

あわせて読みたい
« 前へ
次へ »
3/3
関連記事
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5925)
┣  胃がんブログ (264)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5585)
┣  酒場放浪記 (9)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (84)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (26)
がん のこと(ガン情報全般) (481)
┣  がんブログ (272)
┗  がんニュース (209)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (137)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (134)
おもしろグッズ (10)
今日のエッセイ (102)
ニュース・芸能・話題 (745)
┗  転職・キャリアアップ (19)
恋愛・人間関係 (30)
終活ブログ (10)
グルメ (71)
┣  低糖質レシピ (10)
┗  お酒の飲み方 (1)
胃切除後の食事・レシピ (669)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (73)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (215)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (176)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (27)
┗  ファッション (4)
iPhone の使い方・アプリなど (31)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (27)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (5)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)