ゆうらり Happy Smile
台風や大雨の時に知っておくと便利な「水のう」の作り方!トイレの逆流対策にもおすすめ!

台風や大雨の時に知っておくと便利な「水のう」の作り方!トイレの逆流対策にもおすすめ!

今日のエッセイ
2019/08/28
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#災害時の備えブログ #家庭で役立つ防災ブログ #水のう作り方 #水のう_作り方 #水のうとは #土のう代用 #トイレの逆流防止 #大雨の備え方ブログ #台風の備え方ブログ

九州で記録的大雨による豪雨被害が拡大し、福岡、佐賀、長崎に特別警報=2人死亡、84万人に避難指示-日本海に前線、大雨という記事にもなっています。

九州北部では28日、日本海に延びる前線の影響で猛烈な雨が降った。気象庁は同日午前5時50分に福岡、佐賀、長崎各県に対し大雨特別警報を発表、土砂災害や河川の氾濫などに最大級の警戒を呼び掛けた。記者会見した梶原靖司予報課長は、猛烈な雨は夕方まで降り続く可能性があると指摘し、「直ちに命を守るために最善の行動を取るように」と述べた。

大雨や豪雨の時は下水が逆流したり、トイレや風呂場、洗濯機の排水口などから水が噴き出ることがあります。

これは、下水道の水位が急上昇することが原因で、ひどい時には2階まで逆流することもあるといいます。危険信号は、「ゴポゴポ」といった異音が排水溝から聞こえてきた時に注意が必要です。

突然の大雨で、水の逆流などが発生して困ることがないようにするためにも、事前の備えとして知っておくと便利な方法をご紹介します。

スポンサードリンク

【家庭で役立つ防災】大雨や台風などの逆流対策には「水のう」が効果的!

国土交通省は、大雨や豪雨、台風など災害時の備えには、『家庭で役立つ防災』としてビニール袋に水を入れた「水のう」が有効と呼びかけています。

水のうの作り方

大雨の時など「トイレの逆流対策」としても効果的な『水のう』の作り方はいたって簡単。ビニール袋に水を入れるだけです!

一般財団法人「住宅金融普及協会」によると、40リットルや45リットル用の大きめなビニール袋が有効だといいます。

水は、半分程度(20リットル)入れ、残りの空気を袋から抜いて、口を固く締めることが大切です。また、ビニール袋の他には、プラスチック製のタンクなどでも代用可能だと言われています。

土のうがないときの代用として「水のう」は応用範囲が広くておすすめ

また、玄関からの浸水を防ぐためには、土のうがなくても、プランターやポリタンク、レジャーシート、水のうなどでも代用可能です。

さらに、床下収納からも浸水する可能性があったりします。その場合は、水のうなどの重いものでフタを塞ぐことで、軽減できるといいます。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ