ゆうらり Happy Smile
大切な「癌の根治手術」。事前準備として患者がやるべきことは?

大切な「癌の根治手術」。事前準備として患者がやるべきことは?

がんブログ
2019/08/29
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#タバコ喫煙率 #タバコ喫煙 #タバコ癌 #タバコ癌因果関係 #タバコ癌になる確率 #タバコ癌ブログ #タバコ癌リスク #がんリスク要因 #手術準備 #手術_準備するもの

癌を治すためには根治手術の成功が不可欠です。しかし、医師に手術を委ねて成功に導くためには、患者である我々が事前準備としてやるべきことをしっかり済ませておくことも大切なんですよね。

今回は、手術の前に必要な術前準備とはどのようなものがあるのか?について書いています。

スポンサードリンク

手術を成功に導くための大切な術前準備とは?

手術の日程が決まると、直前に精密検査を行なったり、全身麻酔や硬膜外麻酔についての説明を受けたり、何かとスケジュールが慌ただしくなっていきます。

また、仕事やプライベートな面でも、手術までにカタをつけたり、済ませておかなければならないことも出てくるかと思います。

▼関連記事

胃がんの審査腹腔鏡手術と全身麻酔の恐怖

すがる思いで臨んだ審査腹腔鏡手術約1ヶ月前に突然の胃がん宣告を受け、ガラリと人生が変わってしまったこの私。がんがわかった時には、すでに手遅れでした。» 前回の記事発覚した時、私の胃がんはかなり進行してしまっており、どこまで転移しているのかさえわからない状態。今後の治療が行なえる保証すらない窮地に立たされていたのです。たまたま、ひょんな思いつきでがんセンターのことを知り、かつ主治医や臨床試験に出会えた...

\チェック/

がんの告知をされたらすぐに禁煙を

タバコを喫煙する人

そんな、手術直前の忙しい中で何よりも大切な術前準備は、自身の体調管理なのではないでしょうか?これについては、手術の「成功」は何で決まる?大切な術前準備と術後管理という記事で参考になる説明がされています。

患者さん自身がおこなう準備として一番身近なことはまずタバコの喫煙をやめること、すなわち「禁煙」だと思います。これは、経験者の僕からも言いたいことで、がんの告知をされたらまず、タバコだけはすぐにやめたほうがいいです。

例えば、喫煙者にとっての禁煙は大切な術前準備です。喫煙者は、術後に肺炎などの重篤な呼吸器疾患を発症するリスクがありますし、創部感染(傷が膿む)のリスクも高くなります。早めに禁煙し、手術に備えていただかなければなりません。

アレン・カー (著), 阪本 章子 (翻訳)
★★★★☆ 776件のカスタマーレビュー
 ベストセラー1位  - カテゴリ たばこ・禁煙

★★★★★ 私はやめられましたが
2018年5月31日
形式: 新書Amazonで購入
私はやめられました。
この本はやめる際にその考え方を変えてくれるような文章が多いです。やめなきゃいけない、ではなくて、やめていいんだよ?と言うような。
本を読んだことでタバコの怖さを知り何が怖いかを考えさせられ、吸いたい気持ちは何故に起きるのかを理解できました。
私は多少ほかの補助が必要でした。禁煙パイプなどですね。けど、それらだけでは絶対に禁煙できず、この本がなければ今でも吸い続けていたと思います。
家族や知人におすすめしてみたところ、やや我の強い人たちなのでまったく効果はありませんでした。言いたいことはわかるけど〜と理屈をこねて結局やめる気も読む気もなかったんだと思いますので、やめたいのにやめられないという悲観と、素直な気持ちになれないようならこの本は効果がありません。
禁煙5年経ちますが、ふと吸ってみたくなる瞬間はあり、タバコとは本当に恐ろしいものだと思いました。
それでもこの本のおかげで禁煙は続けられそうで、私がもしもう一度吸ってしまうとしたら、余命幾ばくもないと判明することがあれば余興に、ぐらいですね。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています

引用:Amazonより

癌の手術後もタバコの喫煙を続けた場合のリスクとは?

癌の手術前に禁煙を決意した人

この記事で説明している他にも、喫煙のリスクはさまざまなものがあります。例えば、「腫瘍マーカー」もそのうちのひとつ。

術後は、定期的な経過観察の中で癌の再発をチェックしていくことになります。その際に、腫瘍マーカーの数値の動きを見ていくことは重要な要素のひとつですよね。

ところが、喫煙をすると腫瘍マーカーの数値に悪影響を及ぼすことがあるんです。癌の再発をチェックするうえで医師が正確な判断をする妨げになってしまう場合もありますから、早めの禁煙をおすすめします。

もちろん、癌の手術後に喫煙を続けると再発リスクも高くなりますから、その意味においても禁煙は大切です。

アレン・カー (著), 阪本 章子 (翻訳)
★★★★☆ 776件のカスタマーレビュー
 ベストセラー1位  - カテゴリ たばこ・禁煙

▼関連記事

胃がん手術後の「喫煙」が経過観察のうえで重大な支障をもたらす理由は?再発がん経験者の立場から語ります!

胃癌ブログ『ゆうらり』のMです。今回は、胃がんで胃を全摘した経験者の立場から、なぜタバコが良くないのか?「胃がんリスクと喫煙の関係」のうち、胃がん手術後の喫煙に焦点を絞って話しをしようと思います。...

その発想はなかった!タバコ・喫煙率と癌の因果関係や予防法は?男性のがんリスク要因が解明

Y染色体喪失と健康の関係を調べたところ、女性に比べて男性のがんリスクが高い理由が明らかになったそうです。ちなみに、Y染色体とはヒトの性別を決める「性染色体」のひとつ。Y染色体についての説明は、Y染色体の不思議な進化を探るという記事が参考になります。性染色体のペアが「XY」であれば男性になるわけですが、Y染色体が減っている人ほど、がんのリスクが上昇することが明らかにされたとのことです。ということは、Y染色体...

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんブログ