あなたの興味を広げる話題を。

新潟県 中子の桜©Koichi_Hayakawa(Licensed under CC BY 4.0

【レビュー】あなたの人生を変えるビジネス本!キャリアアップのおすすめ2選!

2019年09月01日
転職・キャリアアップ

あのSHOWROOMの社長・前田裕二氏(32)が、著書『メモの魔力』の中で、これまで自らも実践してきたという「メモを取ること」の大切さを説いていることがさまざまな方面から共感を呼び、話題にもなっています。

今回は、キャリアアップに是非ともおすすめしたいビジネス本をご紹介します。

仕事の出来るキャリアウーマン

「課題解決にメモほど優れたツールはない」SHOWROOM前田裕二社長の流儀

ビジネスやキャリアアップで大切なメモに取る習慣

SHOWROOM前田社長は新たな発想作りのために「メモを取ること」をどのような方法で実践しているのでしょうか?これについては、「課題解決にメモほど優れたツールはない」SHOWROOM前田裕二社長の流儀という記事にもなっています。

 メモを「すごく取り始めた」のは小学校高学年。その頃は比較的シンプルなメモだったが、大学生の頃に確立した現在の形式は、ノート見開きに縦割りで三つのゾーンを設けたものだ。

 左から右へ、まずは「ファクト(事実)」。自分が少なからず興味深いと思った事実や感情を記す。続いてそれを、他の分野にも応用可能な気づきを得るために「抽象化」する。最後がその抽象化した内容をアイデアに落とし込む「転用」。

 たとえば、(1)宣伝担当者から「チラシに飴をつけると、大阪では東京の3倍受け取ってくれる」という「ファクト(事実)」を聞いて、メモする。(2)それを「大阪人は、東京人よりも直接的で目に見えるメリットの訴求に弱い」と抽象化する。(3)「同様の現象がないか、自社の地域別データを調べてみる」と転用する、という流れだ。

「メモを取る行為を通じて、このプロセスを自分の中に沁み込ませることが、知的生産性を上げるうえで役に立つんです」

『メモの魔力 The Magic of Memos』

>>271件のカスタマーレビュー(Amazon)

★★★★★ タスク管理がうまくいかない人必見。意外ですが解決策はココにあり。
2018年12月25日
形式: Kindle版Amazonで購入
「メモの魔力」はタスク管理の本ではありませんが、タスクに対する取り組み方が大幅に改善出来たのでレビューします。

結論からいうと「事実」「抽象化」「転用」が大活躍するよ。

個人的な使い方として感想を書かせていただきます。

本書とは直接関係が無いけど、個人的にGTDタスク管理システムで仕事を管理しているので補足になるかもと想い購入しました。

結果補足というよりは、根本原理みたいになりました。

どういうことかというと、今まで「ゴミ」メモだと思っていたメモがお金に変わる経験をし、一段階レベルアップすることが出来ました。

簡単に紹介します。
僕が実践しているGTDシステムでは気になることをどんどん「inbox」に放り込んで、あとでどうするかを決めるんです。

そのあとでどうするか決めることを処理(見極め)といって、一つ一つメモをみて「何だこれは?」と問い次の行動を決めます。

やることがあれば、「実行」するし、計画が必要なら「段取り」を作る。

その中で、扱いがわからず悩んでいた種類のメモが大量にあって、いつもそれを「ゴミ」として捨てていました。

「ゴミ」といっても本を読んで感じた感想とか、仕事をしていて感じた何気ないことです。

例えば先日Twitterで見かけたもので、GIF動画で絵を書き上げる過程を早送りで5秒程度にまとめたものがあって。

それをみて書いたメモが
「レイヤーごとに完成させるとうまくなるのかな」
というメモです。これがInboxに「年賀状を買う」というタスクと一緒にあるわけです。

「年賀状」は買ってきました。

しかし「レイヤーごとに完成させるとうまくなるのかな」という感想メモはどうしたらいいのかわからず、放置していました。

いつもならそのままゴミです。

この「ゴミ」メモが速攻でお金に変わったことです。

本を読んでから、試しにどんな小さいことでもメモしておこうと想い、大量にメモを残しました。

あとで「何だこれは?」と見返したときに、「ゴミ」として捨ててしまう前に、抽象化しようと想い一旦考えました。

具体的には書きませんが、「ふわっ」と思いついてたアイデアをメモし、ちょこっと仕事をしたら偶然にも一つ問題が解消されてしまいました。

実際に成果にも影響を出しているので、ゴミがお金に変わった瞬間でした。

解決策はすでに頭の中にあったんでしょうけど、それを引き出す方法や形にする方法は言葉で説明するのは難しいです。

それをだれでも実行できるレベルに落とし込んだフォーマットが「事実」「抽象化」「転用」のステップです。

実際に実践してみて実感できることだと思います。

ふとしたアイデアをがむしゃらにメモして気づいたら対策が形になり、実行して「よかった」と思えたときがその瞬間でしょう。

そしてどんなタスク管理システムを紹介する本にも書かれていない著者前田さんの熱量がこの本の価値だと思います。

「ゴミ」になりがちなメモが生まれ変わることを知っている前田さんが、文脈に熱量を載せて読者に訴えかける。

熱量が伝わるから、私も一度「やってみよう」と思う読者がたくさん現れる。

なんであなたがたくさん「やってみよう」と思う人が現れたことを知っているんだ?と聞かれたら、理由は次の通りです。

Amazonでモレスキンを検索したら「よく一緒に購入されています欄」に「モレスキン ラージサイズノート」とあわせて「ロルバーン」のメモが表示されていたからです。

これは著書の中でも紹介されている前田さんの愛用ノートセットです。

書籍発売翌日の12/25の時点でもうそれです。

私はGTDを実践する上で、補足になるかもと想い購入しましたが、GTDで誰しもうまくいかないポイントを解決させる手段にもなりました。

また理解を深めるべく改めて前田さんの紹介する方法でメモをとっています。

GTD関係なく素直に前田さんのメモ術を素直に実践したほうが実感を得やすいはずです。

また完全に真似をしなくても私のように、自分のワークフローに補足する形でも必ずプラスになるはずです。

「メモ魔」になることで、やった人にだけ得られる報酬が多そうです。

メモがお金になるという極端な紹介をしましたが、実践すると本当にメモが価値あるものに変わるはずです。

おすすめです。

メリットばかり言いましたが、デメリットも。

著者前田さんがモレスキンを愛用されているので、ついついモレスキンが欲しくなりますがモレスキンは高すぎて気軽に買えません。
私の経験上、あまり背伸びしていいノートを買ってしまうとメモを厳選してしまい漏れが生じます。

すると感じた気づきを記録しきれず、残るのは中途半端に体裁の整った言葉ばかりになります。

手に入りやすい大学ノートや、裏紙にメモするくらいのほうがどうでもいいことでもガシガシかける気がします。

まずは自分がストレスなく書き込めるノートを選ぶことをおすすめいたします。

357人のお客様がこれが役に立ったと考えています

引用:Amazonより

内容紹介
いま最も注目される起業家・前田裕二による渾身のメモ術!

・メモで、目にする情報全てをアイデアに変える
・メモで、本当の自分を見つめ直す
・メモで、夢をかなえる
◎メモの魔力を手にした時、あなたは、何者にでもなれる。

〔巻末付録〕自分を知るための【自己分析1000問】

“僕にとってメモとは、生き方そのものです。
メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。
メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。
メモによって夢を持ち、熱が生まれる。
その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。
誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いてない
「本当のメモの世界」へ、ようこそ"
(「序章『メモの魔力』を持てば世界に敵はいない」より)

「新たな発想をするために特別なことをする
必要はない。すべてのヒントは日常の中にある。
前田裕二がメモをとる姿をみているとそう思う」秋元康推薦! !

引用:Amazonより

ひろゆきが語る「1%の抜け道に気づく成功者」

成功した人は、才能があるとか優秀だとか言われますけど、スタートの時点では、ほかの一般人と同じですよね。それがある日、レディー・ガガはプロデューサーに見いだされて大スターになり、ビル・ゲイツはIBMと契約してOSを卸したことで大成功への足がかりができたりする。

でも、そもそもレディー・ガガはなぜそのプロデューサーと接点があったのか? 20代の若者だったビル・ゲイツはなぜIBMにOSを卸すことができたのか? 大抵の成功談は、この肝心な最初のステップアップのところが端折られているんですよ。

著者のアレックスは、その端折られた部分を成功者たちにじかに聞いてまわって、それぞれの体験を引き出していくところが珍しいし、面白く読みました。

『サードドア 精神的資産のふやし方』

 Amazon ベストセラー1位   - カテゴリ イギリス・アメリカのエッセー・随筆

>>21件のカスタマーレビュー

★★★★★ 挑戦の過程にこそ意味がある
2019年8月19日
形式: Kindle版
書店でチラッと見かけて気になったので、kindleで購入。
この著者Alex Banayanに関する前知識が全くない状態で読み始めてしまったけど
それでよかったんだと思う。展開を知らないからこそ、最後までワクワクもハラハラもしながら、一気に読了!
まるで文芸作品のように感動するシーンもあって、小説読みとしても嬉しかった。

Alexが誰もが知る著名人にインタビューしたいと願い、知恵を絞りながら、
決して人任せや運頼みではなくあらゆる方法を模索し、ときに(だいぶん)失敗しながらも少しずつ成果を出していく姿に
ぐいぐいと引き込まれました。
この挑戦は過程にこそ意味があリ、インタビューの成否やその内容自体が答えではない。サブタイトルの「精神的資産の増やし方」が語っていますね。
読み終えてカタルシスや具体的なスキルを得るというよりも、イチ社会人(もしくは学生にもよさそう)の自分を重ねながら
「なるほどこういうやり方があるのか」や「あのときああすればよかったのかも」という様々な気付き、内省を与えてくれる本だと思います。
だから自分の状況に変化があった際に再読すると、引っかかるポイントは変わってくるんだろうなあ。
そういう意味で、初めて読了したhotな状態で感想を、、と思いレビューを残しました。

読みながら、読み終えても、
自分にとっての「第三のドア」はなんだろう、まだまだ開けられるのかも?という、
一見爽やか(笑)だけど、深い深い問いをもらいました。
うん、とりあえずエリオットのようなメンターが欲しい。探そう。
(あ、でもすでに存在してくれているので、あとは行動するのみなんだよな、、、)

湧き出る問いに向き合いつつ、今後のAlexの人生にも興味あり。ハリウッド映画化しそうだなあ。

43人のお客様がこれが役に立ったと考えています

引用:Amazonより

内容紹介
「あなたはどうやってキャリアを踏み出したのか――」
18歳の大学生が、ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、
米国各界の著名人に次々と突撃インタビュー!

いつだって、そこにある「成功への抜け道」
何者でもない自分の、何者かになる物語。

★セレブ珠玉の名言が満載! 20歳のときに知っておきたい「連敗の必勝法」
★自分の小さな殻を破りたい人のための、「第1歩の踏み出し方」
★全米話題! 「自分らしい人生のはじめ方」をめぐる大学生の冒険成長物語!
★ジェットコースター級の超エンタテインメント、笑いあり涙ありのドタバタ劇!
★年齢や立場を超えて訴えかけてくる、現代人の普遍的な生きる姿が描かれる!

ビル・ゲイツ、マヤ・アンジェロウ、スティーブ・ウォズニアック、
ジェシカ・アルバ、ピットブル、ティム・フェリス、クインシー・ジョーンズ、
ジェーン・グドール、ラリー・キングなど、そうそうたる面々にインタビューをした著者は、
彼らの人生の始まりには、共通のカギがあることに気づく。

彼らはみな、サードドアをくぐりぬけて成功を収めたのだ。

【サードドアとは】

人生、ビジネス、成功。

どれもナイトクラブみたいなものだ。
つねに3つの入り口が用意されている。

ファーストドア:
正面入り口だ。長い行列が弧を描いて続き、入れるかどうか
気をもみながら、99%の人がそこに並ぶ。

セカンドドア:
VIP専用入り口だ。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが
利用できる。

それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。
サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして
窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先に─―
必ずある。

ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、
スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで
史上最年少の監督になれたのも、……みんな、
サードドアをこじ開けたからなんだ。

【推薦の言葉】

冒険、ドラマ、すばらしい教訓が詰まっている。企業幹部も、大学を出たばかり
の人も、きっとインスピレーションと知恵を得られるはずだ。
─アリアナ・ハフィントン

笑って、泣いて、まるで感情のジェットコースターに乗っているよう。とにかく
興奮しっぱなしだった。

─エリアンナ・ムリリョ

どんなビジネス書とも違う。希望、喜び、野心、自己発見が詰まった、笑えてゾ
クゾクする本だ。時には著者に声援を送り、時には涙が滴り落ちる。この本を読
んで私は、人生を謳歌したくなった。
─マヤ・ワトソン・バンクス

引用:Amazonより

関連記事
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5925)
┣  胃がんブログ (264)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5585)
┣  酒場放浪記 (9)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (84)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (26)
がん のこと(ガン情報全般) (481)
┣  がんブログ (272)
┗  がんニュース (209)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (137)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (134)
おもしろグッズ (10)
今日のエッセイ (102)
ニュース・芸能・話題 (745)
┗  転職・キャリアアップ (19)
恋愛・人間関係 (30)
終活ブログ (10)
グルメ (71)
┣  低糖質レシピ (10)
┗  お酒の飲み方 (1)
胃切除後の食事・レシピ (669)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (73)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (215)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (176)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (27)
┗  ファッション (4)
iPhone の使い方・アプリなど (31)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (27)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (5)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)