ゆうらり Happy Smile
胃がん闘病記をしばらく?お休みします~9月のおついたちを迎えて

胃がん闘病記をしばらく?お休みします~9月のおついたちを迎えて

胃がん闘病記-日記
2019/09/02
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #胃がん再発ブログ #転移性肝がん #胃がん再発 #胃がん転移ブログ #がん終末期ブログ #転移性肝がんブログ #がん余命宣告ブログ #胃癌ブログゆうらり

胃癌ブログ『ゆうらり』管理人のMです。昨日は、普通に迎えてはならない「9月のおついたち」が来てしまいました。

そして本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断され、癌の余命宣告を受けてから10ヶ月と9日目。

また、「最長1年」という癌の余命宣告について、暦から逆算すると寿命は残すところあと『1ヶ月と3週間』となりました。

体調のことや弁護士のこと。その他にも書きたいことは山ほどあるのだけれど、内容が複雑過ぎてどれをどの程度書いて良いものかさっぱり見当がつかないので、思いついたポイントだけをかいつまんでつづっていきます。

お知らせ

スポンサードリンク

情報操作?弁護士の悪い評判を探しても見つけることが出来ないのはなぜ?!

似顔絵2

人間の能力というものはよほど器用でない限りいつも同じはずで、内容によって仕事振りが違うということにはならないものです。

僕は、今の弁護士に仕事(事件の法的処理)を依頼した結果、放ったらかしにされ、莫大な被害を受けたことで現在の生活が困窮した状況に陥りました。

僕自身は何か特別なことをした訳でなく、弁護士に依頼したら自然とこうなったんです。ということは、この弁護士に依頼すると皆んなが窮地に陥いるのではないのでしょうか?

しかし、弁護士の悪業や悪い評判って、ネットで調べてもなかなか出て来ませんよね。それは何故でしょうか?何か情報操作でも行なっているのか?

実は、弁護士もバカではないんですよね。仕事ぶりが0点(依頼された仕事をまったくやらない)だとさすがに処分されますが、20点とか50点とかいう風に、仕事を適当にやってさえいれば(これを不完全履行という)なかなか取り締まるのが難しいと分かっているんです。

こんなことを続けているうちに、依頼者は泣き寝入りするしかなくなります。そして、僕のように悪事を騒ぎ立てることも出来ずに闇に葬られてしまうのでしょう。

無駄死にするくらいなら騒ぎ立てるほうが良い

似顔絵1

最近、2ちゃんねるやニコニコの元管理人で、現在は英語圏最大の掲示板サイト『4chan』の管理人を務める西村博之氏が書いたブラック校則を変えるには、ネットで騒げばいい/ひろゆきという記事を読みました。

 世の中にはよくわからないルールがあって、それを直していくことは、国会に限らず社会ではよくあることです。だから、例えば、生徒が生徒総会なりで議案を出して、議論をして校則を変えることができるのなら、おかしな校則をいくら作ってもいいと思うのですよ。

 ただ、そう簡単に変えることは難しいので、明らかにひどい校則があるのに変更不可能な場合は、ネットで騒いだり、メディアに垂れ込んだりするといいんですよね。

この記事を読んでなるほどなぁと思いました。僕はこのまま無駄死にするのだけは避けようと思い、騒ぎ立てることにしたんです。現在、弁護士とのやり取りを日弁連や弁護士会、法務省、報道機関等にリークしています。

これによって僕が間もなく途中で死んでしまったとしても、弁護士と身内の兄が原因だったことが明らかとなるわけです。

とくに、兄の場合は、僕のことを故意に(不作為という形で)死なせようという殺意を表明していて、友人が音声記録を録ってあります。最悪の場合は不作為殺人に問われることでしょう。

▼関連記事

がんの貧血に苦しむなか、身内の兄への意見聴取との事後報告が…

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断されてから9ヶ月と6日目。同時に、「最長1年」というがんの余命宣告も受けているため、暦から逆算すると、ボクの寿命は残すところあと『2ヶ月と24日』ということになります。兎に角、「がんの進行=貧血」と思わされるくらいに目まいがひどく、なかなか頭すら上げていられない生活を余儀なくされています。昨日も、そんな感じで大切な1日が終わろ...

「胃がん闘病記」はしばらくお休みします

弁護士を信じ、この命を委ねて約10ヶ月。結局、裁判をしている事件の法的処理と同じく無為無策のまま、もうすぐでタイムリミットを迎えようとしています。

体調もいよいよ危険領域に差し掛かり、食料も尽きようとしておりますが、恥ずかしながら既に買い足しに行く体力もお金も残っていません。

ですから、今後もこの胃がん闘病記を書き続けていくことは、ネガティブな内容にしかならないものと思います。果たしてそんな記事を誰が読みたがるのでしょうか?きっと、人が苦しむのを喜ぶ一部のメンヘラくらいなはずです。

よって、この記事を以って胃がん闘病記はしばらくお休みさせて頂くことにします。気が変わればすぐ再開することもあるかも知れませんけどね…。

しかし、僕の寿命も残り2ヶ月を切りましたから、たぶんもう再開はないかも(汗)

本日も素敵な1日をお過ごし下さいませ。

love.

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記