ゆうらり Happy Smile
【二科展2019まとめ】偽装不倫で好演中、田中道子「二科展」初出展&初入選の快挙達成!

【二科展2019まとめ】偽装不倫で好演中、田中道子「二科展」初出展&初入選の快挙達成!

芸能
2019/09/09
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#二科展 #二科展とは #二科展入選者作品 #二科展入選者 #二科展入選者名前 #二科展2019 #田中道子 #二科展_田中道子 #若月佑美 #画家_山本真矢

ミス・ワールド2013の日本代表で、女優の田中道子さん(30)が、東京・六本木の国立新美術館で開催中の展覧会『第104回二科展』で絵画部門に初出展&初入選する快挙を達成しました。

スポンサードリンク

世界も認めた“9頭身美女”が芸術の分野でも新たな才能開花「(二科展入選に)自然と涙がにじみました」

日本洋画の革新と創造を目指して1914年(大正3年)にスタートした二科展。今回は、絵画部門に公募で全国の秀作2473点が出展され、入選者は686人。田中はその1人となりました。今回の快挙については、田中道子「二科展」初出展初入選「すごく嬉しい」弧高のライオンイメージという記事にもなっています。

第104回 二科展で初出展&初入選の快挙を果たした田中道子さん


出典:
田中道子「二科展」初出展初入選
「すごく嬉しい」弧高のライオンイメージ
(https://www.musicvoice.jp/news/201909090128318/)

国立新美術館を初めて訪れ、自身が出展した油絵『枯れぬ夢』が展示されている様子を見た田中は「すごくうれしいです!」と喜び、「入選したと聞いたときはまったく信じられず自然と涙が滲み出てきて頑張った甲斐がありました」と頬を緩ませた。

二級建築士の資格を持つ田中さんは、地元の静岡文化芸術大で建築学を学び、デッサンの授業を通じて絵画に興味を持ったとされます。学生時代から独学で油絵を学んだそうで、そのプロ級の腕前はテレビでも紹介され話題となりました。

ちなみに今回の出品作は、芸能界に立ち向かう自分を孤高の雌ライオンに投影させた『枯れぬ夢』。「偽装不倫」の撮影の合間を縫いながら4ヶ月かけて完成したそうです。「自分が見ていて気持ちが良い絵」「光が見える何か」をテーマに、自宅の風呂場でセリフを覚えながら描いたといいます。

田中さんは「入選を聞いたときは信じられなくて自然と涙がにじみました」と感激した様子をコメントに残しています。また、今回は規約では1番小さい50号サイズ(1167ミリ×910ミリ)で出展したことについて「来年はもっと大きいサイズで挑戦したい」と、2年連続入選に意欲を見せました。

田中道子(たなか・みちこ)さんの略歴

田中道子さんは1989年8月24日生まれの30歳で静岡県出身。『ミス・ワールド2013』の日本代表となり、インドネシアで行われた世界大会でベスト30になりました。2016年放送のテレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』で女優デビューを果たし、その後も18年のNHK大河ドラマ『西郷どん』など話題作に出演。趣味は楽器演奏(ピアノ、ハープ)やゲーム。特技はテニス、スキューバダイビング。172センチ。

▼関連記事

【第104回 二科展】2019 入選者:山本真矢さん、注目の若手女性画家をピックアップ!

9月4日(水)から16日(月・祝)に東京・国立新美術館で開催される『第104回二科展』(主催:公益社団法人二科会)ですが、帯広出身の新進気鋭アーティストで画家の山本真矢さん(26)が前回に続いて絵画部門の入選を果たしました。なお、同部門にはお笑いタレントで知られるエド・はるみさんも入選しています。今回は、二科展についておさらいをしつつ、注目される若手実力派の女性画家・山本真矢さんをピックアップしてご紹介したいと...

元・乃木坂46 若月佑美、二科展8年連続入選「正直悩みました」と語った意味は?

アイドルグループ・乃木坂46を昨年11月に卒業した若月佑美さんの作品が4日から開幕の美術展『第104回 二科展』で入選を果たしたことがわかりました。若月さんは、自由テーマ・ポスター部門(A部門)での入選となり、8年連続。乃木坂の卒業後は初めてとなります。...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
芸能