ゆうらり Happy Smile
【動画あり】池江璃花子が白血病の治療ですがる『手かざし療法』内容は「隠れるな隠れるな…」

【動画あり】池江璃花子が白血病の治療ですがる『手かざし療法』内容は「隠れるな隠れるな…」

がんブログ
2019/09/10
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#池江璃花子 #なべおさみ手かざし療法 #池江璃花子白血病 #池江璃花子病状 #手かざし療法とは #池江璃花子写真 #白血病ブログ #血液のがん #池江璃花子民間療法 #池江璃花子手かざし療法

白血病で闘病中の女子競泳選手・池江璃花子さん(19)が、なべおさみさんの家を頻繁に訪れていることが話題となっています。その理由というのは、「手かざし療法」と呼ばれる民間療法を受けているというのです。これについては以前の記事でも取り上げました。

▼関連記事

白血病の池江璃花子、民間療法「手かざし療法」を受けているとの報道に心配の声…どんな効果が?!

「血液のがん」と言われる白血病で闘病中の女子競泳選手・池江璃花子さん(19)が、今年2月に白血病を公表してから初めて公の場に姿を現したことを記事に取り上げました。【池江璃花子まとめニュース】池江璃花子 白血病公表後、初の公の場に登場!白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子さん(19)が6日、東京辰巳国際水泳場で開幕した日本学生選手権の観戦に訪れました。在学中の日本大を応援している様子がマスメディアによって...

有名人が「民間療法」と呼ばれる科学的根拠に基づかない療法を受けていることはたびたび報じられ、心配する声もあがります。

「手かざし療法」というのはいったい、どのようなものでしょうか?

池江選手が受けているという「手かざし」の具体的な様子を説明する動画が公開されていましたのでご紹介します。

スポンサードリンク

なべおさみの著書による「手かざし」民間療法の施術例

なべおさみさんの家を頻繁に訪れ「手かざし療法」を受けていると報道された池江璃花子選手ですが、手かざしは民間療法の1つとされています。

あまり聞き慣れないこの治療法は、2015年に出版されたなべさんの著書によると、施術の際に手をかざしながら、「よーし、見つけたぞ、隠れるな隠れるな」「こっちにおいで。私の中で仲良く生きよう。大丈夫殺しゃしないさ、さあおいで!」などと相手の体に語りかけるそうです。

その結果、相手の「病の気」が移り、病気をなべさんが引き継ぐのだと綴られています。

★★★★★ 本物の日本の男とは?……を考えさせられる。
2016年1月30日
形式: 単行本
明大替え玉事件を境に表舞台から消えて26年。70代後半になった著者だが“昭和最後の語り部”回顧録を期待して読むと、その多彩さと深さに面食らうだろう。◆第3章…1974年の日航機ハイジャック事件に遭遇した話は、一気に読ませる疾走感。極限に置かれた時、人は何を思いどう動くか?死と隣り合わせの機内で、生き残るため「共に戦ってくれる人はいませんか?」と訴えた時、手を上げた人とは?「俺を一番先に脱出させてくれぇ!」と泣き叫んだのは?◆ライターによる聞き書きでは、こんな生々しい阿鼻叫喚は書けないだろう。フィクションだったら、ヒーローは同乗のイケメン・中条きよしの方だろうな……。「本物」とは?と考えさせられる真実の報告書。◆第2章…落合博満の「ここだけの話」に五木ひろしが唇をかんだ。王貞治からの電話、ジャンボ尾崎の気づき……エピソードのキラキラ光る点と点をつないだ延長線上に、極限の日航機内で手を上げた無名の人たちがいる。そのつなぎ方を若い日に予言の様に教えてくれた森重久弥は第1章。◆点描の中に著者の琴線に触れた宝の言葉が隠され、後でそれと分かる。仕掛けに気づくか否かは読者に委ねられていて、試されていると感じる。◆読後に思う。さて一番の『怪物』とは?……イケメンでないことだけは確かだ。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています

引用:Amazonより

手かざし療法の様子を説明するYouTube動画

また、YouTube動画でも手かざし療法の様子が公開されていました。

池江璃花子が頼る「手かざし」内容は「隠れるな隠れるな…」
出典:
池江璃花子が頼る「手かざし」内容は「隠れるな隠れるな…」

まとめ

素人目にも明らかだと思われますが、手かざし療法の効果について、医療関係者は誰もが「ない」と断言しています。

しかし、手かざし療法には科学的な効果が認められないものの、手をかざすだけなら毒にもならず、精神的な安定が得られるケースもあると言う人もいるのだとか。

果たしてそうでしょうか。明らかにマインドコントロールのようにも見えます。これによって標準治療を疎かにしたり、自己の意思形成に悪影響を及ぼす危険性があるようにも思える気がするのですが…。

さらに、このような「施術」によっていくらお金を支払っているのかも気になるところではあります。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんブログ