あなたの興味を広げる話題を。

新潟県 中子の桜©Koichi_Hayakawa(Licensed under CC BY 4.0

【保存版】「危ない!発がん性食品」の基礎知識、週刊誌のゴシップネタに踊らされない方法!

2019年09月11日
がんブログ

「この食品には発がん性物質あり!」など、“食の癌リスク”をあおるネットニュースやメディア情報が溢れていますよね。でも、その「発がん性」について、正しい意味を知っていますか?

「発がん性物質」報道のカラクリとは?

加工食品

「あなたの食卓には発がん性物質が溢れています」

ネットや週刊誌などには、こんな言葉がしばしば登場しています。「発がん性」という言葉にドキッ!とすると、そうした食品を避けたくなるのが消費者の人情というものですよね。癌を実際に患った僕なんかは、なおさらそんな気持ちにさせられます。

実際のところ、「発がん性=危険」とは限らないのだそうです。たったひとつの情報だけで不安に踊らされることのないように、基本知識を持っておきたいものですよね。

2015年10月、世界保健機関(WHO)の研究組織である国際がん研究機関(IARC)が、ハムやソーセージなどの加工肉を「発がん性ありのグループ1」、牛や豚などの肉類(レッドミート、鶏肉は除く)を「おそらく発がん性ありのグループ2A」にすると発表しました。

発がん性分類

実は、新聞や週刊誌、テレビやネットの多くはこの情報を参考にして「発がん性分類の5段階で危険度が一番高いハム・ソーセージ」とか、「5段階のうちでリスクが一番高いハム・ソーセージ」などと報じているんです。

報道でハム・ソーセージが売り上げ減

加工肉

危険度やリスクが一番高いと聞けば、誰だって不安になるもの。案の定、流通最大手のイオンでは、その年のお歳暮で贈答品のハム・ソーセージの売り上げが約3割も落ちたと言われています。

ところが、この5段階の分類は、グループ1(発がん性がある)、グループ2A(おそらく発がん性がある)、2B(発がん性があるかもしれない)、グループ3(発がん性と分類できない)、グループ4(発がん性がない)の順番に出てくるものの、決して危険度やリスクが高い順番に並んでいるわけではないのです。

正確に捉えるならば、「発がん性の証拠の確かさ」の順番に並んでいる、ということになります。

発がん性物質のダイオキシンとアルコールは同じ仲間?グループ分けの意味

喫煙者と受動喫煙

では、具体的に内容を見てみましょう。

例えば、グループ1には猛毒のダイオキシンや重金属のヒ素やカドミウム、喫煙、放射線、加工肉、アルコールなどが含まれます。

ダイオキシン、ハム・ソーセージ、アルコールがなぜ同じ仲間として分類されているのでしょうか?これをご覧になった方は、「エーッ?なぜ?!」と思うかも知れません。

これだけでも、危ない順番でないことはお分かり頂けるはずです。

なぜ同じグループなのか?それは、単に人や動物の実験で「がんになる可能性の証拠が十分に揃っている」という意味に過ぎません。だからといって、証拠があるから健康に被害をもたらすとは限りません。同じものを食べてもがんになる人とそうでない人がいることからも明らかです。

▼関連記事

よくある6つの質問に【がんの専門医が回答】飲酒 タバコ 睡眠不足は癌につながる?スッキリしました

癌の発症リスクを高めるとされる「飲酒」や「タバコ」、「睡眠不足」など。みんなが知りたいのが、本当にこれらはがんにつながるのか?ということだと思います。このような疑問について、睡眠不足は「がん」につながる? 主治医がよく聞かれる6つの質問という記事が興味深いことを書いています。この記事に書かれている質問は、以下の6つ。(1) お酒を飲むと、どんながんのリスクがありますか?(2) 十分な睡眠が取れません。睡眠不足...

がんリスクを考えるうえで肝心なのは食べる「量」

大食いは癌リスクを高める

結局、人の健康に悪影響を及ぼすかどうかは、その物質を体内にどれだけ取り入れるか?という「量」で決まるのです。健康危害の有無は、「量」次第ということなんですね。

ハムやソーセージを毎日大量に食べれば、さすがに発がんリスクは高くなります。しかし、少量であれば問題はないのです。アルコールも同じことが言えますよね。たとえ「発がん性」というべき証拠があるからといって、それが絶対に危ないというわけではないのだ、ということになります。

ところが、今も頻繁に「ポテトチップスなどに含まれるアクリルアミド(接着剤などの原料、グループ2A)は発がん性があり、危ない」とか「ハムなどに含まれる発色剤が食品中の物質と反応して発がん性物質に変わり、危ない」といった報道が一部週刊誌などで後を絶ちません。

これらの報道に共通して言えるのは、たいていの場合、肝心な「量」の説明が出てこないことです。

アルコール好きの人は、少量なら大丈夫と思って飲んでいるはずで、まさか「発がん性物質を毎日飲んでいる」とは思っていないわけです。

▼関連記事

【保存版】低カロリーなお酒の選び方まとめ!オススメのお酒6選!

カロリーの高いお酒は、健康に悪影響を及ぼすだけでなく、砂糖によって二日酔いの症状がより強く出ることの原因でもあります。今回は、せっかくの楽しいお酒を低カロリーでよりヘルシーに嗜むための基礎知識をご紹介していきます!...

まとめ

添加物食品

以上で述べたように冷静な考えを持ったとしても、話しが農薬や添加物などの合成化学物質になると吹っ飛んでしまうようですから不思議なものですよね。

グループ分類は、あくまで潜在的な危険性の証拠を並べたもの。そのような基本知識をもって週刊誌などの記事で一喜一憂しないようにしましょう。

▼関連記事

癌の予防にもつながるコーヒーの飲み方「適量」は1日何杯にすべき?

前回、コーヒーなどの効能についてつづった記事をご紹介しました。コーヒーには癌の予防に大切とされる抗酸化作用を挙げ、インスリン感受性の改善にもなるとしています。食いしん坊にオススメの「大豆食品」は乳がん予防法に効果的?味噌汁とコーヒー、緑茶も - がん研究センター国立がん研究センターが、「女性の場合、大豆製品を種類多く摂取する人ほど、そうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞といった循環器疾患のリスクが34...

ダマされるな!健康なはずの果汁100%飲料に「がんリスク?」糖分は砂糖入り飲料とほぼ同等…

健康志向な人には欠かせないであろうと思われる『果汁100%のフルーツ・ジュース』。実は、がん発症リスクとの関係で安心できない飲み物だったことが分かったそうです。驚きですね。...

あわせて読みたい
関連記事
未分類 (0)
シン・胃がん闘病記 (0)
胃がん(ブログ、闘病記録、胃癌ニュース、私の症状など胃ガン情報全般) (5925)
┣  胃がんブログ (264)
┣  よりぬき 胃がんブログ (16)
┣  胃がん闘病記・日記 (5585)
┣  酒場放浪記 (9)
┣  胃がん手術後の食事記録 (6)
┣  胃切除後の料理など (35)
┗  がん治療のクラウドファンディング (10)
胃がん History (84)
┣  ステージ3B 多発性高度リンパ節転移胃癌 (57)
┗  胃がん再発「転移性肝がん」で余命宣告 (26)
がん のこと(ガン情報全般) (481)
┣  がんブログ (272)
┗  がんニュース (209)
胃がん 障害年金ブログ (71)
┣  障害年金 - 準備編 (23)
┣  障害年金 - 審査から年金受給まで (12)
┣  障害年金 - 審査請求・不服申立 (26)
┗  障害年金 - 再審査請求 (10)
Amazon (ニュース、お得なセール情報など) (137)
┣  Amazonセール (2)
┗  📱kindleセール (134)
おもしろグッズ (10)
今日のエッセイ (102)
ニュース・芸能・話題 (745)
┗  転職・キャリアアップ (19)
恋愛・人間関係 (30)
終活ブログ (10)
グルメ (71)
┣  低糖質レシピ (10)
┗  お酒の飲み方 (1)
胃切除後の食事・レシピ (669)
┣  ご飯・おかゆ・和食 (174)
┣  おかず (139)
┣  味噌汁・スープ (73)
┣  カレー関係 (66)
┣  パン・洋食 (63)
┣  麺類 (112)
┗  その他、簡単レシピなど (39)
ブログ (215)
┣  FC2ブログ・便利ワザ・アイテム・HTML・SEO対策など (176)
┣  Google Adsense (アドセンス) (8)
┣  趣味や将棋のこと (27)
┗  ファッション (4)
iPhone の使い方・アプリなど (31)
司法書士 (26)
┣  仕事・実務や登記のこと (1)
┗  事件ファイル (25)
COLLECTION (27)
┣  家電 (11)
┣  ホーム&キッチン (4)
┣  ビューティー&ケア (5)
┣  QOLの改善&ヘルスケア (2)
┗  お酒 (5)