ゆうらり Happy Smile
癌の腹膜播種を乗り越える唯一の方法(ページ2/3)

癌の腹膜播種を乗り越える唯一の方法(ページ2/3)

胃がん闘病記-日記
2019/09/11
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がんブログ #胃がん闘病記 #胃がん再発ブログ #転移性肝がん #がん終末期ブログ #胃がん転移ブログ #転移性肝がんブログ #胃癌ブログゆうらり #がん余命宣告ブログ #がん腹膜播種画像

本日は、胃がん再発の「転移性肝がん」と診断され、癌の余命宣告を受けてから10ヶ月と18日が経過。また、「最長1年」という癌の余命宣告について、暦から逆算すると寿命は残すところあと『1ヶ月と12日』ということになります。

僕にとって、癌の腹膜播種を乗り越える唯一の方法とは一体どのようなものでしょうか?

善意の心と悪魔の心の狭間で心揺れるポンコツ人間

スポンサードリンク

唯一の解決策は弁護士から兄へ説得のうえ一刻も早く主治医に連絡すること

今の苦境を乗り越える唯一の解決策は、弁護士が身内の兄を1日も早く説得して身の回りの不安材料を解消すること。そして、一刻も早く主治医に連絡をしたうえで、再発がんの治療をはじめることなのです。

さすがに弁護士も危機感を持ってくれているようです。日曜日くらいから連続して身内の兄にメールや電話をしまくっているそうです。メールに関しては僕のほうにも転送されてきています。

弁護士から身内の兄への督促メール

Googleの技術って本当に凄いですよね!

ちなみに、こちらのメールが送信されたのは今日の11時前半。そして、兄のほうはメールが届いてからすかさずチェックしているとの通知がGoogleから送られてきています。

Googleの技術って凄いですよね。僕も実際に試してみた(自分にメールを送って)のですが、メールをただ開いただけでなく、画面をスクロールし始まった段階を確認してから「メールが読まれましたよ」という通知が送られてきているのです。

Gmailの開封通知

今、こうやってブログを書いている最中でもGoogleから続々と通知が送られてきています。何度も何度も同じ文章を読み返していることがわかります。

善意の心と悪魔の心の狭間で心揺れるポンコツ人間

善意と悪意の心の狭間で、彼の心が揺れ動いているのでしょうか?

▼関連記事

【がん治療の障害】他人になりすました身内の兄から悪質メールが送信、公開します!

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。先ほど、このブログのメールフォーム経由で身内の兄から他人になりすました悪質メールが送られてきました。おそらく、送信者の所に「ゆうらりって何?」という名前を付ければわからないと思ったのでしょう。ところが、兄の連絡先については、こちら側にすべて登録されているので、送信元の情報が表示されるのですよね。当然の話しですが…。送られてきたメールはかなり悪質な内容で、ボクのこ...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
胃がん闘病記-日記