ゆうらり Happy Smile
【悲報】松田聖子の現在…娘・神田沙也加の死に憔悴「私のせい」「私のせい」「私のせい」自責の念に駆られていた

【悲報】松田聖子の現在…娘・神田沙也加の死に憔悴「私のせい」「私のせい」「私のせい」自責の念に駆られていた

今日のエッセイ
2022/01/10 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#神田沙也加 #前山剛久 #小島みゆ #神田沙也加遺書 #神田沙也加インスタ #神田沙也加Twitter #神田沙也加死因 #松田聖子 #文春砲 #2chまとめ
1: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:43:08.45 _USER9

並々ならぬ努力と行動力で、結婚もキャリアも、欲しいものはすべて手に入れてきたとされる聖子を襲った人生最大の悲劇。愛娘について、7年以上も無言を貫いてきた聖子の胸中と本当の母娘関係──。

松田聖子 画像 まつだせいこ 歌手 シンガーソングライター 似顔絵 イラスト女優・神田沙也加さん(享年35)の突然の死からちょうど2週間経った、昨年の大晦日。母・松田聖子は、初霜がおりたかのように白くふくらんだ菊のつぼみがあふれる祭壇から、片時も離れることはなかったという。

学校の入学式、卒業式、結婚式、沙也加さんの人生の節目には、いつも不在だった聖子が肩を震わせながら抱くのは、ピンク色の布で覆われた骨壺だった。

スポーツニッポン東京最終版12月22日付-神田沙也加-松田聖子-神田正輝
出典:【画像】松田聖子 スポニチ東京最終版12月22日付 - Yahoo!ショッピングより

新年を迎えた現在も、聖子は憔悴しきっているという。

関係者-アイコン-画像

「歌うなんてもってのほかで、愛犬の散歩どころかひとりで外出もできない状態です。話している最中にふいに涙を流したり、立っていることができず、その場にうずくまってしまうこともあるそうです」(聖子の知人)

立つこともままならない聖子が、ただひとつ夫のAさんにお願いしたことがある。それは、「供花を買ってきてほしい」ということだった。

関係者-アイコン-画像

「聖子さんのリクエストでAさんが真っ白な洋菊の花束を買ってきて、家の中の祭壇に供えています。聖子さんはその祭壇から離れようとせず、花が大好きだった沙也加ちゃんにずっと話しかけています」(前出・聖子の知人)

これまで何度も母娘の間の決裂が報じられた聖子と沙也加さん。断絶と雪解けを折り重ねた2人だが、聖子は沙也加さんのお骨を抱きながらこう繰り返しているという。「ぜんぶ私のせい」──。

神田沙也加(かんださやか)-画像-イラスト-似顔絵-女優、歌手、声優

1997年に聖子が神田正輝(71才)と離婚すると、都内の私立小学校に通っていた沙也加さんは東京を離れ中学から千葉県内の私立中学校に進学。その後、聖子は6才年下の歯科医と再婚し、1999年に渡米した。沙也加さんはロスの日本人学校に入学したが、2000年、聖子の2度目の離婚を前に日本に戻り、千葉県内の中学校に復学した。多感な時期に、恋多き母のおかげで環境の変化を余儀なくされた沙也加さん。しかも聖子の娘ということで目をつけられ、私立中学の寮では壮絶ないじめにあった。

SAYAKA-神田沙也加-画像-週間ヤングジャンプ-2002年6・7合併号特別付録生写真
出典:【画像】SAYAKA 週間ヤングジャンプ 2002年6・7合併号特別付録生写真 - Yahoo!ショッピングより

2002年、15才で沙也加さんはSAYAKAとして歌手デビューした。だが周囲から「親の七光り」との視線を浴びて、偉大なる母の束縛から逃れることはできなかった。

そんななかで迎えた突然の別れ。母娘の長い物語の予想もしない結末に、聖子は自責の念に駆られているという。

関係者-アイコン-画像

「聖子さんと沙也加さんは決して憎しみあっていたのではなく、お互いの存在が大きかったので距離が必要だっただけです。聖子さんとしては、娘にくっつきすぎるとまた離れるので、適度な距離を取っていればまたいつか戻ってくるとの思いでした。それがこんな結末になってしまい、『私のせいだ』『私がもっとしっかりしていれば』と自分を責める毎日です」(前出・聖子の知人)

引用:松田聖子「私のせい」と憔悴 断絶と雪解けを繰り返した沙也加さんとの関係|NEWSポストセブン

上記リンクより、一部抜粋。全文はソースでご覧ください

5: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:44:43.16
親としてやるべき事は刑事告訴だと思います。

578: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 17:13:20.40
>>5
本当だよ
泣いている場合じゃないよ、聖子ちゃん
娘に向けられた残虐な言葉の刃の罪を立件するのが娘の最大の供養
泣くのはそのあと

33: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:48:00.75
>>5
告訴してほしいけど出来るのかな?

122: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:52:04.38
>>33
前○剛○が自○に追い込んだ
https://dotup.org/uploda/dotup.org2692877.jpg

185: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:54:45.98
>>122
下の松田聖子の姿見るの辛いわぁ

235: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:56:51.34
>>122
聖子は「私のせい」って言ってるぞ

294: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:58:51.98
>>235
なんもしてないやん母親w
空気だったやんw

50: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:49:15.60
次の文春がどうなるかでまた騒ぎや

56: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:49:23.39
あの前山の記事は見たのかね‪‥‬

97: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:48.41
>>56
見るまでも無く両親はもう全部分かってるでしょ

82: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:12.88
紅白に出演させようとしたNHK

83: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:15.60
産まれてすぐにテレビや週刊誌に撮られて死後も焼いてすぐの○壷入った箱を撮られる
皇族でもこんなプライバシー0なことある?

91: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:40.10
精神不安定の土台を作った自覚はあるんだな

92: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:43.50
沙也加さんが子供産んだりして、またよくもわるくも母親に対して違う気持ちになったり紆余曲折を経て色々な母子関係になったんだろうなと思うし聖子も思ってたんだろうな
悲しいな

123: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:52:11.65
>>92
お祖母ちゃんになった聖子ちゃんって見てみたかったな

99: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:50:53.23
約束するわママの命賭けてあなたのことを守ってゆくわそれがママにとって生きがいて 歌ってたもんね…

106: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:51:06.82
遺骨は聖子なんだな
なんか父親にはいかないの想像できる

120: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:51:58.69
うそ松
絶対嘘
後悔してるなら交際相手訴える自分ならね

148: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:53:08.47
>>120
まだ日が浅い
今は茫然自失だろう

126: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:52:20.29
ペラペラ喋る知人

311: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:59:44.39
>>126
知人がなぜここまで知ってる

139: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:52:51.10
「母親といっしょだ」は気にするよね

140: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:52:55.78

150: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:53:12.99
聖子ちゃんのせいではないと思うけど
母親として何で気づいてあげられなかったかみたいな思いはあるだろね
いつか傷が癒えますように

156: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:53:24.66
神田さんもひとりでいる時は憔悴してるんだろうなぁ…

191: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:54:58.61
6位 2022年 ★156スレ 神田沙也加(投身自○ 交際相手の前山剛久から自○の直前「○ね」「○ね」と連呼され罵倒される)

このネットタトゥーは大事

197: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:55:14.58
ナベプロのメディアへの圧力vs国民的歌姫母娘を応援するスレ民+権力への番犬として立ち向かう文春砲

勝利条件:前山逮捕
敗北条件:忘れ去られて、のうのうと暮らしている。

松田聖子さんは、今も外にも出られず、祭壇の前で遺骨を抱いてずっと泣いているようです。

204: 風吹けばゆうらり 2022/01/09(日) 16:55:27.52
節目に全部不在ってすごいよな

あわせて読みたい

現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
今日のエッセイ