ゆうらり Happy Smile
【閲覧注意】膿胸と胃がん術後の肝転移で激痩せした僕の身体と今後の治療

【閲覧注意】膿胸と胃がん術後の肝転移で激痩せした僕の身体と今後の治療

シン・胃がん闘病記
2023/06/04 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#肝転移 #肺炎 #膿胸 #肝臓がん #胃がん #余命宣告 #退院 #入院

僕の癌治療を妨げる肺炎は癌の進行によるものなのか?結局、胃がん術後の肝転移・再発と肺炎との関係が曖昧なまま一時退院したのだけれど、これはとんでもない甘い考えだったのかも知れません。

自宅に帰って来た僕は、友人が大量に差し入れしてくれた「お~いお茶」のペットボトルを一口飲んでひと息。ところが突然、吐き気を感じたためトイレへ駆け込み、そのまま吐いてしまったのでした。

それからは、地獄の日々(汗)何を口にしても吐いてしまう様になり、食事が出来なくなった原因もよく分かりませんでした。しかし、痛み止め薬に頼りながら、次の外来に向けて何とか準備を進めました。

その結果、激痩せ(グロ閲覧注意)が加速する事態に…

まずは、比較対象として胃がん術後3年目の沖縄旅行。確かに痩せてはいるものの、現在は桁違いとなっています。

沖縄旅行 激やせ前

膿胸と胃がん術後の肝転移で激痩せした僕の身体

病院で測った体重は40kgちょうど。これはヒドイ(汗)しかし、今日(6月4日)の時点では49.5kgまで回復していますのでご安心を…

胃がんの手術から6年目となる2018年に肝臓への再発・転移が発覚。しかし、当時は様々な問題を抱えていた関係で癌治療に専念する事が出来ず、いったん放置せざるを得ませんでした。

その後は約4年半にわたり、癌の進行と思われる症状で苦しみつつ、共存してきたものの、とうとう限界がやって来たのです。

重度の肺炎(膿胸というらしい)で呼吸困難となった僕は2023年3月26日に救急搬送され、4月28日までの1か月以上にわたる人生初の長期入院を経験。

5月16日には外来で再び病院を訪れますが、別の医師が担当し、主治医にお会いする事は出来ませんでした。前回は退院が無理矢理だったため、次回の入院については何故か渋々?オーダーしてくれました。

さらに2日ほど予定を早め、5月24日に再入院。抗がん剤治療を始める予定でしたが、医師からは思わぬ事を告げられる結果になりました。そして、僕に関する「胃がん術後 肝転移・再発」の治療法が明らかにされます。

現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
シン・胃がん闘病記