ゆうらり Happy Smile
【第104回 二科展】2019 入選者:山本真矢さん、注目の若手女性画家をピックアップ!

【第104回 二科展】2019 入選者:山本真矢さん、注目の若手女性画家をピックアップ!

今日のエッセイ
2019/09/04
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#二科展 #二科展とは #二科展入選者作品 #二科展入選者 #二科展入選者名前 #二科展2019 #シェル美術賞2018山本真矢 #二科展_山本真矢 #山本真矢 #画家_山本真矢

二科展(二科展 公式ホームページ)

9月4日(水)から16日(月・祝)に東京・国立新美術館で開催される『第104回二科展』(主催:公益社団法人二科会)ですが、帯広出身の新進気鋭アーティストで画家山本真矢さん(26)が前回に続いて絵画部門入選を果たしました。なお、同部門にはお笑いタレントで知られるエド・はるみさんも入選しています。

今回は、二科展についておさらいをしつつ、注目される若手実力派の女性画家・山本真矢さんをピックアップしてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「二科展」として知られる二科会とは?

工藤静香さんや石坂浩二さん、八代亜紀さん、雪村いづみさん、五月みどりさんなど、芸能人が多く出品していることでも知られる二科展ですが、そもそも二科展とはどのようなものでしょうか?

公益社団法人 二科会(にかかい)は、日本の美術家団体のひとつである。「二科展」で広く知られる。元文部科学省所管。引用:二科会 - Wikipedia

もともとは政府主催の展覧会だったんですね。大正初めには、画家の登竜門のひとつとして重要な存在になっていたそうです。

二科展に連続入選を果たした新進気鋭の若手アーティスト、女性画家の山本真矢さんのこと


今回ご紹介する東京都から選出の山本真矢やまもと まや)さんは、北海道・帯広市出身。前回(第103回)開催の二科展絵画部門でも入選を果たしたほか、若手作家の登竜門と言われている『シェル美術賞2018』に初めての応募で入選したことが注目されました。

そして、今年開催の第104回二科展でも絵画部門において連続入選若手実力派アーティストとして今後が期待されています。

©2019 山本真矢


【第104回 二科展】 F80 油絵 ©2019 山本真矢

【追記】第3回ホキ美術館大賞展(会期 11/22~3/2)で山本真矢さんが入選!

第3回 ホキ美術館大賞展 ©2019 山本真矢


第3回 ホキ美術館大賞展 ©2019 山本真矢

千葉県千葉市の写実を専門とする「ホキ美術館」で3年に1度開催される『第3回 ホキ美術館大賞展(会期 2019年11月22日から2020年3月2日まで)』において、山本真矢さんの作品が入選を果たしたそうです!こちらも要チェックですね!

山本さんがiPadのお絵描きアプリを使って即興で描いた絵の才能に感心!

僕の女友達に絵を描くのがとても上手な女性がいたのだけれど、彼女は以前から画家を目指して頑張っていることを聞かされていたので、陰ながらいつも応援していたんです。その人が山本真矢さんでした。

今回の『第104回二科展』絵画部門における連続入選を知った僕は嬉しくて山本さんへ久しぶりに連絡を取り、このブログでご紹介させてもらうことの了解を得た次第です。

実は以前にiPadのお絵描きアプリをインストールしたことがありまして…。絵を描くのが得意な山本さんに使い勝手を試してもらったことがあったんです。

山本真矢作『コロナビール』

その時に描いてもらったのがこちら。これは、たまたま僕が飲んでいたコロナビールの絵ですが、時間で言うと数十秒ほどの即興でささっと描かれたものです。

アプリの使い方もよく分からない状況でこの出来栄え。とても絵が上手でセンスあるなぁ…と感心した記憶が今でも残っています。

ゆうらりHappySmileの管理人Mが描いたイラスト

ちなみに、これは僕がその時に描いたもの。僕にも多少の絵心はあって、もう少し上手に描けるはずなのですが(汗)アプリの使い勝手がよく分からず、幼稚園児のような絵ですよね。これと比べると、山本さんの才能に僕がいかに驚いたかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

おわりに/山本真矢さんの今後のご活躍に注目!

山本さんの今後のご活躍が非常に楽しみです。数十年もしたら、上のコロナビールの絵はとても貴重なものになるかも知れませんね!

皆さんもぜひ山本真矢さんの応援・ご支援のほど宜しくお願いします♪僕も元気になったらサポートしていきたいと思います(^^)

山本さんの作品を間近で鑑賞できる『第104回二科展』は本日9月4日(水)から16日(月・祝)に東京・国立新美術館で開催されます。興味がおありの方は是非とも足を運んでみて下さい。

▼『美術の窓 5月号』に「編集部が選ぶ注目の新人」とのことで山本真矢さんが紹介されています!

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
今日のエッセイ