ゆうらり Happy Smile
どうして梅宮辰夫、最初のがん克服から38年後に癌が次々と襲ってきたのか?!分かった気がする【書き捨て御免】

どうして梅宮辰夫、最初のがん克服から38年後に癌が次々と襲ってきたのか?!分かった気がする【書き捨て御免】

がんブログ
2019/12/17
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#梅宮辰夫 #慢性腎不全 #睾丸がん #肺がん #胃がん #十二指腸乳頭部がん #前立腺がん #尿管がん #昭和の大スター #梅宮アンナ

梅宮辰夫
「梅宮辰夫の魚のさばき方」より


こんにちは! 癌ブロガーのM(@yulari_happy )です。


俳優・梅宮辰夫さん(享年81歳)が、12日の午前7時40分に慢性腎不全のため、神奈川県内の病院で死去されました。


梅宮さんは、6度にわたる癌で闘病しつつ、それを乗り越えてきました。がんの経験者(現在も罹患中)である僕から見ると、梅宮さんのがん闘病は途方もない苦労があったはずです。6度のガン闘病なんて、とても普通の人にはマネ出来ないと思いますヨ。


梅宮辰夫さんの訃報を受け、さまざまな有名人が梅宮さんに向けた追悼メッセージを発表していました。内容を読むと、どれも生前における梅宮さんの人柄が偲ばれるものばかりでした。


しかし、僕にはひとつだけ不快な気持ちを抱いたことがあります。それは、梅宮さんの娘・梅宮アンナさん(47歳)のことです。


梅宮辰夫さんの死後、娘であるアンナさんは父への追悼コメントを発表しました。それを読み、僕は梅宮アンナさんが嫌いになりました。

【6度の癌を克服】俳優・梅宮辰夫、死去 81歳 慢性じん不全のため

癌ブロガーのM(@yulari_happy )です。俳優の梅宮辰夫さん(81歳)が今朝7時40分、神奈川県内の病院で亡くなったとニュースで報じられました。直接的な死因は「慢性じん不全」とのことです。梅宮辰夫さんは東映のニューフェイスとしてデビュー。その後は俳優やタレントとして活躍する傍ら、実業家や料理家としても知られていました。 去年の9月に前立腺がん、さらに今年1月は尿管がんの手術を受けていた梅宮さん。また、2016年に...

スポンサードリンク

亡き父・梅宮辰夫へ向けた娘・アンナの追悼コメント全文

梅宮アンナ
「女は『ひとりの時間』に磨かれる」より


梅宮アンナさんは、父・梅宮辰夫さんが亡くなった同じ日に、自身がレギュラーを務める番組でコメントを発表しました。これについては、梅宮アンナ、梅宮辰夫さんについてコメント発表「梅宮辰夫を最期まで愛してくれてありがとうございます」という記事にもなっています。

 バラいろダンディをご覧の皆様、出演者の皆様、番組関係者の皆様。父・梅宮辰夫の為にお時間を頂きありがとうございます。

 父はテレビに出る事が何よりも生きがいで、そんな機会を与えてくれた皆様には感謝しかありません。梅宮辰夫を最後の最後まで梅宮辰夫でいさせてくれたのは、ほかでもないファンの方々や、共演して頂いた皆様あってのことと思っています。

 梅宮辰夫を最期まで愛してくれてありがとうございます。

 最後に、梅沢さんと父がバラいろダンディで共演してくれることをずっと夢見ていました。

 梅沢さん、今まで父を色々とフォローして頂きありがとうございました。梅沢さん、これからも元気で長生きして下さい。

 そして、バラいろダンディをご覧の皆様、共演者の皆様、スタッフの皆様、これからもよろしくお願いします。

 梅宮アンナ

人それぞれに受け取り方というのは千差万別ですけども、この、亡き父・梅宮辰夫さんへ向けた梅宮アンナさんの追悼コメント。何かおかしくないですか⁈


冒頭で「父・梅宮辰夫の為にお時間を頂き」と切り出しておきながら、梅宮辰夫さんのことを語っているようで実はまったく語っていないのです。


内容といえば、番組関係者や共演者にひたすら媚を売っているだけ。そして、結びには「バラいろダンディをご覧の皆様、共演者の皆様、スタッフの皆様、これからもよろしくお願いします。」だって(汗)


番組を観ている皆んなは、亡くなった梅宮辰夫さんの話しを少しでも多く知りたいワケです。それなのにコレ。いったい何なんでしょうか⁈明らかに「梅宮アンナ」という名前を宣伝することで終始していますよね…。


彼女はきっと、自分を売名する絶好のチャンスと考えたに違いないのだと思いました。

癌を克服して約38年。梅宮辰夫の身に突然ガンが襲ってきた一因は⁈

梅宮アンナ
「『みにくいあひるの子』だった私 電子書籍版」より


梅宮アンナさんに言いたいのは、なぜ梅宮辰夫さんへの謝罪っぽいコメントが少しもなかったのか?ということ。


なぜなら、梅宮辰夫さんが後年になってこれほど癌で苦しんだのは、よほど梅宮アンナさんへの心労が凄かったのでは⁈と思えてならないからです。

梅宮辰夫、がんの病歴

ここで今一度、癌を患った梅宮辰夫さんの病歴を振り返ってみたいと思います。


  • 1974年→睾丸(こうがん)がんを発症、左の肺に転移して肺がんとも診断される。

~約38年が経過~


  • 2011年~2012年頃→初期の胃がんが見つかる。
  • 2016年→十二指腸乳頭部がんで大手術。
  • 2018年→前立腺がんで手術。
  • 2019年→尿管がんで手術。

父・梅宮辰夫との確執や騒動…。梅宮アンナの私生活

梅宮辰夫さんが最初に癌を患ったのは1974年。僕(46歳)が生まれた翌年です。癌を克服した梅宮さんはその後、2011年に初期胃がんが見つかるまで38年間も経過しています。


さすがに癌は完治したはずなんですよね。それなのになぜ、2011年頃から立て続けに癌は梅宮さんの身を襲ってきたのでしょうか?


もう一度、梅宮さんの病歴を見て下さい。


  • 1974年→睾丸(こうがん)がんを発症、左の肺に転移して肺がんとも診断される。
  • 1994年頃~1995年→娘アンナが某タレントと交際。これに対し、父・梅宮辰夫が公然と反対。交際相手に対する叱責や批判を繰り返す。これが騒動として話題になり、父娘の間に確執が生まれる。
  • 1995年→娘アンナが交際相手と共演するヌード写真集(ヘアヌードならぬ、"ペアヌード" と呼ばれ話題となった)『アンナ 愛の日記』(撮影:篠山紀信)を出版。これについて、娘アンナは後に「私一人で考えて、純粋にメモリアルとしてやったもの」と述懐。
  • 1999年→交際相手と破局。
  • 2001年→娘アンナが元飲食店勤務の男性と「できちゃった結婚」を発表、翌年1月には長女が生まれる。
  • 2003年→離婚
  • 2004年→離婚相手が賭博開帳図利容疑で逮捕。
  • 2008年→娘アンナが『3年間の不倫愛が裏切られて私は死を考えた』と題する文章を女性誌に執筆、テレビ番組では再現ドラマが製作される。
  • 2008年→娘アンナがプロ野球・中日ドラゴンズ選手との不倫を“破局”として女性誌に告白。一方で、自身の恋愛観について「スペースマウンテンに乗るようなスリルある恋愛を好んでしまう」「ホストみたいな人が好き」とも告白。
  • 2011年~2012年頃→初期の胃がんが見つかる。
  • 2016年→十二指腸乳頭部がんで大手術。
  • 2018年→前立腺がんで手術。
  • 2019年→尿管がんで手術。

梅宮辰夫さんは、1994年頃から約15年間にもわたって娘・アンナさんの私生活で悩み、心配をし、苦しみ続けてきたのです。

【経験談】精神的ストレスは癌になる原因のひとつです

梅宮辰夫さんは、娘・アンナさんの騒動が聞かれなくなって数年後に胃がんを発症。それから、信じられないほど多くの癌が次々と襲ってきました。


癌は、突然できる病気じゃありません。数年かけてがん細胞が増殖し、発覚するのです。


娘・アンナさんの騒動がテレビで連日のように放送されていた当時、梅宮辰夫さんは心労でとても憔悴した様子でした。


人間は、年間にわたって体に負荷をかけるような長期の精神的ストレスが続くと癌を患いやすくなります。これは、僕の経験談として言えることです。


上の年表をもう一度ご覧いただければ明らかですが、こんな騒動が15年近くも続けば、もし僕が父親だったら気がおかしくなってますよ…。それも一般家庭の中どころではなく、日本全国が大騒ぎしているのですから、そりゃあ癌にもなりますよね(汗)


僕は、人生で2度のがん告知を受けました。両方とも、1~2年の長期にわたって精神的ストレスが続くような生活をしていたのです。だから僕には、梅宮辰夫さんの苦しみがよく理解できます。

おわりに


離婚した梅宮アンナさんは結局、子供と一緒に梅宮辰夫さんの元へ出戻りということになったのでしょうか?


梅宮辰夫さんはとても人望が厚く、後輩達への面倒見が良いことでも知られています。


「明るくおおらか、朗らかで優しく義理堅い、そんな方でした。先月の僕の母の葬儀の際も、悪天候の中、ご自分の身体がキツいはずにも関わらず、参列してくださいました。以前にも、ご自分の具合が悪かった時に、知人の方の激励に、見舞いに行ったよと話していたこともありました。親交のあった沢山の方々の中にも梅宮辰夫さんのそんな人柄が大好きだったのではないかと思います。大好きな叔父でした」と、梅宮さんの義理堅さを明かした。

高橋克典 偉大な叔父・梅宮さんと“特別な絆”


梅宮さんの血液型はA型。料理の腕前などはどれも一級で、とても繊細な方だったのでしょうね。だから尚更、がんにもなりやすかったのかも知れません。


これまで梅宮辰夫さんのことを記事に書いてみて、僕はさらに梅宮アンナさんのことが大嫌いになりました。


少しは親に迷惑かけたことや、心配をかけ続けてきたこと、守ってもらったこと等々、自分を省みては如何ですか⁈


この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんブログ