ゆうらり Happy Smile
人気漫才師トミーズ雅、大腸がん手術を電話で生報告「無事、転移もなく終わりました」

人気漫才師トミーズ雅、大腸がん手術を電話で生報告「無事、転移もなく終わりました」

がんブログ
2020/03/21
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#トミーズ雅 #大腸がん #大腸がん早期発見 #トミーズ #がん治療 #腹腔鏡手術 #ロボット手術 #がんブログ
トミーズ雅 _masa1032_ • Instagram写真と動画癌ブロガーM@yulari_happy )です。

漫才グループ「トミーズ」のメンバーで吉本興業所属の人気漫才師トミーズ雅(60)は21日、自身がレギュラー出演するMBSテレビ『せやねん!』に電話で生出演しました。

番組の中で、トミーズ雅は早期の大腸がんと診断され、手術を受けていたことを報告。大腸がんを早期発見できたのは、妻の存在が大きかったそうです。
スポンサードリンク

トミーズ雅の大腸がん無事に手術成功、転移も発見されず

番組冒頭に電話で生出演したトミーズ雅は「おっはよ~!」と元気な声で挨拶したうえで、「無事、なんの転移もなく終わりました」と、手術の無事成功を報告。幸い、他臓器への転移も見られなかったそうです。


トミーズ雅が手術を受けたのは17日のこと。癌は大腸内の離れた2か所にできていたため、患部を含め大腸を約55センチにわたって切除しつつ肛門とつなげたと説明しました。

早期の大腸がんに手術支援用ロボットの腹腔鏡手術を選択

また、トミーズ雅大腸がん切除は開腹手術の術式ではなく、腹部に数箇所の穴を開ける腹腔鏡で、なおかつ最新鋭の手術支援用ロボットにより手術がおこなわれたとのこと。


▼関連記事

【癌のロボット手術】メリット、デメリットは⁈病院別ロボット手術数ランキング

現在、前立腺がんの手術で主流なのは、6割以上が選択すると言われる手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使ったロボット手術です。僕にとって、ロボット手術は医療ドラマでよく見かける程度で、自分の患った胃がん治療との関係においてはまったく無縁な術式でした。なぜなら、胃がんのロボット手術が公的医療保険の適用対象になったのが2018年4月。僕の手術は2012年4月に行なわれましたが、その当時の保険適用は前立腺がんだけだった...


この術式だと体へのダメージが少ないとされていることから、10日間は絶食が必要だったものの経過は良好だといいます。今後の治療について、切り取ったがん細胞の病理検査の結果次第では、化学療法(補助的抗がん剤治療)も必要ないと言われたそうです。

妻「絶対病院に行って」の一言にトミーズ雅が感謝

ちなみに、トミーズ雅大腸がん早期発見できたのは、血便の跡を見たから「絶対病院に行って」と懇願されたためだといいます。


また、昨年11月に右頭部の動静脈瘻(どうじょうみゃくろう)が発覚した際も、妻が異変に気づいたことがきっかけで助かったことから、トミーズ雅は「2回助けられました」と、2度にわたり助けてくれた妻に向けて感謝をあらわしました。


なお、相方であるトミーズ健(60)は、手術直前までトミーズ雅の妻が癌を患ったものだと勘違いしていたそうです。転移がなかったことをトミーズ雅から電話で告げられると、トミーズ健は「よかったな~奥さん」と返したことで、トミーズ雅からツッコミで「俺のことやんけ!どつくぞ!」と怒鳴られたことも明かしています。


スポンサードリンク

おわりの一言/がん克服と治療は周りと病院しだいと痛感

異変に気付いた奥さんの発言や行動がきっかけで「がんを早期発見」したり、奇跡的に「末期がんから生還」したケースを最近よく耳にしますね。


トミーズ雅の話しを知り、改めてがんの克服治療周りの協力病院の選び方しだいですべてが決まるんだなぁと痛感した次第です。


あわせて読みたい

村野武範、妻のおかげで末期の中咽頭がん克服 飛び出せ!青春、くいしん坊!万才で活躍

癌ブロガーのM(@yulari_happy )です。俳優の村野武範(74)が、末期がんを克服したそうです。村野武範は、2015年に末期の中咽頭がんステージ4であることを医師から告知され、死を覚悟したそうです。僕の世代ですと、村野武範と聞いてパッと思い浮かぶのは『くいしん坊!万才』でしょうか?そうすれば、最近はあまりテレビで見かけないなぁ…と思っていました。5年にわたり、がん闘病をなさっていたのですね。村野がステージ4の末期中...

【笑ってコラえて!のどかさん】大腸がんの花嫁がステージ4になって確信した1つのこと#結婚式の旅

出典:nodoka7491 Instagram癌ブロガーのM(@yulari_happy )です。2020年2月5日に日テレで放送されたバラエティ番組『笑ってコラえて!3時間SP』の結婚式の旅。花嫁は、ステージ4の大腸がんを患った櫛引和(くしびき のどか)さんで、年齢が22歳ということに衝撃を受けました。僕は、たまたま昨日の再放送で観て知りました。いわゆる15歳から39歳のAYA世代(Adolescent&Young Adultの略、思春期・若年成人という意味)のがんとい...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんブログ