ゆうらり Happy Smile
安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然(癌ニュースまとめ 2020/8/21)

安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然(癌ニュースまとめ 2020/8/21)

がんニュース
2020/08/21
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#安倍晋三 #安倍首相 #安倍首相がん #新型コロナウイルス #おぎやはぎ #腎細胞がん #小木博明 #がん住宅ローン #がんとお金 #癌ニュースまとめ

安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然(癌ニュースまとめ 2020年8月21日)

安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然

 夏季休暇から公務に復帰して2日連続の午後出勤。安倍首相の体調不安がくすぶり続けている。20日は一斉に、「がんが見つかったらしい」という情報まで流れた。

 安倍首相の健康を巡って、永田町は浮足立ってきた。驚いたのは、安倍首相が出席する予定だった会議や会合が次々、中止となっていることだ。

 自民党は毎週火曜の定例役員会について、25日は「特段の議題がない」として取りやめを決めた。27日には、二階幹事長が主催して、安倍首相の連続在職歴代最長(24日に2799日となり、佐藤栄作の記録を塗り替える)を祝うパーティーが開かれる予定だったのに、それも延期となった。自民党の森山国対委員長が20日、「いろんな噂は出ているが、公務に復帰して淡々と職責をこなしているので心配ない」と不安を打ち消したが、誰も信用していない。

安倍首相に“がん説”まで…日程次々キャンセルで自民党騒然|日刊ゲンダイDIGITAL

 夏季休暇から公務に復帰して2日連続の午後出勤。安倍首相の体調不安がくすぶり続けている。20日は一斉に、「がんが見...

安倍首相のプロフィール は下記の記事をどうぞ

【疑問】安倍晋三、ツイッターやってない 何でみんなフォローしてるの?

1: 風吹けば名無し 2020/07/09(木) 08:44:45.86 ID:WtJm+Ui2d安倍晋三@AbeShinzo返信先: @AbeShinzoさん現地では、増水や土砂崩れによって道路が寸断されるなどにより、多くの集落が孤立しており、そうした被災者の皆さんの救助や支援、更には、安否不明者の捜索などに、引き続き、全力をあげて下さい。現地では、増水や土砂崩れによって道路が寸断されるなどにより、多くの集落が孤立しており、そうした被災者の皆さんの救助や支...

スポンサードリンク

おぎやはぎ がん治療という苦境も必ず乗り切る「強いコンビ愛」

初期(ステージ1)の腎細胞がんと診断された「おぎやはぎ」の小木博明(48)。7月中旬から持病の偏頭痛を治療するために入院し、空いた時間で精密検査を受けたところ、がんが判明した。

(中略)

放送終了後、小木と矢作はネットで公開された番組のアフタートークでこう語った。

「入院してて、暇だから検査受けて見つかって、超ラッキーだった。先生たちもそう言ってくれた」(小木)

「オレも最初聞いたときはドキッとしたあと、ラッキーなんだなぁって思ったもん」(矢作)

矢作の口振りは友人の体を気遣うようだった。いや、実際に2人は仕事上でコンビである前に友人なのだ。

小木博明、ラジオで腎細胞がん告白「来週も再来週も休みますよ。さようなら」

おぎやはぎ小木博明、初期の腎細胞がん告白 しばらくは治療に専念「まさか自分が」 お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明(48)が、初期の初期の腎細胞がん(ステージ1)により、17日から入院し、治療に専念することがわかった。13日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)のエンディングで発表され、その直後に所属事務所のホームページ上でも発表された。 『メガネびいき』エンディ...

「座りすぎ」 がん予備軍に 
コロナ禍、早期発見の障害

 新型コロナウイルス感染症の拡大が止まらない。自粛や在宅勤務が続く中、「コロナ渦におけるがん対策、がん治療」と題したセミナーが都内で開かれ、東京大学付属病院の中川恵一放射線科准教授は「在宅勤務で座りすぎるとがん死亡が増える」「早期発見に不可欠な検診も減っている」と指摘。新型コロナ対策が、がん治療に弊害をもたらす事態への懸念を示した。

経団連・中西会長、血液のがん=リンパ腫が再発

 経団連は、今年7月に入院した中西宏明会長について、血液のがん=リンパ腫が再発したと発表しました。

 経団連の中西会長は、去年5月下旬にリンパ腫で入院。その後、職務に復帰しましたが、今年7月、腫瘍マーカーが基準値を超えたため検査入院することを明らかにし、現在も入院中です。中西会長は、現在も抗がん剤などによる治療を行っていて、腫瘍マーカーの数値は好転しているということです。

がん治療で住宅ローン返済厳しい 看護師FPが対策助言

事例1
30代男性、4人家族(子ども2人を含む)。通院での治療中で、治療期間は6カ月間の予定。仕事は休職していて、有給休暇を消化し終わる頃に復職を検討しているが、体力低下のために、職場復帰に時間がかかる可能性が出てきた。すぐに職場復帰しないと、収入が減ることになり、住宅ローンの返済など家計を心配している。

この方は休職している間、給料の補てん的な役割となる傷病手当金[注1]の審査が通り、受給することができました。とはいえ、働いていたときに比べると収入は減少します。収入が減少しつつも家計を維持していくためには、前編でお伝えした固定費(住宅費、生命保険、自動車保険、教育費など)の支出の見直しが効果的です。固定費の中でも占める割合が高いのが住宅ローンであり、相談者のなかにも治療中の返済に苦労されている方が多いです。Aさんのように治療スケジュールが1年以内であれば、住宅ローンの返済条件を変更する「リスケジュール」が選択肢の一つになります。

リスケジュールというのは住宅ローンを組んでいる金融機関に行き、返済方法を変更してもらうことを言います。その中の一つに元金を据え置きしてもらい、利息だけを支払う方法があります。浮いたお金を治療費などに回せますが、元金を据え置いた分だけ返済期間は延び、総返済額は増えますので、行う際には注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース