ゆうらり Happy Smile
つんく♂、Twitterで咽頭がん(声帯摘出)を回想 現在の面倒な悩みを吐露(がんニュースまとめ 2020/6/29)

つんく♂、Twitterで咽頭がん(声帯摘出)を回想 現在の面倒な悩みを吐露(がんニュースまとめ 2020/6/29)

がんニュース
2020/06/29
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#つんく♂ #咽頭がん #古村比呂 #子宮頸がん #だいたひかる #乳がん #がん先進医療 #石原慎太郎 #膵臓がん #がんニュースまとめ

つんく♂、Twitterで咽頭がん(声帯摘出)を回想 現在の面倒な悩みを吐露(がんニュースまとめ 2020/6/29) つんく 画像 似顔絵 イラスト

つんく♂ @tsunkuboy

五十を過ぎ、大病した自身のことは受け止めてる。そんな事とは別に、体力の単純なる低下もわかっている。つまずいたりぶつかったりね。記憶力とかなんだかんだ老化も理解してるが、一番面倒というかなんとかならんかな、と思うのは老眼。一気に来たし、iPhoneとか読めないし、PC無いと戦意喪失となる。

つんく♂のプロフィール は下記の記事をどうぞ

【炎上】つんく♂「オリンピックは4年に一度、甲子園は18年に一度」『口で伝えろよ』『悔しい…ですよね?』

1: 風吹けば名無し 2020/05/22(金) 18:46:29.55 ID:EHt9eEEW0つんく♂@tsunkuboyオリンピックは4年に一度のチャンス。甲子園の高校野球は18年に一度のチャンス、と書いたらお小言いただくんだろな。高校野球児、がんばれ!人生は楽しみ方次第!オリンピックは4年に一度のチャンス。甲子園の高校野球は18年に一度のチャンス、と書いたらお小言いただくんだろな。高校野球児、がんばれ!人生は楽しみ方次第!— つんく♂ (@tsunkuboy...

スポンサードリンク

古村比呂が自身のブログを更新 一時はがんが全身に転移していたと明かす

女優の古村比呂(54)が27日、自身のブログを更新。2012年1月に見つかった子宮頸(けい)がんから、一時は全身に転移していたことを明かした。

「奇跡的とは」のタイトルでブログを更新。三男を伴って病院の定期健診を受けたことを報告し、医師との会話形式で「驚くべき順調です。奇跡に近いです。学会で発表しても良いくらいです」と言われたことを明かした。

「えっそうだったんですか!?」と聞き返した古村に対して、医師は「そうですよ。当初転移していたのは両肺に数ミリ一か所ずつ 左右の腸骨リンパ節 左鎖骨上窩リンパ節 大動脈に陰影増大と、全身にがんが回っている状態でしたから」と返答。古村は「あ~そうでした。ありがとうございます」と返したそうで「実は転移した箇所はこれまで怖くて言えませんでした」と明かした。

だいたひかる 抗がん剤治療後の頭髪の悩み「髪質が悪くなって」

「抗がん剤後に髪質が悪くなって 本当はちびまる子ちゃんみたいな、髪型にしたいのですが…ジリジリしちゃってパサパサしちゃって広がって毛先が勝手に遊んじゃって抗がん剤後に毛先が遊び人になりました」

ナメクジかゾンビか 動くがん細胞を観察できるプレート

北海道大学の研究者が、がん細胞が集まり腫瘍(しゅよう)組織に成長する様子を立体的に観察できるガラスプレートを開発した。プレートに作った小さな凹凸が細胞を刺激し、成長するのだという。できあがった腫瘍が、ナメクジのように動く姿も確認できた。

youtube 新しいマイクロプラットフォームは、がん細胞の自然な行動を明らかにします
New micro-platform reveals cancer cells’ natural behavior
スポンサードリンク

医療費高いがん手術 「保険適用外」を選ぶメリット・デメリット

どの治療法を選ぶかは、治療を通してどんな人生を歩みたいかに深くかかわる。医者から手術を勧められれば優先したほうが望ましく、その上でさまざまな選択肢を考慮したいと黒田氏。
「短期的な手術代の高さのみに目を奪われて、手術以外の治療法を選ぶことは避けたほうがいい。手術の費用は短期的にはやや高くてもトータルで考えれば“あの時、手術しておいてよかった”と安堵する可能性が高い。先進医療も含めて、どの治療法を選ぶかは、中長期的な観点を持ち、医師とよく相談して決めてほしい」

石原慎太郎氏が告白 膵臓がんの早期発見と治療選択のポイント

石原さんは前立腺の治療でかかりつけ医がいるそうです。転機となった今年1月、その医師に夜間頻尿を相談すると、医師はエコーで腎臓を検査したといいます。その画像を診て膵臓の近くの影を指摘。それを受けて石原さんが別の病院で膵臓の検査をしたところ、早期の膵臓がんが見つかっています。

膵臓がんが難治がんなのは、早期で見つかりにくいためです。治癒が期待できるステージ1での発見率はわずか1割ですが、“一がん息災”というか、東大病院の調査では、肝臓がんの治療で見つかる膵臓がんは6割がステージ1でした。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース