ゆうらり Happy Smile
【新型コロナ】パンデミック発生源は武漢研究所 米国務長官「大きな証拠」

【新型コロナ】パンデミック発生源は武漢研究所 米国務長官「大きな証拠」

News-政治-経済-事件系
2020/05/04
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#新型コロナウイルス感染症 #COVID-19 #新型コロナウイルス #新型コロナウイルス肺炎 #新型肺炎 #新型コロナ #武漢研究所 #パンデミック発生源 #新型コロナウイルス人工的痕跡 #まとめ

【新型コロナ】パンデミック発生源は武漢研究所 米国務長官「大きな証拠」 の記事  トランプ マスク なりきり かぶりもの 大統領 Mrトランプ Donald Trump 選挙 仮面 覆面 America アメリカ大統領 アメリカ USA mask の画像

1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/05/04(月) 00:18:13.65 ID:zsWedd3k9
武漢研究所がパンデミック発生源、米国務長官が「大きな証拠」あると発言

【AFP=時事】マイク・ポンぺオ(Mike Pompeo)米国務長官は3日、中国・武漢(Wuhan)にある研究所が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の発生源とする「大きな証拠がある」と発言した。

 同長官は米ABCの政治番組「ディス・ウイーク(This Week)」で、「そこが始まった場所であるという大きな証拠がある」と述べた。

 だがこの問題への中国の対応を厳しく批判する同長官は、ウイルスが意図的に流出されたと考えるかどうかについてはコメントを拒否した。【翻訳編集】 AFPBB News

武漢研究所がパンデミック発生源、米国務長官が「大きな証拠」あると発言(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

【AFP=時事】マイク・ポンぺオ(Mike Pompeo)米国務長官は3日、中国・武漢(Wuhan)にある研究所が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)の発生源とする「大きな証拠がある」 - Yahoo!ニュース(AFP=時事)

スポンサードリンク

武漢研究所がパンデミック発生源、米国務長官が「大きな証拠」あると発言

2: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:18:56.52 ID:f2ON6WdP0
信じるか信じないかは

10: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:20:58.97 ID:2+u8DyvP0
はじまった場所=ウイルス作られた場所、ってことだと思うけどね。
2018年までの共同研究していた頃のコロナウイルスがベースで、
それが人工的or非人工的に作られたってことかね。

11: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:21:09.39 ID:zsbUvvlz0
圧力かけまくってるな
まずは真相を話す前に衆目を集めないといけない、いまそのためのムーブなんやろ
当然中国が下手打つのも期待してのことw

13: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:22:01.39 ID:wDs5kv880
石正麗(Shi Zhengli) 55歳 女性
武漢ウイルス研究所(P4研究所) 研究主任

2015年、石正麗はNature Medicine誌において、
「SARSコロナウイルスバックボーンと中国キクガシラコウモリの遺伝子操作により人間のACE2受容体と結合できるハイブリッドコロナウイルスを設計した」と発表。
「SARSウイルスとコウモリウイルスを組み合わせることによって、ヒトの気道に感染する新しいタイプのコロナウイルスを作成した」という内容である。
米国立衛生研究所(NIH)はこれら倫理及び必要性の疑問により石正麗への研究資金提供を停止している。
(オバマ政権下で彼女への資金提供がなされていた。)

コロナウイルスには王冠のような突起(スパイク)があり、その突起が人間と結合すれば感染する仕組みだが、コウモリの中にいた元のコロナウイルスは人間とは結合できない種類。
しかし石正麗はそのコロナウイルスを改造し、人間への感染を可能にした新型コロナウイルスを開発。
その上で更に研究を進め、ヒトが新型コロナに対して免疫を持ちにくくするため、HIVウイルスとの遺伝子合成する研究も行っていた。

インドとイスラエルの遺伝子配列を研究する専門家はそれぞれ
「新型コロナウイルスのスパイク部分にある4つのタンパク質は、自然界には存在しえない配列を持っており、SARSにHIVウイルスが合成されているものだ」
と指摘している。

2020年1月下旬
中国共産党の公式軍事ページである「西陸網」に
「新型コロナウイルスは人工的に作成したもので、武漢ウイルス研究所の石正麗研究員とそのチームがコロナウイルスを生成し、流出させた」
という記事が掲載された。
新型コロナウイルスが人工的に作られてたものであることを当初は中国共産党及び軍も公式に認めていたのである。
※この記事は後日削除された。

2008年にノーベル生理学医学賞を受賞したフランスの学者、ルック・モンタニエ氏も
「間違いなく研究室で作られたウイルス」だと断言しており、HIVウイルスの一部が組み込まれている可能性が高いことにも言及している。

中国の研究員の給料は安く、末端の研究員が使用済み実験動物を横流しすることは頻繁にあるとの証言も複数の研究者から寄せられている。
買い手が付かない場合は市場などに売ることも多い。

この新型コロナウイルスの起源が菊頭蝙蝠(生息地は雲南・浙江省などで、湖北省=武漢には生息していない)であることは、中国華南理工大学生物化学工程学院教授の蕭波涛と蕭磊が初期に指摘しているが、通常であれば武漢の市場で菊頭蝙蝠が商品として流通する事はまず有り得ない。
産地が違う上にあまり食用にはしないのである。

武漢疾病コントロールセンターのラボと、国家生物安全実験室の両方で、菊頭蝙蝠(きくがしらこうもり)から分離したコロナウイルスを使ったさまざまな変異の実験を行っていた事は周知の事実で、
それは必ずしも遺伝子組み換えのような人為的変異だけではなく、蝙蝠から鼠、鼠同士といった「自然変異が起きやすい環境」をつくって行うものもあったという。
武漢でのコロナウイルスの実験は、最も危険な病原体を扱えるBSL(バイオセーフティレベル)4ではなく、BSL2の基準で行われていたという証言もある。

米国の医療研究機関、スクリプス研究所の進化生物学者、クリスチャン・アンデルセンは感染者27人分の新型コロナウイルスのゲノム解析によって、この27人の感染したウイルスの同一の起源が2019年10月1日にさかのぼることを突き止めた。
つまりウイルスの流出は10月1日前後であった可能性が高い。
そこから遡ること約2週間前、2019年9月18日に武漢の天河国際空港で「新型コロナウイルス感染対策演習」
という解放軍による軍事演習が行われている。
軍は、湖北省(武漢)に生息していない動物のウイルスに対する軍事演習を大々的に行なっていたのである。
具体的には、「空港内で新型コロナウイルスに汚染された荷物が発見された」という設定で軍の衛生・防疫部隊が出動し、瞬時に疫学調査、医学調査、臨時検疫区、隔離区設置、感染例確認、病院搬送、衛生処理などのマニュアルを実施するという訓練である。
本物のコロナウイルスを使って訓練したわけではないと思われるが、コロナウイルスの潜伏期間であるその2週間後に武漢で最初の感染が発生していることは気になる。
少なくとも「新型コロナウイルス」に関する研究が軍内ではそれだけ重視され、中国人民解放軍にとって訓練対象にするくらい危険なウイルスだという認識は昨年9月以前からあったということは間違いない。

なお、石正麗は当初YouTubeなどで自身への疑惑について反論していたが、4月に入ってから家族を連れ、重要機密を持ってフランスへ亡命した。
スポンサードリンク
19: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:23:09.17 ID:q3p+k7+50
まぁ発生源も重要かもしれん
人為的なウィルスなら尚の事

だが本質は中国共産党の隠蔽体質が世界を危機に陥れたって事だろう

当然責任を取らせるべきだし
常任理事国は辞任させるべき

20: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:23:29.82 ID:9CtKE9310
ピンポイントで武漢にウイルス研究所がある時点でお察し
発生当初の隠ぺい工作もあからさまだった

26: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:25:24.67 ID:jhI5FdBB0
制裁と言っても戦争はできないだろうから別の手段をこうじるんだろうな。

とにかくコロナが落ち着いてきたら中国で何か起こるだろう。

29: 不要不急の名無しさん 2020/05/04(月) 00:26:09.89 ID:jsuAqEnT0
いつものアメリカらしい手だな
開戦知っててジャッフ゜は奇襲したとか言っておいて
イラクには大量破壊兵器の証拠は掴んだとか言っておいて見つからない
今度は中国叩きだよ

今回ばかりは中国に同情するわ

元スレ:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1588519093/

関連記事

米国が調査開始、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」

こんにちは! ブロガーのM(@yulari_happy )です。中国を発生源として猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19) による肺炎は、いまだ終息の気配がありません。世間ではウイルス感染対策に注目が集まるなか、新型コロナウイルスに関する不気味な情報がネット上を騒がせています。新型コロナウイルスは「実験室で人工的に合成されたもの」と海外の専門家が指摘。これを受け、米ホワイトハウスはアメリカの科学者に対して新...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング
News-政治-経済-事件系