ゆうらり Happy Smile
轟二郎、大腸がんで死去「手の施しようがありません」とブログ報告から半年

轟二郎、大腸がんで死去「手の施しようがありません」とブログ報告から半年

がんニュース
2020/08/07
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#轟二郎 #轟二郎がん #大腸がん #訃報 #轟二郎ブログ #翔んだカップル #癌ニュース

轟二郎(コメディアン、タレント)の似顔絵・イラスト画像

タレントでコメディアンの轟二郎さんが2日、大腸がんのため神奈川県内の病院で亡くなっていたことが6日付の轟二郎公式ブログ『轟二郎の近況っス』で発表されました。享年65歳。

轟二郎 プロフィール

轟二郎(コメディアン、タレント)の似顔絵・イラスト画像




  • 轟二郎
  • とどろき じろう
  • 日本のコメディアン、タレント、殺陣師。
  • ウィキペディア
  • 生年月日: 1954年8月19日 (年齢 65歳)
  • 生まれ: 静岡県 三島市
スポンサードリンク

轟二郎さんの訃報は、永遠のチャレンジボーイと題した記事の中で伝えています。

タレント・轟二郎は
令和二年八月二日未明、
65年の生涯を閉じました。

大腸癌を患ってから
1年半程の闘病の末でした。

(中略)

今後は、永遠のチャレンジボーイとして、
天国でも様々な挑戦をしてくれることと思います。

轟二郎さんは、2019年2月に皆さんどうぞご自愛下さいというブログ記事の中で「オレどうやら『不治の病』らしい」とつづり、自身が癌を患っていることを告白しました。さらに、同年10月のついに便意いや転居いや転移という記事では「昨年から大腸癌の闘病生活を余儀なくしてきたボキだったがついに肺への転移が発覚どうしましょう 大腸癌と肺癌のWガンだ!」と、肺に癌が転移したことを明かし、辛い胸中を吐露。

その後も、がん治療を行ないながら今年の2月まで精力的に芸能活動を続けていた轟二郎さん。しかし、同月12日に更新したチャレンジボーイも癌に勝てずという記事の中では「手の施しようがありませんのでガンの摘出手術は出来ません 隔週で抗がん剤治療をします」と医師から告げられたことを報告。それからたった約半年で轟二郎さんは帰らぬ人となったのです。

一体、轟二郎さんの死を早めたのは何が原因だったのでしょうか?

これはあくまで僕の所感ですが、轟二郎さんはもしかすると2月に医師から「手の施しようがありませんのでガンの摘出手術は出来ません」と言われるまでの間、ずっとがんの手術を拒み続けていたのではないか?と。文面で考える限りでは、手遅れですと言われるまでは手術可能だったわけですからね。

がんの切除手術によって、これまでの芸能活動に支障が出ることを恐れる芸能人の話しは良く聞きますが、轟二郎さんもその1人だったのでは?と思いました。しかし、固形がんの場合は切除手術をしないで完治させることが出来ません。

芸能人という仕事を優先させてしまったことがこのような結果になったのだとすれば、とても悲しい話しですよね。

轟さんは僕よりもずっと上の世代ですが、柳沢きみおさんのラブコメ漫画をテレビドラマ化した『翔んだカップル』の三枚目・織田隼人役を演じたことはよく知られています。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
がんニュース