ゆうらり Happy Smile
自分にとって癌という病気の結末は?大量の血便 or タール便で貧血…

自分にとって癌という病気の結末は?大量の血便 or タール便で貧血…

AVANT:癌の余命宣告~共存
2019/11/03 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #体調報告 #貧血 #目まい #かすみ目 #血便 #タール便 #鉄剤 #鉄欠乏性貧血

秋 階段 落葉


胃癌ブログゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。


ご訪問いただき、ありがとうございます(^^)


少しブログを書いては休んで…。そんな繰り返しのなかでやっと記事をひとつ更新(汗)コソッと体調報告しておこうと思います。


ここ最近、どうもなかなか起き上がれなくなりまして…。やっぱり、起きてると貧血なのか、目まいがもの凄いんです(~_~;)


日を増すごとに、症状のほうもキツさを更新しているようで、昨日はさらに大変な苦しみを味わいました…。

スポンサードリンク

癌の進行や胃全摘にともなう後遺症…貧血が悪化する原因も複雑化

再発癌の発覚時に医師から処方された鉄剤

昨年の10月に、胃癌の再発・転移した肝臓ガンと診断を受けてから、処方された鉄剤を少しの間だけ飲んでいたのだけれど、それを切らしてしまって約1年。


また、胃全摘出後の鉄欠乏性貧血を予防するため半年毎におこなってきたビタミンB12筋肉注射も1年以上やっていません。


癌の進行に加え、胃を全摘した後遺症(胃切除後症候群)なども複雑に絡み合って現在の貧血が起こっているんだと思います。


治療もせず薬も飲まず…。ただ放置している状態っていうのは本当につらいです(汗)頭を上げていられないので結局、しばらくすると寝込んでしまう。


おそらく、「ここ最近、気候が急に変わったことも影響してるんじゃないですかねぇ?」という友達の指摘も関係してるのでしょうね。

久しぶりにたくさん熟睡できた反面、とんでもない症状が襲ってきた!

とうとう全く起き上がれなくなった僕は、食事も出来ずに丸一日ずっと眠り続けてしまいました(汗)


久しぶりにグッスリ眠れたという点は良かったんですけどね。その反面、とんでもない症状に見舞われてあえなくダウン。ふたたび眠り込む羽目になるなんて…。

熟睡している人

皆さんも経験がおありかと思いますが、たくさん熟睡できたあとは便通の調子も良くなったりするものです。


胃がんの手術をしたあとの僕は、とくにそんな傾向が高かったと思います。食べた物がなかなか消化できず、お腹が張って苦しい時はよく眠ると解消されるケースが多かったなぁ…。


それは現在でも同じ。たくさん寝たことで、久しぶりにドッサリと快便できた瞬間はとても気分が爽快になりました(^^)


ところが、何げに便の色を確認しようと少し上体を動かした瞬間、とんでもない症状が襲ってきたのです(汗)

「嗚呼、またか…。」尋常じゃない量の血便かタール便

貧血で目の前が真っ白になり星でチカチカした様子

突然、目の前が真っ白になり、星みたいなものがチカチカと見えました。ドッサリ出た便の色を確認すると、真っ黒。しかし、僕は慌てません。


嗚呼、またこのパターンか…。

耐性が出来て驚かない人

人間にとって、耐性というのは良い場合もあれば、そうでないこともある。同じことを幾度となく経験しているうちに、危険な症状が襲ってきても慣れてしまっている自分が非常にコワイ(汗)


たぶん、また血便タール便。それが快便にともなって尋常じゃない量だったから少し引きましたが…。


そのメカニズムについてはよく分からないのだけれど、血便かタール便が体内から排出されると強烈な貧血が襲ってきます


真っ白となった目の前に、スモークがかかってかすみ目に変化。それから、急速に頭の血の気と力が抜けていき、目の前が真っ暗となりました。


もう駄目だ…。


起きていられなくなった僕は、急いでトイレを済ませてから倒れ込むように横になり、丸一日にわたって再び眠り込む羽目になったのです。

貧血や目まいを感じたら要注意です!

胃がんを患ってから、貧血目まいと付き合うことが非常に多くなりました。最初に胃がんの疑惑が生じた時も、医師から極度の貧血状態と診断されたほどですから…。


【プロローグ】胃ガン宣告から手術後1年まで。私が癌を克服した経緯

こんにちは。胃癌ブログの管理人Mです。今回は自己紹介を兼ねて『術後1年目』に別の場所で書いたノートを一部転載したいと思います。突然、胃ガンの宣告をされた場合、どうすれば良いか分からない方も多いと思いますが、少しでもご参考にして頂ければと思います。~術後1年~皆様のご厚情・ご協力に支えられ、おかげさまで、4月5日をもちましてとりあえず術後1年を迎える事となります。国民の2人に1人がなるといわれる癌につい...


ということを鑑みると、貧血や目まいの症状は何か危険な病気を指し示す前兆なのかも知れません。


普段は何事もなかったはずなのに、ある日に突然の貧血や目まいを感じるようになったら要注意です!


僕にとって、ここ7~8年の間は、貧血があるとき≒大病(癌)という関係がずっと続いているのです…。

ほとんどのガン患者さんは衰弱死する、果たして自分の結末は?!

先日は、久しぶりに自分の姿を確認して、少し悲しくなりました。

今日のコーデ 胃がん闘病記ゆうらりHappySmile

今は本当に骨と皮だけの体になったと言っても過言でないくらいに痩せてしまっています。


がんになって2度目の坊主頭に!“抗がん剤の脱毛”時より大変だった…

前置きが長くなりましたが、ここからは近況報告を。実は、昨夜のこと。胃がんになってから2度目となる「坊主頭」にイメチェンしました。1度目は、胃がん宣告を受けた後に始めた「術前化学療法」がキッカケでした。抗がん剤治療で脱毛した時ですから、“約7年半ぶり”の坊主頭ということになります。ただし、前回と違うのは、坊主にしたのが「自発的な意思」という点です。ちなみに、今まではずっと写真のような「ロン毛」を続けてい...


自分は現在、日に日に悪化していく貧血で苦しんでいるのだけれど、なぜか激しい痛みなどが伴わない(右側の肋骨がズキズキしたり、足が痛む程度)からまだこうして何とか生きていられるのかも知れません。すでに、手の爪は腐り始めたようですが…。


【まとめ】転移性肝がんの告知から8ヶ月の間に経験した症状

胃がんの根治手術から5年が経過。「がんは完治したんだな」という安心感が生まれました。ところが、手術から6年半後の定期検診でまさかの胃がん再発。胃はとっくに全摘されているのです。「がんの再発」ということですから、目に見えないがん細胞が6年半もの間ずっと体の中に潜伏していたことになります。ボクは、がんという病の恐ろしさをまざまざと痛感させられました。胃がんの再発による転移性肝がんの告知から8ヶ月もの間、が...


癌という病気の結末は、こういうものなのでしょうか?


ほとんどのガン患者さんは衰弱死する、という記事をご紹介したことがありました。


どうして癌の死因は栄養失調による餓死が直接の理由なのか?!経験者の僕はこう感じた…

胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。今回の話題は「がんの死因」に焦点を当てた記事を書こうと思います。結論から先に言いますと、こんな感じです。がん患者の多くは「栄養失調」で死んでいる。→がんの死因はほとんどが栄養失調、悪液質。このように書きますと、読者さんの中には疑問に思う方もいらっしゃるのかも知れませんね。なぜなら、ガンでなくなる有名人や芸能人の訃報が連日のようにニュース記事で報道...


果たして、自分の結末はどのような形になるのだろう…。


いつ起き上がれなくなるか分からないこの体。ブログが更新できなくなる前に、少しでも出来るだけ最後の症状を書き記しておこうと思った次第です。


自分はもう癌の治療をすることが叶わないのだろうか。先日も、弁護士が次のようなメールを身内の兄へ送っています。


御願い - 弁護士から身内の兄へのメール 2019年10月31日

メールはすぐに読まれたと通知が来ました。しかし、兄はダンマリを押し続けるままです。


【近況報告】胃癌の再発で「最長1年」の余命宣告からまもなく1年…シン・胃がん闘病記~序章

胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。胃がん闘病記を終了してから大変ご無沙汰してしまいました(汗)今回、この「シン・胃がん闘病記」にて初投稿させてもらいます。なお、この「シン・胃がん闘病記」は、胃がん再発の転移性肝がんの闘病記録をつづるためにカテゴリを設けたものです。だからといって、昨年10月24日に医師から告知された「癌の余命宣告」からいまだに治療をはじめられずにいます。あれから早い...


今回もネガティブな話題になってしまいましたね(汗)出来れば自分自身も楽しくてポジティブなブログを書いていきたい。本当にそう思います。


健やかな休日をお過ごし下さいませ。


love.

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存