ゆうらり Happy Smile
【癌と睡眠の関係】久しぶりにベッドで熟睡、かつてないかすみ目で死ぬかと思った…

【癌と睡眠の関係】久しぶりにベッドで熟睡、かつてないかすみ目で死ぬかと思った…

AVANT:癌の余命宣告~共存
2019/11/09 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #体調報告 #睡眠 #かすみ目 #貧血 #目まい #足の痛み #熟睡 #癌の進行

胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。


たまには、体調のご報告を。ここ最近、体調がすこぶる悪くて体調の報告が書けないという(汗)おかしな状況に身を置いています。


体力が激減しているため、何をするにも2分の1拍子。ブログを書き始めても、5分ほどすれば、タダならぬ疲労感が襲ってきてすぐに眠り込んでしまいます。


癌を1年以上も放置していて何よりもつらいのは、日に日に悪化の一途をたどり続ける貧血と目まいですが、最近では別の症状まで悪化が見られることで、ちょっと危機感を持ちはじめている次第です。

スポンサードリンク

もしかして癌とは別な糖尿病の影響?「足の異常」が加速

足の裏とつま先が痛んで苦しむ様子

前まえから「足の異常」は起きているのだけれど、ここ最近の症状がちょっと尋常じゃないように感じられます。とにかく痛い(汗)


最近は、ふくらはぎやスネの痛みに加え、足の裏やつま先にまで拡大。ズキズキという感じではなく、チクッ、チクッと、まるで針でも刺したかのような痛みが起こります。


さらに、足の裏はヤケドやすり傷でも作ったかのように、少し触っただけでもチクッとするものだから、思わず体も同時にビクッと反応してしまう有り様です(汗)


こういうのって、普通の人だと、「痛風」などを心配するのでしょうか?足がこんなにもおかしいせいか、微熱も続いていて、気温が低いときだというのに、ずっと暑苦しい倦怠感に悩まされています。


何が原因なのだろう?血糖値の異常をずっと放置していることによって糖尿病を発症してしまったのかも知れないし、肝臓の癌が進行した影響なのかも分からない。ただ、ひとつだけ気になることが僕の頭をよぎりました。

胃がんの手術から7年7ヶ月も経つのに今もソファーが寝床の生活

転移性肝がんで余命宣告を受け、無治療のまま1年以上が経過。寝たきりで苦しんでいるイメージ画像

胃がんの手術をしてから、本日で7年7ヶ月と4日目。これだけ月日を重ねたというのに、僕の寝床は今でもソファーの上です。


胃を全摘出したあとは、なるべく頭を高くして寝なければいけないと聞いていたので、手術直前に介護用の電動ベッドを購入しました。しかしその後、ベッドで寝たことはまだ数回しかありません。


最初は、手術後に体重が激減した関係で、ベッドで横になると、背中が痛くて眠るどころじゃなくなり、わざわざソファーを柔らかいものへと2度買い換えて、やっと安住の地を得たといった感じでした。


それからは、ずっとソファーで寝る生活を続けているのだけれど、僕の身長が高いせいか、足がどうしてもひじ掛けの上にはみ出してしまうのが唯一の難点(汗)しきりに体勢を直さないと、足が痛くなるのです。


術後も1年、2年と順調に時を重ね、キリ良いところでベッドに寝ることを試してはみたのだけれど、ある事が障害となって断念。その結果、いまだにソファーで我慢して寝ています。

睡眠時の姿勢が足の痛みに影響?久しぶりにベッドで寝てみたら…

もしかすると、ソファーで寝ている時の姿勢が悪くて足の痛みに影響しているのか?僕の頭をよぎった、ひとつだけ気になることというのは「睡眠時の姿勢」でした。


そこで今一度、試しにベッドで寝てみることにしました。「ある事」が再び起きないのを願いつつ…。


時間に換算して3時間ほどでしょうか。かつてないほどにぐっすりと熟睡することが出来ました(^^)


目が覚めたときの清々しさは、本当に久しぶりのことです。やっぱり、ひじ掛けの上に足をかけて寝るソファーとベッドの上とでは、睡眠の質がぜんぜん違うんですね!


胃がんの手術から7年7か月後にベッドで久しぶりに熟睡。しかし、清々しい目覚めはほんの一瞬に過ぎなかった…


ところが、起き上がって数歩くらい歩いた瞬間から異変の始まるこの有り様は、僕が障害と呼ぶ「ある事」ですが、前回よりも倍増した症状が僕に襲いかかって来ました。

かつて経験したことのない「強烈なかすみ目」で目の前が真っ白に!

目まいで転倒する様子

一気に強烈な目まいが襲ってきて目の前が真っ白!何も見えなくなりました(汗)いつもベッドで眠ると、起きたときに尋常じゃないほどの目まいが襲ってくるのです。何度か転倒してしまったことがあったので、これを理由に今までベッドで寝ることが出来ませんでした。


さすがに警戒していたので、何とか転倒だけは免れることが出来ましたが、何度も頭が持って行かれそうになって本当に危なかった(汗)


台所までたどり着くも、真っ白な景色がなかなか戻らない。立っていられなくなり、いったんソファーで横になりました。それから、気を取直して甘いコーヒーを飲んだり試みるも、何がなんだか分からない状態が1時間ほど続きました。


こんな強烈なかすみ目は、かつて経験したことがない(汗)このまま死ぬのかと思いました。やっぱり、ベッドで眠るのはまだ無理か…。

「癌と睡眠の関係」は本当に大切なんだとあらためて実感

ちなみに、足のほうはどうだったのか?1回だけしかベッドで寝てないので、よく分かりません。しかし、ベッドで熟睡したら体がすごくラクになったのは確かです。


もしかして、自分がほとんど熟睡できない原因は、ソファーのせいだったのか?よく、「癌と睡眠の関係」が話題になりますよね。


まさか、いつも体の痛みを我慢しながらソファーで寝ている生活は、僕に再発という悪影響を及ぼしたのでは?と、思わず良からぬことを考えてしまいました。


もしそれが本当だったら、怖いですね(汗)


でも、しっかり熟睡することで、体の疲れを解消させるのは本当に大切なことなんだなぁ…と実感。睡眠の質について考えさせられる出来事でした。


アスカ痛感 大切なこと 癌と睡眠


こんな調子で僕の体調はますます悪化の一途を続けておりますが、いつになったら癌の治療が始められるのでしょうか?!体がキツイ…。


つづく。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存