ゆうらり Happy Smile
「病は気から」癌の終末期に再び元気を与えてくれる言葉と友達の激励に感謝

「病は気から」癌の終末期に再び元気を与えてくれる言葉と友達の激励に感謝

AVANT:癌の余命宣告~共存
2019/11/17 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #がん共存 #病は気から #友達 #旅行 #電話 #がん終末期 #がんの進行 #iPhone

胃がんの手術後に旅行した沖縄の海辺


胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。ご訪問いただきありがとうございます。


今日で胃がんの手術から7年7ヶ月と12日。また、胃ガンが肝臓に転移・再発したのが発覚してから無治療のまま1年と24日が経過しました。


昨日もまったく起き上がれなくなっていて、食事が出来ないままずっと眠り続けるありさま。体力とともに、頭のほうもだんだん力が入らなくなってきているのが悩みの種です。


そんな状況のなか、ふと目が覚めたときにiPhoneの通知画面を覗いてみたら、友達が電話をくれていたようで、不在着信になっていました。


何とか起き上がって電話をかけてみると、僕のブログが更新されてないことに心配してくれていたそうです。とても有り難いものですね。感謝の言葉も見つかりません。

スポンサードリンク

友達は、時間のかかる裁判のことや進行を続ける癌の病状をいつも心配してくれます。そのうえで、「きっと大丈夫な予感がしているんですよねぇ…。」と励ましの言葉を与えてくれるんです。


僕と違い、頭が良くて直感の鋭い友達の言うことですから、とても嬉しくなります(^^)それと同時に、何だか活力がみなぎってくるように感じるのですから不思議なものですよね。


その後、友達は大好きな「肉団子」の話しで僕を笑わせてくれました。そうすれば、もう長いこと肉団子なんて食べていないような気がするなぁ…。


あいにく、友達の言っていることは食べる話しじゃなかったので再度爆笑。笑ったことで、少し元気が出てきました(^^)


電話が終わったら、再びダウン(汗)延々と寝込んでしまったけれど、今日は何とか起きていられたらいいなぁと思いつつ、この記事を書いています。


何だか、ただの日記になってしまいましたね。ごめんなさい(汗)


「病は気から」と言いますが、ついつい忘れがちな事ながら、友達の心遣いで改めてその大切さを痛感した次第です。


今は一刻も早く癌の治療を始め、もしも病気が治ったら、友達と一緒に旅行するのが僕の夢です。


旅行に出発するため空港へ向かう様子


癌の終末期にあるなかで、今もなお元気を取り戻してくれる言葉と友達の存在に感謝します。


素敵な休日をお過ごし下さいませ。

【旅行記】 神奈川県・箱根「四季の湯座敷」武蔵野別館 - スナップショット

今年の台風19号は、あの人気観光地、神奈川県・箱根にも甚大な被害を与えたそうです。今は絶好な紅葉シーズンの真っ只中ですが、箱根登山鉄道は未だに一部が復旧していないことがニュースで報じられていました。だからといって、箱根登山鉄道では代行のバスを運行しているそうですからご安心ください。ちなみに、僕が最後に箱根へ訪れたのは、2007年のこと。もう12年も前になります。箱根のニュースがテレビに流れていたときは、た...

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事ランキング

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存