ゆうらり Happy Smile
再発した胃癌・肝転移の症状が悪化するなか、次々に不幸が重なる理由とは?

再発した胃癌・肝転移の症状が悪化するなか、次々に不幸が重なる理由とは?

AVANT:癌の余命宣告~共存
2019/11/25 0
M
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #不幸 #ク・ハラ #肝転移がん #胃がん再発 #KARA #裁判 #他人になりすまし #がん共存

なぜ様々な不幸が起こるのか? 胃がん闘病記ゆうらりHappySmile


胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。いつもご訪問いただき、ありがとうございます(^^)


本日は、原発巣の胃がんで「胃全摘脾摘リンパ腺郭清」の手術を受けてから7年7ヶ月と20日目。また、術後6年半目の定期検査で、原発巣の再発による「肝転移がん」と診断され、同時に最長1年との余命宣告を受けてから1年1ヶ月と1日が経過しました。


今回は、単なる愚痴の吐口にだけこの記事を使って終わりそうです。


昨日は、僕の大好きだった韓国人気女性グループ「KARA」元メンバーのク・ハラHARA)さんが遺体で発見されるというショッキングなニュースに胸を痛めました。

【続報】ク・ハラさん死去に「信じられない」元KARAスンヨン、家まで訪ねる(ニュースまとめ 2019/11/25)

韓国の人気女性グループ KARA の元メンバーで、「HARA」として日本における新たな歌手活動をスタートさせていたク・ハラさん(享年28歳)が24日にソウル市江南区清潭洞の自宅で死亡しているとの悲報は大変な衝撃を受けました。【まとめ】自殺?元KARAク・ハラさん死去、遺体で発見される前日にインスタで「おやすみ」とダイイングメッセージ残し…テレビを観ていたら突然、ショックなニュース速報が入りました。韓国の人気女性グル...

【まとめ】自殺?元KARAク・ハラさん死去、遺体で発見される前日にインスタで「おやすみ」とダイイングメッセージ残し…

テレビを観ていたら突然、ショックなニュース速報が入りました。韓国の人気女性グループ「KARA」の元メンバーだった歌手のHARAさん(ク・ハラさん、28歳)が24日、ソウル市内の自宅で死亡しているのが見つかったそうです。HARA/Midnight Queen よりHARAさん(ク・ハラさん)については、自殺未遂騒動があってから当ブログでも記事に取り上げて来ました。うつ病との噂も囁かれていただけに、1人で思い悩み、苦しんでいたのでしょう...

その他にも、行方不明だった少女が無事に発見され、監禁の疑いで男が逮捕されるなど、理不尽な話題が尽きませんよね。


そして、癌の進行と思われる症状が悪化するなかで、僕のプライベートにも次々と理不尽な不幸が容赦なく降りかかってきます。


いったい、それは何故なのでしょうか?次々に不幸が重なる理由として「」に関係があるとするならば、癌という病気になったことは、それほど悪いことなのでしょうか?!

スポンサードリンク

係争中の民事事件で裁判所に提出する「夜逃げ後の残置物リスト」の話し

係争中の民事裁判で、次回の期日に「夜逃げ後の残置物リスト」を裁判所へ提出しなければならないそうです。


裁判の被告が2016年6月、必要最低限かつ重要な物を深夜に持ち去りました。そして、被告はそれ以外の物をすべて置き去りにしたうえで約1年間も放置。僕はその間、オフィスの家賃1月にして約50万円を無駄に払ったことで莫大な損害を被ったのです。


今回、裁判所が「残置物リスト」の作成を要求してきたのは決して悪い話しではないはず。なぜなら、人のオフィスに物を置き去りにしたことで、どのくらいの被害が出たのかを明らかにする目的ですからね。


おそらく、裁判は僕の請求をすべて認める流れになっているのだと思います。まさか、リストを作らせておいて認めないのであれば、そもそも最初からそのような書面を要求するはずがないわけですから…。

癌の進行により余命が残り少ないなかで困ることやつらいこと

しかし、理不尽に思うのは、「なぜ僕が作らなければならないの?」ということ。これ以上のことは、いろいろな事情もあってここに書けないのがとても悔しい…。


おまけに、現在の僕は、癌が進行してかなり体力の衰弱した状態にあります。ブログすらまともに書けなくなっている状況を見ればお分かりかと思いますが、余命が残り少ないなかでの書類作成など、コン詰めた作業を要求されるのは非常に困るし、かなりつらいです(汗)


2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真1
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真2
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真3
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真4

そんな中でも一応、夜逃げ事件後の現場写真をかき集めてみた。


2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真5
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真6
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真7
2016年6月12日(日)夜逃げ事件後の現場写真8

これから過去を振り返りながら少しずつリスト化していこうと思っていた矢先に、さらなる不幸が突然、僕の身に降りかかって来たのです。


さすがの僕も、精神的な打撃とショックをモロに受けました。考えているとあまりにもつらくなり、心臓の鼓動がバクバク鳴り出して呼吸困難に陥りました(汗)


というわけで、取りかかろうとしていたリスト化の作業は中断。現在も頓挫したままです。

僕の間違った考えを友達がたしなめてくれた

作業を中断した僕は、寝込みながら、朦朧とする頭でさまざまなことを考えていました。僕はただ癌を患っただけなのに、なぜこれほどまでに理不尽で不幸なことが続々とふりかかるのだろう?好きでなったワケじゃないのに…。


癌という病気になることは、それほど悪いことなのでしょうか?


しまいには、被告に夜逃げ事件を起こされたことまで自問自答する有り様。会社経営というものは、雇った人間が夜逃げすることまでを想定して運営しなきゃいけないものなのだろうか?もしそうであれば、何も対策を施してなかった自分が至らなかったというワケですから…。


そんななか、事情を知った友達から、仕事前の早朝に電話が。友達は、変なことを考え出した僕をたしなめてくれたのです。


「人が夜逃げをするのは、やましいことがあるからであって、悪いことをしていなければ正々堂々と昼間に出て行けば良いだけのこと。そもそも『夜逃げ』を想定して会社経営する人間なんて誰もいませんよ。」


友達は、このように言ったあと、僕に次の3つのことを肝に銘ずるよう忠告してくれました。


  1. 悪いのは、夜逃げなんかをした人間。夜逃げをされたことについて、僕は何も悪くない。
  2. 僕は現在、癌という病気を患っている。
  3. 裁判が長引くことで被害が拡大したり、多くの人に迷惑をかけることがあっても、今は病気なんだから仕方がない。だから気にしちゃいけない。

ク・ハラさんの自死?に見られる他国の問題解決手段とその傾向

ク・ハラさんの死因について、自殺か他殺かはまだ分かりません。しかし、もしも自殺だとするならば、そんな簡単に自分の命を断てるものなのか?と思いました。解せません。


ところが、「またか……」元「KARA」ク・ハラの自殺未遂で再確認した、韓国芸能界の病理という記事によると、韓国芸能界にはある傾向が見られるそうです。

 韓国ではそもそも自殺率が高く、OECD加盟国中、ワーストワン(2016年)だ。90年代末の経済危機後に自殺者が急増したといわれていて、その後も増加傾向にあったが、国を挙げての対策により、2011年頃からは減少しているといわれる。しかし、それでもOECD平均自殺率の2倍(10万人中25.6人)だ。自死を選択したその理由はさまざまだろうし、本人以外に本当のところを知るよしもないが、

「自身が抱えている問題を解決する手段のひとつとして自殺する傾向があり、韓国では自殺を許容する雰囲気があることも問題だとされています。

また、他国と比べると衝動的に命を絶つケースも多いといわれています。

何らかの悩みを抱えている時にカウンセラーに治療を受ける方法もありますが、そうした治療を受けづらい雰囲気もまた、ひとりで悩みを抱え込んでしまいがちになる」


僕自身の抱えている問題は、僕がこの世に存在しているから起こっているわけです。上の記事で書かれているように、「死」がすべてを解決してくれるのかも知れませんね。こんなことを考えてはいけないのくらい、分かっているつもりですが…。


しかし僕には、現在の裁判や癌の治療のほかにもやり残したことがまだあるんです。このままじゃあ体調的に難しいかも知れないけれど、生きている限りは、そこまで到達したい思いを捨て切れません。

被告が働いたもうひとつの悪事について

実は、裁判の被告。もうひとつ悪さを働いています。これについては、自分の病気や、お金、時間の関係で未だに手付かずのままです。


内容としては、僕の名前を勝手に使用して、とある組織の懲戒請求らしきものを行政機関へ申し立てたらしいのです。被告の目論見としては、とある組織と僕を喧嘩させることで、夜逃げと同様、さらに嫌がらせを行おうというものだと思います。


このことは、裁判を始める過程のなかで発覚しました。僕は行政機関に連絡を取り、自分の名前を使って虚偽申告されたことを伝えました。その行政機関は、書類を受け取ったときに本人確認をしなかったそうです。書類に書いてある連絡先と僕の連絡先が異なっていると言われました。


行政機関と僕とのやり取りはここまで。名前が同じでも、別人であると認定されたことで、実際にどのようなことが書いてあるのか?とか、連絡先がどこになっているのか?などは一切教えてもらえなかったのです。


しかしこれって、れっきとした犯罪ですよね。夜逃げも悪質ですが、僕の名前を勝手に使って何かをするなんて、さらに許されない行為だと思います。


だから、生きていられる間に、このことについても、刑事・民事の両方でしっかりと責任追及していきたいという気持ちは忘れていません。


こんなことで、相手に変な誤解を与えたまま死んでしまっては、悔いが残りますから…。ただし、そこまで僕の命はつながってくれるのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存