ゆうらり Happy Smile
僕の癌に続き、弁護士が倒れて緊急手術!第2の被害者が…

僕の癌に続き、弁護士が倒れて緊急手術!第2の被害者が…

AVANT:癌の余命宣告~共存
2019/11/29 0
M
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #弁護士 #身内の兄 #肝転移がん #裁判 #夜逃げ事件 #メール #緊急手術 #がん共存

出口のない闇 胃がん闘病記ゆうらりHappySmile


胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。いつもご訪問いただき、ありがとうございます(^^)


実は一昨日の夜。


「夜逃げ事件」の関係で、法的処理を依頼している弁護士が倒れました。


弁護士は、ちょうど僕のことでやり取りしているときで、生存を続けるために必要な癌の治療を始められるよう、身内の兄へ説得のメールをしようとした最中での出来事でした。

スポンサードリンク

弁護士が倒れて緊急手術、裁判が延期に?

最初の一報が入ってから、状況を心配しておりました。昨日の午後、全身麻酔から目が覚めたのか、それとも集中治療室からなのかは判然としませんが、弁護士から報告のショートメールが送られてきました。


弁護士から届いたショートメール


手術は無事に終わったそうです。ところが、これから2~3週間ほどの入院になるらしい…。僕は頃合いを見計らい、夕刻になって電話をしてみました。


弁護士は、朦朧とした口調でした。あまり詳しい話しは出来なかったけれど、かなりつらい様子なのがわかりました。


次回の裁判がまもなく開かれる予定でしたが、どうやら延期せざるを得ないようです。僕には代理人弁護士がもう1人いるため、裁判の延期する理由について意味がわかりません。ただ、長くは話せない様子でしたので、詳しく聞くのはまた今度にしようかと…。


それにしても困ったな(汗)僕自身も、癌の進行する健康状態を含めてかなり重篤な状況にある。フルスピードで裁判を進めなければいけないのに…。

弁護士に1年以上も迷惑をかけ続けた身内の兄へ反省と謝罪を促すメール

身内の兄から2人目の被害者が


癌の進行にともなう僕の体調悪化や、弁護士の心労による緊急手術。すべての因果関係は、身内の兄に端を発したことです。実をいうと、今回の弁護士以外にも、身内の兄が原因で、問題はさらに外へと波及し、ただならぬ迷惑を与えています。


僕だけならともかく、他人にまで被害が広がるのはさすがに問題です。身内の兄は、僕や弁護士からの電話を着信拒否してるようなので、今回の被害状況についてメールで知らせました。


メールには、1年以上も迷惑かけた末にこんな事態を招いたことについて、すぐに謝罪すべきでないのか?と付言したのはいうまでもありません。


身内の兄に送ったメール内容


すると、メールはすぐに開封されたようです。その後、Googleからの報告によると、メールが開かれて内容を読んだとする作業は連続して6回も行なわれています。

メールの開封通知1


メールの開封通知2


メールの開封通知3

どんなに異常人格者でも野放しにされている日本社会の実態

メールの開封通知4


メールの開封通知5


メールの開封通知6


結局、身内の兄からは何ら音沙汰はなく、これまで通りにダンマリを押し通したままです。それどころか、もしかすると、メールを何度も読み返しながら「ざまあみろ」とほくそ笑んでいるのかも知れません。

【がん治療の障害】他人になりすました身内の兄から悪質メールが送信、公開します!

胃癌ブログ『ゆうらり』の管理人Mです。先ほど、このブログのメールフォーム経由で身内の兄から他人になりすました悪質メールが送られてきました。おそらく、送信者の所に「ゆうらりって何?」という名前を付ければわからないと思ったのでしょう。ところが、兄の連絡先については、こちら側にすべて登録されているので、送信元の情報が表示されるのですよね。当然の話しですが…。送られてきたメールはかなり悪質な内容で、ボクのこ...

もともと、昔の恩師にさえ平気でこんな態度をとる異常人格者でもあるのです。


最近は、相も変わらず理不尽な事件が続いています。そして犯人が逮捕されると、その異常な人格性が浮き彫りとなり、ニュースで取り沙汰されるケースも後を断ちません。


どんなに異常な人格を持ち合わせた問題人物であっても、被害者が出るまでは社会に野放しにされたまま。それが日本という国ではまかり通ってしまっているのです。


僕も含め、第2第3の被害者が出る前に、予め世間から排除する仕組みや取り組みが必要なのではないでしょうか?

【母親の苦しみ】息を引き取る瞬間、眼に映る最期の景色はスマホだった~絶食4日目

こんばんは。胃がんブログの管理人Mです。本日は、原発巣の胃がん術後から6年11ヶ月と26日目。転移性肝がんで余命宣告を受け、治療の放置を続けてから5ヶ月と1週間が経過しました。絶食4日目。重力がズシリと重く感じるというか、さすがに動けません(汗)もう、ブログも控えたほうが良いですね(笑)と思いつつ、今回は、読者の方からいただいたメールを簡単にご紹介します。...

「夜逃げ事件」もそうですが、人に危害を加える目的で悪事を働くのは、決して許されるべきものではありません。その意味に於いては、夜逃げ事件の犯人と僕の兄は同類と言っても過言ではないのです。

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存