ゆうらり Happy Smile
主治医から突然の電話に涙が止まらず…がん余命宣告から1年3ヶ月ぶりの会話

主治医から突然の電話に涙が止まらず…がん余命宣告から1年3ヶ月ぶりの会話

AVANT:癌の余命宣告~共存
2020/01/28 0
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#胃がん闘病記 #シン・胃がん闘病記AVANT #がん共存 #がん余命宣告1年3ヶ月 #末期がんの痛み #主治医 #親族の同意書 #胃がん再発 #肝転移がん #裁判

主治医から突然の電話に涙が止まらず… 胃がん闘病記ゆうらりHappySmile


こんにちは!胃癌ブログゆうらり Happy Smile』の管理人M@yulari_happy )です。


癌の共存記を久しぶりに更新します。というよりも、書かなきゃならないような出来事が起こったと言うべきなのでしょうか?


今日もいつもに増して貧血がひどく、ずっと寝込んでおりました。寝ていると、前々から報告している「右側の腫れ」が疼くんですよね。そのせいもあって最近は眠っていると尋常じゃない汗をかきながら夢にうなされることが多くなりました。


そんな最中のことでした。僕が1本の電話着信に気付いたのは…。


ちなみに本日は、胃がん胃の全摘手術から7年9ヶ月23日目。そして、胃がん再発肝転移がんと診断され、同時に1年癌の余命宣告を受けてから1年3ヶ月4日が経過しました。

スポンサードリンク

【命の恩人】胃がんの主治医から突然の電話

たまたまでした。僕がスマホの着信に気付いたのは。朦朧とする状態でスマホ画面を確認したら何と!「◯◯大学病院」と表示されているではありませんか!!


僕は心の準備が整わぬまま、慌てて電話に出ました。


私、◯◯大学病院のFと申しますが、Mさんの電話でらっしゃいますか?


はい。Mです。大変ご無沙汰しております。

こちらからお電話を差し上げなければならないのに、大変申し訳ありません!


まさか!と僕は思いました。主治医の先生が直接、僕に電話をくれるだなんて…。まだ僕のことを覚えていてくれたんだ…。

がん余命宣告から1年3ヶ月ぶりに主治医と会話

あれ(肝転移がんの発覚)からずっと気になっていてな。


1年がとっくに過ぎて、まさか死んでしまってるんじゃないかと心配で電話してしまったよ。


とにかく声が聞けてホッとしたけど、体調のほうはどうなんや?厳しいのと違うか?


さすがに、癌の余命宣告から1年3ヶ月も無治療のままでいる僕の体調主治医はえらく心配してくれていたのです。


しかし、こんな時に限って自分の体調をうまく説明できない(汗)


いろんな不具合が起こっていますが、とにかく貧血は1日中つづいて寝たきりなのが辛いです。


右側の腫れ」をはじめ、言いたいことはたくさんあったというのに、すべて頭から飛んでしまいました(汗)


こういった面については手術後からひとつも進歩していない自分のことをとても情けなく感じました。

「最長1年以内」 胃全摘後に胃がん再発で余命宣告 - 転移性肝がん

今回は「がんと共存」がテーマです。もしも癌が見つかった場合に、人間は果たしてどれくらい放置でき、生きるられるのだろうか?というお話しです。前回のブログに引き続き、胃がん再発の精密検査で、肝臓へのガン再発を医師から告知されたときの出来事についてつづりたいと思います。ボクは、このたび発覚した「転移性肝がん」について、とても気がかりなことがありました。それは、よく癌ブロガーさん達がこぞって書いている「余...

スポンサードリンク

主治医の言葉に涙が止まらず

とりあえず、症状については上手く説明できませんでしたが、現在の生活状況のことはすべて報告しました。


主治医は僕のことをぜんぶ知っていて、僕が今まで連絡できなかった理由も理解してくれていたようです。


やっぱり、お兄ちゃんの協力がまだ得られんということやったんやな。


こちらの方も何か出来ることがあれば協力するし、弁護士の交渉事に必要だったらいくらでも診断書を作るから、いつでも気軽に電話かけて来てな。


君のことは何としても死なせるわけにはいかんのや。


とても偉い先生なのに、僕なんかのことをずっと気にかけてくれていたんですね。そう思ったら、涙が止まらなくなりました。

がん再発治療を拒否、医師の返答に目頭が熱くなる

前回は、医師から胃がん再発による「転移性肝がん」の告知を受けたときのことを書きました。精密検査(造影剤CT検査)の結果、胃がんの肝臓への再発が確定したということで、やっぱりそうなのか…と。そうそう奇跡は起こらないものなんですね( ̄▽ ̄;)もっとも、転移性肝がんという呼び方はその後にネットで調べてはじめて知りました。再発がんの告知をされたとき、肝臓についての予備知識はゼロに等しいものでした。実はこの日、「...

おわりに/再発がんの治療には親族の同意書が必要

実は、主治医に連絡できないままこんなにも時間が経ってしまったため、どうしようかと思っていました。


もしも万が一、僕が再発がんの治療を始められることになったとした場合、主治医に電話しづらいよなぁ…と。しまいには、別の病院にかかるべきなのか?とまで考えていたほどです。


それが今回、先生自らが電話して来てくれたことで、僕にはまだ生きるための希望が残されているような気持ちになりました。


1年3ヶ月振りに主治医と電話で話せたことは、僕にとって本当に嬉しい出来事でした。


しかし、それと同時に、今の僕はかなりがんの進行が危ない状況なのだと知らされる結果に。寝たきりでいると、日々どれだけ体調が悪化しているのかについてはどうしても鈍感になってしまいます。


胃がん発覚の時もそうでしたが、がんの進行どうしようもなくなる時はある日に突然やってくるものです。

胃がん治療に関する親族の同意書 胃がんブログ ゆうらりHappySmile

がんの治療生存する希望が残っているうちに一刻も早く身内の協力が得られると良いのですが…。やっぱり、死亡のリスクが高くつく治療をするには親族の同意が必要というわけなのです。

【近況報告】胃癌の再発で「最長1年」の余命宣告からまもなく1年…シン・胃がん闘病記~序章

胃癌ブログ『ゆうらりハッピースマイル』の管理人Mです。胃がん闘病記を終了してから大変ご無沙汰してしまいました(汗)今回、この「シン・胃がん闘病記」にて初投稿させてもらいます。なお、この「シン・胃がん闘病記」は、胃がん再発の転移性肝がんの闘病記録をつづるためにカテゴリを設けたものです。だからといって、昨年10月24日に医師から告知された「癌の余命宣告」からいまだに治療をはじめられずにいます。あれから早い...

果たして、弁護士は兄に説得を続けてくれているのでしょうか?明日は裁判です。

【追記】胃がん再発→肝転移癌で余命宣告~1年2ヶ月27日目のブログ経過報告

こんにちは! 胃癌ブログ『ゆうらりHappy Smile』の管理人M(@yulari_happy )です。2020年に入ってからのこと。公私にわたり長年お世話になった方々の訃報を知り、驚いています。何よりもショックなのは、皆さんのお亡くなりになった原因が癌によるものだと言うのですから、何とも言葉に表しようがありません。大変ご無沙汰してしまった癌の共生記ですが、今回は簡単に体調報告をしておこうと思います。...

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!

 0

There are no comments yet.
AVANT:癌の余命宣告~共存