ゆうらり Happy Smile
胃がんの審査腹腔鏡手術・前日、国立がん研究センター中央病院に入院しました

胃がんの審査腹腔鏡手術・前日、国立がん研究センター中央病院に入院しました

ステージ3B-多発性高度リンパ節転移胃癌
2018/01/16
胃がん_ブログ_ゆうらりHappySmile_管理人M_イラスト_アイコン_画像
M
#審査腹腔鏡手術 #胃がん #がん #腹腔鏡手術 #がん検査 #人間ドッグ #国立がん研究センター中央病院 #胃がんブログ #胃がん闘病記 #胃がん手術後の食事レシピ

人生初めての手術を目前に不安と動揺の日々

【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


こんにちは! 胃癌ブログゆうらりHappySmile』の管理人M@yulari_happy )です。前回の続きをつづります。


がんセンター主治医にはじめてお会いし、突然告げられた4日後の「審査腹腔鏡手術」。


自分は、幼い頃から数々の荒波の人生を渡り歩いてきたので、少しくらいの困難が訪れたとしても、決してブレないほどの図太い神経を持ち合わせてるつもりでした。


しかし、人生で初めての手術を、たった4日間で気持ちの整理をつけるにはあまりにも短かくて…


不安と動揺」が混在した、何ともいえない気持ちで仕事を続けておりました。


▼前回の記事

深刻な病状、がん治療の決め手は主治医の説明でした!

再びがんセンターへ前回の記事では、はじめて訪れたがんセンターでの出来事について書きました。主治医は海外出張中のため、お会いすることが出来ず…。がん患者のあまりの多さに唖然とさせられつつ、一抹の不安を抱きながら病院を立ち去りました。それからはしばらくの間は何事もなかったかのような日々を過ごしましたが、目の前に刻々と迫ってきてる暗雲に、不安はつのるばかりでした。初診日から5日後、再びがんセンターへ行く日...

国立がん研究センター中央病院に入院 - 手術前日 -

こんな時に限って、時間というものはとても短く感じるものですね。心の準備が何にも整わないまま、あっという間に入院の日がやって来たのです(汗)


がんセンターへ着き、入院受付を済ますのに長時間かかった。なぜなら、同じく入院するがん患者さんで窓口が溢れているからです。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


やっと手続きが終わり、入院時に必要な物をコンビニで買い揃える。やっと入院病棟へ行くと、さらにいろんな説明や同意書へのサインが続いた。


入院って、こんなに大変なんだ…。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


幼い頃、父親から小遣いにもらった50円玉がとても嬉しくて、飲み込んだことがある。救急車で運ばれ、1日だけ病院に泊まった。


入院するのはそのとき以来だから、今回で人生2度目となります。入院の手続きだけで、もうクタクタでした(汗)

がんセンターの病院食

【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


あっという間にお昼。すると、病院食が運ばれてきた。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


たまたま、このとき食べたものを写真に収めてました。

スポンサードリンク

審査腹腔鏡手術前の検査

食後、クタクタになった体を休める間もなく、手術前の検査が立て続けに行なわれた。


採血、採尿、血圧のあと、レントゲン、心電図、肺活量測定まで…


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


ひと通り終わって、落ち着いた時にはすでに夜。翌日行なう手術のことなどは考える余裕もなく、刻々と時間は過ぎていきました。

晩ごはん

【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


晩ごはんはこんな感じ。となりに「医師の許可があるまで召し上がれません」と書いてある。何でだっけ?もう忘れてしまったが、たぶん明日の手術との兼ね合いでこれ以降は絶食ですよ、と説明されたはずだ。

眠れぬ手術前夜

病院だから、消灯時間が早い。当然、全然眠くないのであれこれ考えてしまうと、さらに眠れなくなった(汗)日中バタバタしてたのは、悩まずに済んで逆に良かったのかも知れませんね…。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


今まで病気ひとつせず生きてきたのに、突然いたずらのように舞い下りてきた胃がん宣告。気がつけば、今後自分が生き残れるかどうかは、明日の審査腹腔鏡手術の結果次第。ここ1ヶ月の間で、生きるか死ぬかは1/2の確率という人生の窮地に追い込まれてしまったのです。


これも、すべての原因はがんの発見が遅れたということに尽きるのです。せめて、1年に1回くらい健康診断を受けていれば、私の人生も違っていたものとなったに違いありません。なぜそのような生き方が出来なかったのだろう...。


自分の置かれた環境にも左右されるのでしょうが、きっと、どこかで健康に対する過信やおごりがあったのかも知れません。


病室の窓から映し出される夜景を見ながら、自分の今まで生きてきた人生の出来事が走馬灯のように浮かんでは消えた。


胃がん手術後5年9ヶ月10日目の食事メニュー

朝の体重47.4kg。


歯茎の腫れがさらに悪化してますが、風邪薬を続けて飲んだら痛みの方は少しだけ鈍化。歯医者に行くのは様子見…(汗)

朝ごはん

【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


なぜかコンビニ弁当。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


新商品が出ると、ついつい味見がしたくなっちゃって…


食事をすると、歯茎の痛みが強くなる(汗)風邪薬を再び服用。

昼ごはん

【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


趣きをかえ、スープカレーパスタ

晩ごはん

また、炊き込みご飯を作った。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


まずは手を抜かずに洗い米。これをやると、間違いなくご飯が1.5倍ほどは美味しくなるんです。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


釜に次の材料を入れる。


①米…3合

②大根(青い葉や皮も)…1/4本

③油揚げ…3枚

④味噌…小さじ3

⑤砂糖…小さじ1

⑥しょうゆ…小さじ1

⑦ベジタブルソルト…適量

⑧黒こしょう…少々


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


材料がヒタヒタになる感じに水を入れる(4合の目盛りになった)。


あとは、炊飯ジャーの普通炊きモードで炊くだけ。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


大根の炊き込みご飯ですね。味噌を入れたら香ばしくなった。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


底をひっくり返してしばらく蒸らしたら完成。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


炊きたてご飯の一杯目はいつ食べても美味しいものですね!


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


セブンで買ったチキンカツ煮と一緒に。


【審査・腹腔鏡手術、前日】がんセンターで過ごす眠れぬ夜 - 今日のエッセイ


最近はすっかり料理を怠ってるなぁ…(汗)

>>自分でできる「がん検査キット」を調べる

この記事が気に入ったら
いいねとシェアしよう!

あわせて読みたい
data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="6,2" data-matched-content-columns-num="1,5"
現在の人気記事はコチラ!
ステージ3B-多発性高度リンパ節転移胃癌